漫画

童子軍鑑 4

投稿日:2020年2月24日 更新日:

大砲童子軍鑑 4 ヤングジャンプコミックス
著:小田世里奈
出版社:集英社

帝国に利用され家族を奪われたノームのフェイ。
彼はその過程で得た異世界の知識を用い帝国に牙を剥く。

知識で巨大な帝国に立ち向かう非力なノームのお話も、この巻で第一部完結です。

広告

あらすじ

東西南の三国による会談がいよいよ開始される。
帝国の脅威に立ち向かう為、亡国となったイーストガーデンの王子マルクとラルスはシーアン、クセルクセスの二国を繋げるべく蒸気砲の図面提供を申し出る。

ラルスは二国間における貿易を行い、その橋渡し役をイーストガーデンが行う案を提案した。

強力な蒸気砲が得られ、更に不足物資も補える。
いい案だとクセルクセスのアルジュナ王は理解を見せるが、自分は降りるとラルスの案を拒絶した。

二国間では過去、度々お互いのもつ資源を奪い合う争いが起きており、その確執から信頼関係の構築など出来ようもなかった。

平行線のままの状態で議会は硬直した。
そのピリピリとした雰囲気の中、フェイは「家族だったら信じられるんじゃねぇ?」と王たちの座る円卓に歩を進めた。

円卓についたフェイの提案。
それは政略結婚だった。

書物の中にあった織田家と斎藤家の婚姻関係。
敵方へ親族を送り込む、人質でありスパイでもある状況。
そしてその者に子が出来れば、その国の王位継承権を得る。

これを何代か繰り返せば、三つは親戚関係となり東西南を合わせた強大な国家が生まれるだろう。

アルジュナは娘の事を想い、フェイにお前は何を差し出すのかと尋ねた。
彼は微笑みを浮かべ「命を」と答えた。

感想

今回は帝国側の兵器として、大砲とマスケット銃が登場しました。
大砲は従来の城壁を無効化し、より効率的に人を殺害していきます。

ただ、迫撃砲や自動小銃等は登場していない為、戦闘自体は陣形を作り集団で移動する形をとっています。
読んでいると、うろ覚えですがアメリカ独立戦争関連で見た隊列を整え前進して動く的となった部隊の話を思い出しました。

武器によって戦い方は変化していきます。
銃の登場で剣の時代は終わり、重い鎧を着た騎士や兵士は姿を消しました。
更に迫撃砲や手榴弾、マシンガンの登場で陣形を取り突撃する形では無く、塹壕戦や少人数の隊に分かれ分散して戦う形に変化していった様に思います。

そして技術の発展により戦車や戦闘機の時代に変わっていったと認識しています。

より効率的に人を殺す。
こちら側の被害を減らし、相手方に大きな打撃を与える。
その行きついた先が大量破壊兵器や衛星兵器ではないでしょうか。

今も世界中で紛争は続いています。

だけど本当はみんな食べて寝て、のんびり娯楽を楽しみ笑いたい。
したいのはそれなんじゃないのかなとか思ってしまいます。

まとめ

作品はこの巻で一旦終了です。
でもバカレイドッグスの例もあるように、凄く既刊が売れれば復活もあるんじゃないかなと思います。

この作品はとなりのヤングジャンプにて一部無料で閲覧いただけます。
作者の小田世里奈さんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのPeter Tóthによる画像です
広告

-漫画
-, ,

関連記事

枕

青野くんに触りたいから死にたい 1

青野くんに触りたいから死にたい 1 アフタヌーンKC 著:椎名うみ 出版社:講談社 高校二年生の刈谷優里は、同じく二年生の青野龍平に恋をします。 優里は彼の印象に残ろうと思いきって告白。 OKを貰い二 …

紅茶

外科医エリーゼ 1

外科医エリーゼ 1 フロースコミック 漫画:mini 原作:yuin 出版社:KADOKAWA 天才外科医として名を馳せていた高本葵(たかもと あおい)は飛行機事故で命を失い、気が付くと金髪の少女にな …

錠剤

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 4

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 4 ゼノンコミックス 著:荒井ママレ 医療原案:富野浩充 出版社:徳間書店 今回のテーマは月経痛と薬、パニック障害、そして在宅・終末医療における薬剤師の仕事 …

ハイビスカス

堕天作戦 3

堕天作戦 3 裏少年サンデーコミックス 作:山本章一 出版社:小学館 樹海での出会いと別れ戴天党のシバとの戦いを経て、アンダーはレコベルの話していた山脈に辿り着いた。 山から下界を見下ろした彼は、改め …

山頂

トクサツガガガ2

トクサツガガガ2 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、26歳、OL、特撮オタク。 職場で趣味を隠しながら生きる叶であったが、プライベートでは吉田さん、ダミアン、任侠さん等のオタク仲間も …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。