漫画

青の島とねこ一匹 3

投稿日:

海老の天麩羅青の島とねこ一匹 3 ヤングチャンピオン烈コミックス
著:小林俊彦
出版社:秋田書店

草太が島に来た時は夏でしたが、季節は巡り島は雪の降る時期になりました。

広告

登場人物

青の母
ショートカットのサッパリした女性。
人付き合いが苦手で、何かと人と関わる島の暮らしを諦めた。
現在は東京の大学病院で病理研究に勤しんでいる。
極度の方向音痴。
雷太とは離婚したが青の事はとても大切に思っている。

あらすじ

草太が凪島へやって来て数ヶ月が過ぎ、季節は冬を迎えていた。
初雪の降ったその日、草太と青が家に戻るとミケがかまってもらえないストレスからか、ティッシュを散乱させ、本を齧り、障子を破って、更に煮物の入った鍋をひっくり返していた。

怒った青はミケを捕まえるも彼は青の腕をすり抜け逃げたしてしまった。
暫くむくれていた青だったが、遊びにきた雛からミケが外にいたと聞くと不安を感じ雪の中ミケを探しに出かけた。

島をミケを探し青はさまよう。
近くにいると思っていたため、上着は着ておらず寒さが青を襲う。
思わず寒さに身を縮めた青の肩にそっとコートが掛けられた。

振り返ると草太が優しく微笑んでいる。
「ミケが……」
そう言って眉根を寄せた青に、草太は「大丈夫だよ」と彼女を気遣った。

猫は暖かい場所を知っている。それにお腹が減ったら帰ってくる。
戻って待とう。

心配そうに「うん」と言った青の横で草太は大きなクシャミをした。
コートを青に貸した草太は、パーカーだけでは寒かった様だ。
二人は取り敢えず家に戻る事にした。

家に帰ると雛がこたつで気持ちよさそうに眠っていた。
まったくと呆れる青に、起き出した雛はおかえりーと暢気に返した。
喉が渇いたのかみかんを食べようとした雛が、こたつの中で何かを蹴った。

こたつ布団をまくり上げると、そこには探していたミケがいつの間にか入り込んでいた。

感想

今回は季節が流れて冬の始まりからスタートしました。
冒頭のお話の他、草太の風邪、尾道旅行、大晦日、ミケの一日、お泊り、青の母親等が描かれました。

今回印象に残ったのは冒頭の初雪の日、ミケがいなくなったエピソードです。
作中、悪戯をしたミケを青が叱るシーン。
なんというか、ミケの表情や行動がとてもリアルでそうそうと頷きながら読んでしまいました。

うちも猫を飼っているので、同様の事はたまにおきます。
花瓶を倒したりした時等、やはり今回のミケと同じ様に悪い事をしたというのが分かっているのか、少し申し訳なさそうな顔をしている気がします。

だからといって反省したりはしないし、しばらくするとその事を忘れた様にすり寄ってきたりします。

時間が経っているので怒れないし、足元で見上げる様子は可愛いので許してしまいますが、こいつは全部分かってやっているのではと少し勘ぐってしまいます。

まとめ

今回、後半近くで青が暫く家を離れました。
その事で草太は青に近くにいて欲しいと思った様です。
次巻では夏の島が描かれる様です。
どんなお話になるのか読むのが楽しみです。

この作品はマンガクロスにて一部無料でお読みいただけます。
作者の小林俊彦さんのアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのadamcreativesによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

渋谷

パリピ孔明 1

パリピ孔明 1 ヤンマガKC 原作:四葉タト 漫画:小川亮 出版社:講談社 西暦234年、中国五丈原。 蜀の丞相、諸葛亮は死の床にありました。 死の間際、平和な世で生きたいと願った彼は気が付くとハロウ …

朝顔

ふしぎの国のバード 4

ふしぎの国のバード 4 ビームコミックス 作:佐々大河 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 実在したイギリス人女流旅行家、イザベラ・バードの旅の様子を描いた冒険旅行記、第4弾 第15話 伊藤の …

筆

アルテ 9

アルテ 9 ゼノンコミックス 著:大久保圭 出版社:徳間書店 貴族の娘アルテが画家であるレオの弟子として画家を目指す物語。 自分が画家としてどうなりたいのか。 そしてどう生きたいのかをコンチェッタの肖 …

空とカモメ

亜童 3

亜童 3 ヤンマガKCスペシャル 著:天野雀 出版社:講談社 亜童と呼ばれる植物の力を宿した少年、エイト。 彼を回収に来た軍人の辻浦は同じく亜童の少年レンジを使い、回収を試みるも自由を求めるレンジはエ …

貨物船

キャンディ&シガレッツ 7

キャンディ&シガレッツ 7 ヤンマガKC 著:井上智徳 出版社:講談社 COPPELIONの作者の描く、元SPの老人と暗殺者の少女の物語。 あらすじ感想まとめ あらすじ 新世界秩序(ニューワールドオー …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。