漫画完結作品

雪女と蟹を食う 第四巻 あらすじ・感想

投稿日:2020年3月9日 更新日:

札幌
雪女と蟹を食う 4 ヤンマガKC

著:Gino0808
出版社:講談社

彩女に連れられ訪れた龍泉洞。
北はそこで彼女を抱きしめ、死を望む理由を尋ねました。

広告

あらすじ

死を求める理由。
彩女はそれに北と同じ理由だと答えた。

北には分からなかった。
冤罪で社会から拒絶された自分とは違う。
彼女は美しく、有名な小説家である夫を持つ恵まれた人間の筈だ。

分からないと言った北に、彩女は健康な体を持つあなたも働くのを放棄していると返した。
北の反論を待たず彩女はお金とかの問題じゃ無いと続ける。

旦那がかまってくれなくて寂しいなら浮気でもなんでもすればいい。
それで死から逃れられるのなら。
そう言った北に彩女はそれは本物じゃないと答える。

終わりにしたいの。
私という人間の……つまらない物語を……。

手を組みそう囁く彩女は、まるで祈りを捧げているように北には見えた。

感想

今巻冒頭の彩女の終わりにしたいという言葉。
そこからは彼女が自分に何の価値も見出していない事を感じます。

人は誰かに必要とされる事で、自らに価値を感じられると思います。
ですが余りその考え方は好きではありません。
誰かが必要とするから価値がある。であるなら誰も必要としなければその人は無価値という事になってしまいます。

人以外の全ての生き物にも共通して言えますが、生物が多様性を持ち個体によって違うのは生き残る可能性を広げる為だと思います。
未来は不確定でどんな危機が起こるか完璧な予測等出来ない筈です。
あらゆる事態に対応する為、生き物は同じ種であってもそれぞれ違うのです。

存在自体に意味がある。
今は評価されなくても未来はどうか分からない。
その人がいたから別の人が何かを見つけ作り出す。
あらゆる事は繋がっていて、全ては影響しあい世界を構成している。

なんか話がそれた感がありますが、私はそう思っています。

何が言いたいのかと言いますと、北と彩女にはザメリとカムパネルラにはなって欲しくないって事です。

物語は作者さんが決める物ですが、出来れば二人には生きてて欲しいなぁ。

広告

まとめ

今巻で北は彩女と共に行く道を選びました。
でも本心では彩女に死んでほしくないのだろうなと思います。

この巻では旅の終着点、北海道に到着し新たな出会いも描かれました。
その出会いが二人にどう影響するのか、次が楽しみです。

この作品はコミックDAYSにて一部無料でお読みいただけます。
作者のGino0808さんのツイッターはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのAndy Leungによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

トマト

ぽんこつポン子 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

ぽんこつポン子 3 ビッグコミックス 作:矢島圭太 出版社:小学館 ゲンジの孫娘ゆうな。 都会で育った彼女には自然に溢れた日坂町の暮らしは少々退屈なようでした。 ですが、日々を過ごすうち、その認識は変 …

南の島

庭先案内 第二巻 登場人物・各話あらすじ・感想

庭先案内 2 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。作品は幻燈機等、同じ人物が登場する作品もありますが、基 …

夜の海

ぽんこつポン子 第五巻 登場人物他・あらすじ・感想

ぽんこつポン子 5 ビッグコミックス 作:矢島圭太 出版社:小学館 熊とパンツを取り合ったり、ライブに出たり、ゲンジから素直な感謝を伝えられたり、色々ありながらポン子の夏の日は過ぎてゆきます。 登場人 …

眼鏡

BADDUCKS バッドダックス 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

BADDUCKS バッドダックス 1 webアクションコミックス 著:武田登竜門 出版社:双葉社 幼い頃、両親が自殺して二十年、苦労しながらも現在は運送業者として働く男、モーガン。 三十歳の誕生日のそ …

トマト

えびがわ町の妖怪カフェ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

えびがわ町の妖怪カフェ 2 ヤングアニマルコミックス 著:上田信舟 出版社:白泉社 一緒に暮らし始めたまなと佐吉。 まなの力がそうさせるのか、彼女は次々と妖怪と縁を結びます。 不思議な者達と触れ合いな …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。