小説 小説長編

未来放浪ガルディーン 第二巻 大暴力。 あらすじ・感想

投稿日:2018年12月3日 更新日:

街並み
未来放浪ガルディーン(2) 大暴力。
著:火浦功
画:出渕裕・ゆうきまさみ
出版社: 角川書店 角川スニーカー文庫

一巻の第一話で本懐を遂げてしまったフレイヤ―家の王女、コロナフレイヤ―は逃亡の途中、踊り子のシャラ(男)とペテン師のスリムと出会う。
三人は、砂虫に追われネクロポリス(死の都市の残骸)に迷い込む。

そこには、ある兵器が六百年間パイロットを待ち続けていた。
兵器は、T・178オーガニック・エンフォーサー、ガルディーンと名乗った。
自己修復機能、自己適応機能、そして自己判断機能を備えた汎用機動ユニットだ。

ガルディーンにパイロットとして認定されてしまったコロナは、この歌って踊ってベタも塗れる、機動兵器をお供に加え、お家再興のために旅を続けるのであった。

文明が一度崩壊した未来を舞台にした、なんでもありの冒険活劇第二弾。

あらすじや感想など

広告

一話目 荒野の質流れ 前巻終盤冒頭部分 あらすじ

シャラが男だと知って、騙されたと思ったコロナは、売り言葉に買い言葉で彼らと袂を別った。
主人の後を追う子犬のように、付いて行こうとしたガルディーンも追い払われてしまう。

彼らと別れたコロナは道に迷い、深い森の中で、巨大ムカデに襲われていた気弱な少年と出会う。
コロナは少年の勧めで、彼が乗ってきた船に向かった。
コロナを待っていたのは、アルタミラ率いるコロナ討伐隊だった。
少年はジョージ<無謀王>ヴァルマーの息子、トロイ<軟弱王>ヴァルマーその人だった。

戦いは始まり、そして終わった。
去っていくコロナにアルタミラが悪態をついている。
トロイがあまり刺激しないほうがとアルタミラをなだめていた。

感想

コロナは機動兵器に乗らなくても、石でそれを撃墜出来ます。
それを知っている討伐隊の者たちは、戦う前から戦意を失っていました。
アルタミラは頑張っているのですが、とても気の毒な感じになっています。

広告

まとめ

この巻でコロナたちは、旧世界の知識を集めたという、塔の存在を知ります。
そこにたどり着き、塔の力をうまく使えば、崩壊前の世界を取り戻すことが出来るというのです。
彼らは半信半疑ながらその塔を探して旅を続けることにしました。

ヴァルマー軍の情報将校ベリアルがコロナと戦うたびに、体のどこかを失っていくのが不憫でなりません。

広告

-小説, 小説長編
-, , , ,

関連記事

ラピスの心臓 2.残酷な手法 あらすじ・感想等

ラピスの心臓 2.残酷な手法 著:羽二重銀太郎 画:一式箱 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン 濁石を持った隻眼の青年シュオウの活躍を描く物語、第二巻。 ムラクモ王国の従士として辺境の砦へ派 …

夕暮れ

鵺姫真話 冒頭部分あらすじ・感想

鵺姫真話 ソノラマ文庫 作:岩本隆雄 出版社:朝日ソノラマ プロジェクト。 そう呼ばれる宇宙計画の第一歩である人工島から、一人の少女が飛行機に乗り日本に帰国します。 川崎純、十六歳の高校二年生。 彼女 …

ヨット模型

イーシャの舟 冒頭部分あらすじ・感想

イーシャの舟 ソノラマ文庫 作:岩本隆雄 出版社:朝日ソノラマ 星虫に繋がる進化計画の始まりを描いた作品です。 気は優しくて力持ちを体現する主人公、宮脇年輝と、彼に憑りついた天邪鬼イーシャの物語です。 …

ラピスの心臓 1.宝玉の試練 あらすじ・感想等

ラピスの心臓 1.宝玉の試練 著:羽二重銀太郎 画:一式箱 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン 羽二重銀太郎さんによるヒロイックファンタジー この作品は小説家になろうから書籍化された作品です …

草原

十二国記 東の海神 西の滄海 冒頭部分あらすじ・感想

東の海神 西の滄海 著:小野不由美 画:山田章博 出版社: 新潮社 新潮文庫 十二国記の第三作目、五百年の治世を誇る国、雁国。 その雁国で尚隆(しょうりゅう)登極初期に起こった、内乱を綴った物語。 冒 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。