漫画

DOG SIGNAL ドッグシグナル 2

投稿日:2020年1月21日 更新日:

ダックスフントDOG SIGNAL ドッグシグナル 2 ブリッジコミックス
著:みやうち沙矢
出版社:KADOKAWA

眞一郎の店で働き始めた未祐ですが、彼の飼っているサンジュは相変わらず未祐の言う事は聞いてくれません。
眞一郎はそれは去勢前だからかもしれないと未祐にアドバイスします。

広告

登場人物

久宝鈴之介(くぼう すずのすけ)
獣医
眞一郎と律佳、共通の友人。
腕はいいが変わり者。

藤原誠二(ふじわら せいじ)
眞一郎のかつての師匠
犬に対する方針の違いが二人の道を別つ原因となった。

あらすじ

サンジュが去勢前の生後十か月の子犬だと知り未祐は驚く。
眞一郎の見立てではサンジュは睾丸が鼠径部に引っ掛かっているのが一つ、もう一つはお腹の中に残っているようだ。

去勢すればサンジュのトレーニングも上手くいくかもと眞一郎は話すが、未祐は手術の事を考えるとサンジュの事が可哀そうに思えた。

それを見抜いた眞一郎は彼に犬の本能について話す。
犬には三つの本能がある。
一つ目は捕食本能、二つ目は危険回避本能、そして三つ目は生殖本能。

一つ目と二つ目は別の物に置き換える事も可能だが、生殖本能だけは置き換えが出来ない。
しかし未祐は自然な状態を捻じ曲げるのは人間のエゴではないかと眞一郎に返す。

未祐の言葉を受けて、眞一郎は未祐に性欲はあるのかと尋ねた。
あるに決まってると赤面しながら答えた未祐に彼は言う。

犬は半径六キロ以内に発情したメスがいれば臭いで察知する事が出来る。
人で言えば裸の女が目の前にいるのに手を出す事も許されず、興奮するなと叱られ続けるという事だ。
そんな一生が本当に幸せかと。

続けてサンジュが去勢しないのなら、トレーニングへの参加も認める事は出来ないと眞一郎は告げた。
理由は他の犬への影響が出る為だ。

あともう一つと眞一郎は言葉を続けた。
「停留睾丸は正常な睾丸とちがって将来腫瘍化する確率が高い」

詳しく知りたいなら腕のいい獣医を紹介するという眞一郎に、未祐は激しく縦に首を振った。

感想

今回はあらすじで書いたサンジュの去勢の他、構い過ぎる飼い主、眞一郎の師匠との確執について描かれました。

眞一郎の師匠、藤原誠二は体罰を取り入れたトレーニングを犬に行っています。
眞一郎はそれに反発し彼と袂を別ちました。

藤原が扱っているのは飼い主に牙を剥く様になってしまった犬たちです。
彼は自らも傷を負いながらそんな犬達を矯正する事で、殺処分されてしまうかもしれない彼らを救っています。

藤原のやり方には反発を覚える人もいるでしょうが、相手が言葉の通じない動物であるのなら仕方の無い事なのかなと読んでいて思いました。

まとめ

今回は体罰の話が印象に残りました。
藤原自身も別の方法があればそちらを使う筈です。
眞一郎や未祐がそんな方法を見つけられるのか、今後も読んでいきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品はComicWalkerにて一部無料でお読みいただけます。

作者のみやうち沙矢さんのTwitterはこちら

※イメージはpixabayのB. Schmidtによる画像です
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

新宿

GIGANT ギガント 4

GIGANT ギガント 4 ビッグコミックススペシャル 著:奥浩哉 出版社:小学館 GANTZ、いぬやしきの奥浩哉さんの描くSFファンタジー。 零を救う為、破壊神と戦い辛くも勝利を収めたちほでしたが街 …

寿司

ノー・ガンズ・ライフ 8

ノー・ガンズ・ライフ 8 ヤングジャンプコミックス 著:カラスマタスク 出版社:集英社 大戦中の相棒を探す十三の前に、鉄郎を兄弟だと呼ぶ男、荒吐硫黄と名乗る男が現れます。 彼は複数の拡張体を操り、十三 …

麦わら帽子

19番目のカルテ 徳重晃の問診 3

19番目のカルテ 徳重晃の問診 3 ゼノンコミックス 著:富士屋カツヒト 医療原案:川下剛史 出版社:徳間書店 整形外科から総合診療科へ移動した新米医師の滝野(たきの)。 当初は患者に対するアプローチ …

シアトル

ブルージャイアントエクスプローラー 1

ブルージャイアントエクスプローラー 1 ビッグコミックススペシャル 作:石塚真一 出版社:小学館 後に世界的なサックスプレイヤーとして名を馳せる宮本大の軌跡を描いた作品。 そのアメリカ編。 欧州でも最 …

犬

暁の犬 2

暁の犬 2 SPコミックス漫画:高瀬理恵原作:鳥羽亮時代考証:山田順子出版社:リイド社 刺客、小野寺佐内(おのでら さない)。その佐内の父親を斬ったかもしれない相手との戦いを考え、彼の中にはその見えな …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。