小説 小説短編

未来放浪ガルディーン外伝(2) 大ハード。

投稿日:2018年12月6日 更新日:

カレーライス未来放浪ガルディーン外伝(2) 大ハード。
著:火浦功
画:出渕裕・ゆうきまさみ
出版社: 角川書店 角川スニーカー文庫

さーて今回のガルディーン外伝は。

ミシン鉱山をめぐる、仁義なき戦いを描いた、シェルブールの三度笠。
スリムが注文した高枝切りバサミが大騒動を巻き起こす、バッタの紋章。
ジョージ・ヴァルマー、後に無謀王と呼ばれる男の若き日の冒険譚、大ハード。

の三本でお送りいたします。ウフフフ。

文明が一度崩壊した未来を舞台にした、なんでもありの冒険活劇の外伝第二弾。

あらすじや感想など

広告

第一話 シェルブールの三度笠

冒頭部分 あらすじ
「これよりシェルブー 」文字のかけたロードサインの前をシャラたち三人は通り過ぎた。
コロナとガルディーンの姿は見えない。
カレーライスには、福神漬けかラッキョウか、ソースはかけるのかかけないのか、この終わることのない論争が原因だ。

決着がつかないまま、シャラとコロナは喧嘩別れし、出て行ったコロナの後をガルディーンは追って行った。
シャラの機嫌は直らないままで、スリムとヤマトは八つ当たりされないよう、ビクビクしながらシェルブールの町を歩く。

そんな三人の前を大勢の男たちが駆け抜けてゆく。
どうやら出入りらしい。
見に行こうというスリムとヤマトを無視して、シャラは一軒の食堂に入り、不機嫌が極まった声で言った。
「カレーライス」

感想
この世界では、家庭用ミシンでさえ作る技術はありません。
全て過去の遺跡から発掘されるものに頼っています。
今回のお話は、ミシン鉱山をめぐって起こる、暴力団の抗争を描いた作品です。

昔堅気のウルトラ会と帝国をバックに持つ新興勢力・暁興業。
二つの組織の抗争、ウルトラ会の一人娘アヤメへの代貸ハギワラのひそかな恋心、暁興業の恐ろしく強い用心棒(時給680円)、コロナのヌード等見どころ満載です。

カレーライスには福神漬け派です。ソースはかけません。

第二話 バッタの紋章

冒頭部分 あらすじ
砂漠のオアシス都市、サント・バーニア。
その街の目抜き通り、バーニア銀座で一人の男と、一体の機動兵器が会話している。

「うーん困ったな。高い所の枝が切りたいんだけど手が届かないや。」←棒読み
「スリムさん、そんな時にはこれ、高枝切りバサミ!さらに今回は人気の布団圧縮袋五枚セットもお付けして、このお値段!!」←棒読み
「なんだって!?たったの一万円!?」←棒読み
「いい加減にしねぇか!」

スリムの顎にコロナのアッパーカットが炸裂する。
スリムはこれが売れないと、今夜も馬小屋泊まりだとコロナに訴えた。
現在ガルディーンのコクピットには、様々な通販商品が溢れていて人の乗るスペースは無い。

なんでこんなに便利な物が売れないんだろうか?と不思議がるスリムに、シャラは冷たく言い放った。

「まわりにサボテンしかない土地で、高枝切りバサミが売れるわけないでしょ」

感想
このお話には、バッタのマークの上州屋という、通販会社がでてきます。
世界中どんなところにでも商品を届けることを上州屋はモットーとしています。
作品が書かれた当時はAmazonはまだなかったと思いますが、ドローンでの配達等を耳にすると、SFがリアルになっていく感じがします。

第三話 大ハード ―サムライ・バージョン―

冒頭部分 あらすじ
脳天から真っ二つにされて、右半身と左半身は涙の別れを告げた。
山賊と思われる男たちが七、八人転がっている。
大鉞を担いだ男が原因だ。

彼はジョージ・ヴァルマー、後に無謀王と呼ばれ大陸の三分の二を平定することになる男だ。
しかし、今は油を売りながらフラフラとしているだけのお気楽な身だ。
山賊たちを打ち倒したのも、北方の都市国家ローレイに向かう途中にたまたまかち合っただけのことであった。

「かたじけない」
そう言いながら針金のような老人が出てきた。
ヴァルマーの手を取ってしきりに礼を言っている。
身なりの良い老人を見て、ヴァルマーは助けたことにして礼金をもらうか、首をはねて有り金を頂くか考え、首をはねることにした。

その時、彼の視界で人影が動いた。
ヴァルマーは人影の首めがけて獲物を振るう。
だが、老人の「姫様」という声で慌てて鉞を止めた。
そこにいたのは、ウエディングドレスを真っ黒に染め上げたような喪服を着た女性だった。

感想
本編では一話目でお亡くなりになってしまった。
ジョージ<無謀王>ヴァルマーのお話でした。
アルタミラの父親、レナード・カーンや後の陰険王、キリー・レステスの若き日の姿が垣間見えます。

レナードの苦労性はアルタミラに受け継がれているし、キリーは若い時も策略ばかり巡らせています。
彼らが今後どのように帝国を作っていくのか、そんな事も想像すると面白いです。

まとめ

ガルディーンの物語は今のところ、これで全てです。
続きが書かれるかは、火浦先生の気分次第。
十二国記と同じく気長に待つことにします。

 

広告

-小説, 小説短編
-, , , ,

関連記事

人魚

妖怪解析官・神代宇路子の追跡 人魚は嘘を云うものだ

妖怪解析官・神代宇路子の追跡 人魚は嘘を云うものだ 著:峰守ひろかず 画:七原しえ 出版社:KDOKAWA/メディアワークス 暴走気味な新米刑事(作中早々と刑事を辞職)「御堂陸」と謎多き美人解析官(私 …

まろうどエマノン

まろうどエマノン 著:梶尾真治 画:鶴田謙二 出版社: 徳間書店 地球に生命が発生してから、現在までの事を全て記憶している少女・エマノンの物語 書き下ろし長編。 あらすじ1あらすじ2あらすじ3まとめ …

館

マンドレイクの館 ソード・ワールド短編集

マンドレイクの館 安田均 編 山本弘 他 イラスト 米田仁士 富士見ファンタジア文庫 テーブルトークRPG「ソード・ワールドRPG」の世界フォーセリアを舞台にした短編集、第四作目。 四作目も三作目と同 …

流れ星

星虫

星虫 ソノラマ文庫 作:岩本隆雄 出版社:朝日ソノラマ スペースシャトルのパイロットを夢見る高校生、氷室友美。 彼女は夏休みの最後の夜、光を放つ物体が無数に空から降ってくるのを目撃します。 物体は友美 …

刀

隣り合わせの灰と青春

隣り合わせの灰と青春 幻想迷宮ノベル 作:ベニー松山 出版社:幻想迷宮書店 狂王トレボーの支配する城塞都市、その地下には広大な迷宮が広がっていた。 地下迷宮にはトレボーから、力の源である護符を奪った魔 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。