漫画完結作品

メタモルフォーゼの縁側 4

投稿日:2020年3月14日 更新日:

ビッグサイトメタモルフォーゼの縁側 4
著:鶴谷香央理
出版社:角川書店

五月のコミティアに向けて漫画を描き始めたうらら。
悩み迷いながらも彼女は本を形にしていきます。
一方、雪もそんな彼女を後押ししていきます。

広告

あらすじ

雪を誘いコミティアに出ようと決めたうららだったが、自分が描く物に自信が持てず制作は滞り気味だった。
元来、自分を主張する事の苦手なうららは将来の事や漫画の事、そして自分と他者との違いに疲れ創作への意欲を失い掛けていた。

そんな時、雪に連れられ彼女の知り合いの印刷屋さんを紹介される。
コピーしてホッチキスで閉じて作ろうと思っていたうららは、印刷製本というハードルの高さに気後れしてしまう。

更に費用はプレゼントするという雪の提案にも、それは悪いと慌てる。
その後、電話で雪が席を外した際に印刷屋さんの老人が言った、雪の様子や綺麗だというオフセット印刷の事、そしてそこで見た誰かの作品がうららの気持ちを決めた。

うららは印刷屋さんの締め切りまでに原稿をあげる事を目標に、母には悪いと思いつつ予備校を休み雪の家で漫画を描き続けた。
出来上がった原稿を印刷屋さんに手渡した帰り道、雪の家で漫画を描いている時の会話が蘇る。

漫画描くの楽しい?
あんまり 楽しくはないです。

その時はそう答えたうららだったが、やり終えた今、彼女は楽しかったと素直に思えた。

感想

今回、うららと雪は出来上がった本を携えコミティアに参加しました。
うららが自分の本の奥付を見たシーンは、読んでいてとても感動しました。

どうしてこんなにグッと来るのか、最初に読んだ時はよく分かりませんでした。
ですが、何度も読み返している内に理由が分かった気がします。
多分、あの同人誌はうららの創作の日々を形にした物だと無意識に気付いていたからだと思います。

雪との出会いから自分で描き始め、そして一本描き終えるまで、迷いや葛藤、不安と達成感。
様々な物が集まって出来ている。
それを物語を読む過程でうららと一緒に感じたから、言葉に出来ない気持ちになったのではないかなと思います。

まとめ

今回はイベント始まりまでが描かれました。
うららは高校三年生。
受験を控えた彼女がどういった道を選ぶのか、次が楽しみです。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品はコミックNewtypeでも一部無料でお読みいただけます。
作者の鶴谷香央理さんのアカウントはこちら

※イメージはPixabayのマサコ アーントの画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

雑誌

白暮のクロニクル 6

白暮のクロニクル 6 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 あかりが研修で訪れた光明苑で起きた豪雨による被害は、死者こそ出さなかったものの、施設に隠されていたある犯罪を暴きます。 その事 …

ビーチ

トクサツガガガ8

トクサツガガガ8 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 兄と姪っ子のちさとと共に実家に帰省した叶。 ちさとの言葉で自分が母を理解しようともしていなかったことに …

大根

いちげき 3

いちげき 3 SPコミックス漫画:松本次郎原作:永井義男出版社:リイド社 襲撃を受けた薩摩の御用盗指揮官、相良は藩士の海江田達を呼び寄せ襲撃者の正体を探らせます。それとは別に動いていた伊牟田も必殺隊が …

銃弾

トライガン1

トライガン1 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描くSFガンアクションです。 ヒューマノイド・タイフーンと呼ばれ、人として初めへ局地災害と認定された男「ヴァッシ …

ハンバーグ

えびがわ町の妖怪カフェ 4

えびがわ町の妖怪カフェ 4 ヤングアニマルコミックス 著:上田信舟 出版社:白泉社 えびがわ町が主催する花火大会。 大会では一口千円で願い事を書いた紙を花火に貼り付け打ち上げるという企画を行っていまし …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。