漫画

ぽんこつポン子 2

投稿日:2020年6月28日 更新日:

ひよこぽんこつポン子 2 ビッグコミックス
作:矢島圭太
出版社:小学館

試用期間一週間だけという約束だったポン子との生活も、気が付けば夏を迎えていました。
ポン子は町の住民たちにも、吉岡さんちのお手伝いロボットとして認知されつつあるようです。

広告

登場人物

富士工務店二代目(ふじこうむてん にだいめ)
ゲンジが勤めていた工務店の二代目
眼鏡の若者。
法律によって製造の禁止された人型ロボットであるポン子に対して、技術者目線?ではぁはぁしている。

永井さんご(ながい さんご)
日坂小学校に通う小学六年生
八重歯がチャームポイントのツインテールの女の子。
小学生トリオの中ではリーダー的存在。

ガンタ
日坂小学校に通う小学六年生
実家は釣り宿。
多少理屈っぽい。

キヨシ
日坂小学校に通う小学六年生
丸刈り眼鏡。
気弱で優しい。

会長
日坂町町内会長
ロボットであるポン子の力を期待し、彼女にゲートボール大会の助っ人を依頼する。

ブライアン
金山町ゲートボールチームのエース
筋骨隆々の黒人の老人。
スキンヘッドに白髪の顎髭。
本職はタクシー運転手。

ゆうな
ゲンジの孫娘
太眉の中学三年生。
受験勉強の為、夏休みの間、静かな日坂町にやって来た。
ゲンジは彼女に対しては極甘。

あらすじ

ポン子との生活も二ヶ月を超え、季節は夏を迎えていた。
柱の傷(子供の成長記録)から派生し、天井に雨漏りのシミを見つけたゲンジは不安を感じつつもポン子に修理を任せる。

しかしゲンジの危惧したとおり、屋根はポン子の重さに耐えきれず崩壊。
天井を突き破り大穴を開けてしまった。

穴を放置する訳にもいかず、ゲンジは昔勤めていた富士工務店に修理を依頼する。
依頼を受けてやって来たのは工務店の二代目(先代、社長、二代目だから実際は三代目のような……)の眼鏡の青年だった。

ゲンジも子供の頃からよく知っている二代目と世間話をしつつ挨拶を交わす。
その会話の流れでポン子がゲンジの孫では無く、人型ロボットだと知った二代目は興奮しつつポン子に近づき、型番を知ろうとおもむろにスカートをまくり上げた。

感想

今回は富士工務店二代目、小学生トリオ、ひよこの孵化、ゲートボール大会、イカ焼きと夏祭り、孫娘の六つのエピソードが収録されました。

物語冒頭のゴールデンウィークから季節は夏に移り変わり、読んでいると小学生の夏休みを懐かしく思い出します。

今思えば虫取り、海水浴、お祭り等、楽しい事のオンパレードだったように思います。
まぁ、虫取りはいつの間にか虫が怖くて触れなくなったので、今やれと言われても絶対出来そうにないですが……。

お話はゲンジの孫娘ゆうなが登場しました。
我儘そうな彼女の存在は、静かだったゲンジの生活をより賑やかに変えそうです。

まとめ

この作品はコメディなのですが、読んでいるとぽんこつなポン子の不器用な優しさが感じられ、彼女の事がドンドン可愛らしく感じてきます。

こちらの作品はビッグコミックBROS.NETにて第1話~3話までが無料で閲覧いただけます。
作者の矢寺圭太さんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのDumitrița Albuによる画像です。
広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

手をつなぐ

HANDS ハンズ 1

HANDS ハンズ 1 ヤングジャンプコミックス 著:中野ユウスケ 出版社:集英社 元警視庁捜査一課の刑事だった鮫島正春(さめじま まさはる)は妻子を亡くした事で刑事を辞め、無為な日々を過ごしていまし …

鹿

クマ撃ちの女 2

クマ撃ちの女 2 BUNCHコミックス 作:安島薮太 出版社:新潮社 カズキを囮にする形で熊を狩ったチアキ。 この巻では彼女が人を犠牲にしてまで熊を狙う理由が語られます。 登場人物あらすじ感想まとめ …

お城

暁の犬 1

暁の犬 1 SPコミックス漫画:高瀬理恵原作:鳥羽亮時代考証:山田順子出版社:リイド社 「公家侍秘録」や「江戸の検屍官」等、多数の時代作品を描いた高瀬理恵さんの最新作。原作は鳥羽亮さんの『必殺剣「二胴 …

ミサイル

夜光雲のサリッサ 2

夜光雲のサリッサ 2 リュウコミックススペシャル 原作:松田未来 作画:※Kome 出版社:徳間書店 天翔体「極超音速の天使(シレイラ)」を母の仇として追っているロシアの少女、ヴェラ・シュベツォフ。 …

おにぎり

プラネットガール 1

プラネットガール 1 ビッグコミック著:大石日々出版社:小学館 宇宙飛行士だった父が消息を絶った星「ナズル」。そのナズルから送って来られた一人乗りの作業船。その中には幼い少女が乗っていました。遠坂砂鉄 …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。