漫画

ギャルとぼっち 1

投稿日:

女子高生ギャルとぼっち 1 ガンガンコミックスpixiv
著:朝日夜
出版社:スクエアエニックス

他者と馴染めずぼっちな河合陽菜(かわい ひな)は、クラスメイトのギャル、林原(はやしばら)に苦手意識を感じています。
しかし林原はそんな陽菜の気持ち等お構いなしに、好意全開で接してきて……。

広告

登場人物

河合陽菜(かわいひな)
読書好きなショートカットの女子高生
人の悪意に敏感で賑やかなのが苦手。
あまり自分から何か言うタイプではないが、同調圧力に屈する事無く意見を言う。
過去の経験から友人を作る事を諦めた。

林原伽耶(はやしばら かや)
陽菜のクラスメイト
金髪色黒メイクバッチリなギャル。
裏表が無く正直で明るい性格。
遊び人風に見られるが彼氏はいない。
ギャルな姉がいる。

岩井あや
林原の友人
大人しく周囲の雰囲気を大事にする。
林原達のグループに加わった事で彼氏との記念日デートよりもグループを優先しようとするも、メンバー全員に彼氏を優先しろと鼻息荒く迫られる。

あらすじ

他者となれ合う事が出来ずぼっちを貫いている河合陽菜は、クラスメイトのギャル林原伽耶が苦手だった。
明るく誰とでも楽しそうに話す林原は、クラスで浮いている陽菜にも分け隔て無く接してくる。

今日も陽菜が使っているポーチが可愛いと、てらいなく声を掛けてきた。
そんな林原にクラスメイトの女子達は陽菜と話さない方がいいと告げ、陽菜を誹謗する言葉を林原に囁いた。

「あの子絶対、自分のことかわいいと思ってるよー」

クスクスと笑いながら言うそれは陽菜の耳にも届いていた。
だが林原は「あーしも自分のことかわいいーって思ってるよ?」と不思議そうに返した。

さらに、なぜ自分の事を可愛いと思ってはいけないのか分からないし、あーしは喋るねと続け、笑顔を浮かべて陽菜との会話を続けた。

河合陽菜は林原伽耶が苦手だった。
友達はいらないと閉ざした心が、無理矢理こじ開けられてしまいそうになる。

感想

心を閉ざしていた陽菜が林原には心を開いた理由。
それは林原に裏表が無いからの様に思います。
彼女は他者の個性を認め、何かを強要する事無くとても真っすぐです。

その事が彼女の周りに気持ちのいい人間を集めている様に感じました。
また陽菜も根拠の無い噂、誹謗中傷を切って捨てる人物です。

彼女達の嘘の無い関係、陽菜の心が溶けていく様子は読んでいてとても心地良かったです。

まとめ

この作品もショートショートショートさん同様、ナンバリングが無く一冊で終わりかぁと残念に思っていましたが、つい先日、作者の朝日夜さんのTwitterで二巻の予定がある事が告知がされていました。
もっと読みたいと思っていたので、とても嬉しいです。

この作品はpixivコミックにて一部無料で読む事が可能です。
作者の朝日夜さんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージは ぱくたそ の 2155さん による画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

オオグンカンドリ

へんなものみっけ! 1

へんなものみっけ! 1 ビッグコミックス著:早良朋出版社:小学館 存在感の薄い市役所職員、薄井透(うすい とおる 26歳)は三年間の博物館勤務を命じられます。そこには清棲あかり(きよす あかり)という …

縁側

メタモルフォーゼの縁側 1

メタモルフォーゼの縁側 1 著:鶴谷香央理 出版社:角川書店 75歳の市野井雪と17歳の佐山うらら。 58歳差の二人は一冊のBL漫画が切っ掛けで接点を持ちます。 二年前に夫を亡くし、自宅で書道教室を営 …

夕暮れ

トクサツガガガ12

トクサツガガガ12 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 兄嫁のタカさんの発言により、彼らが叶の家に行ったことがあることを知った母。 それにより、母を家に上げ …

馬

竜侍 2

竜侍 2 ソノラマ+コミックス著:忠見周出版社:朝日新聞出版 ドラゴンの侍が活躍するコメディ。前巻では江戸時代がメインでしたが、今巻はあらゆる時代を舞台に竜侍が本能のままに暴れます。前は少しは理性を感 …

静岡

ぽんこつポン子 1

ぽんこつポン子 1 ビッグコミックス 作:矢島圭太 出版社:小学館 今より少し先の未来。 寂れた海辺の町日坂町で暮らす老人、吉岡ゲンジ。 ある日、彼の家にメイド姿の少女が訪ねて来ます。 彼女は家政婦ロ …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。