漫画完結作品

タイムスリップオタガール 第五巻 あらすじ・感想

投稿日:2020年6月11日 更新日:

絵を描く
タイムスリップオタガール 5 ポラリスCOMICS

作:佐々木陽子
出版社:フレックスコミックス

夏休みの宿題も早々に終わらせ、はとこはみのりん、安ちゃん、タカちゃんと共に合同コピー本の制作を始めました。
ですが、エンジョイ勢のタカちゃんとガチ勢の安ちゃんが、制作姿勢の違いでぶつかってしまい……。

広告

あらすじ

皆でワイワイ楽しく描きたいタカ。
真面目に黙々と作業する事を望む安。
仲良く楽しく制作を続けたいはとこは、どちらの味方にも付けず板挟みになってしまう。

頭を抱えたはとこは楽しくやりたいタカの気持ちも、きちんとした物を作りたい安の気持ちもよく分かった。
合同誌は作りたい、しかしそれで二人が喧嘩するのは嫌だ。

四人がバラバラになってしまうかもしれない。

「いっそやめよう」

はとこの中で同人活動は楽しくが一番重要だった。
それが出来ず離れてしまうぐらいなら、止めた方がいい。

かつて母から漫画を禁止されみのりん達と疎遠になり、高校で先輩たちに出会った。
彼女達と共に本を作って過ごした日々は、はとこにとって宝物のように輝いている。
みんなでやったからこそ、その輝きは生まれた。

だからはとこはやるなら皆一緒じゃないと嫌だった。

「「好き」がたくさん詰まったあの場所に、私は皆で行きたい」

しかし続ける事で二人の友情が壊れるのも嫌だ。
ならいっそと口にしたはとこの目に涙が溜まる。

楽しそうだったタカと安。
そして現在のギスギスした状況。

友情を守るなら止めた方が正しい、でも止めたくは無い。
矛盾した気持ちで感情が爆発したはとこは、号泣しながら「やべないでえええ!!!」とタカと安に訴えた。

感想

今回は同人誌の制作から即売会での様子がメインで描かれました。

採算を度外視して仲間と集まり一つの物を作り上げる。
社会に出てもプロジェクト等で仲間と共同作業する事はあるでしょうが、ビジネスでは無く趣味の産物は違った喜びがある様に思います。

出来上がった物を同好の士が集まり、購入して感想を貰える。
現在だとネットの発展により発表する場所も増えましたが、1996年当時はインターネットも黎明期でネットの人口も今よりずっと少なかった筈です。

そんな状況で多くの人に作品を見てもらえる機会のある即売会は、とても貴重で楽しい物だったのでは無いでしょうか。

メタモルフォーゼの縁側の時も思いましたが、同人活動、凄く楽しそうでした。

広告

まとめ

この巻の終盤、はとこは夢の中?で現代に戻ります。
作中のタイムスリップについては全くの謎なので、どうなっているのかは不明ですが、彼女の努力が全て無駄だったとかは出来れば無しでお願いしたいと切に願います。

この作品はCOMICポラリス公式サイトにて一部無料でお読みいただけます。
作者の佐々木陽子さんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのklimkinによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

人形

のんちゃんとアカリ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

のんちゃんとアカリ 2 ヒーローズコミックス ふらっと 著:日日ねるこ 出版社:小学館クリエイティブ 呪いの人形、のんちゃんが住んでいる家に越して来た、高校二年生の上野アカリ(うえの あかり)。 彼女 …

コーヒー

レディ&オールドマン 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

レディ&オールドマン 1 ヤングジャンプコミックス・ウルトラ 著:オノ・ナツメ 出版社:集英社 1960年代、ロスを舞台にダイナーの娘、シェリーと謎の男ロブが運び屋を始めます。 二人の通り名はレディ& …

月と海

時給三〇〇円の死神 コミカライズ版 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

時給三〇〇円の死神 コミカライズ版 3 アクションコミックス 原作:藤まる 作画:桐原いづみ 出版社:双葉社 この世に未練を残して死んだ人々。 生きていた頃と変わらぬ暮らしを続ける、その死者の未練を晴 …

フォルクスワーゲン

少年の痕 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

少年の痕 2 マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ 作:一七八ハチ 出版社:マッグガーデン 風助を育てる為、涼香は再びカメラマンとして働き始めます。 働く事と並行して涼香は風助を …

狐

社畜と幽霊 第三巻 登場人物・感想

社畜と幽霊 3 ヤングジャンプコミックス 著:日日ねるこ 出版社:集英社 会社が移転したため、背山は幽霊が視えなくなります。 今回は彼が幽霊が視えなくなった二か月の間、幽霊が何をしていたのか描かれる番 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。