漫画完結作品

ノケモノたちの夜 1

投稿日:2020年1月18日 更新日:

ロンドンの夜
ノケモノたちの夜 1 少年サンデーコミックス

著:星野真
出版社:小学館

永遠を生き全てに退屈している悪魔マルバスと、教会で鎖に繋がれ物乞いをする事を強要されている少女ウィステリア。
霧の町ロンドンで偶然出会った二人は、共に生きる事を選択します。

広告

登場人物

ウィステリア・ラングレイ
悪魔を見る事の出来る目を持つ少女
孤児として教会に拾われ、食費を稼ぐ事を口実に物乞いを強要させられている。

マルバス
非常に強力な悪魔
獅子の顔に赤い鬣と角を持つ悪魔。
首から下はフォーマルな紳士風。
悪魔は人の魂を奪う事で自身の寿命を延ばせるが、マルバスは既に不老不死となっている為、魂を求めてはいない。
人とは価値観がずれている。

スノウ・ラングレイ
ウィステリアの兄
ウィステリアは死んだと思っていたが、悪魔討伐実戦部隊「剣十字騎士団」の団員として活動していた。
ずっと妹ウィステリアの行方を探していたようだ。

あらすじ

英国ロンドンの協会で暮らすウィステリアは、ある日退屈を持て余してしていた悪魔マルバスに日課の物乞いの最中話しかけられる。

マルバス自身返事を期待した行動では無かったが、ウィステリアは明らかにマルバスを認識し挙動不審になっていた。
文明が進み、科学が台頭してきた最近では悪魔を見る事が出来る人間の数は激減していた。

牧師に連れられ去っていくウィステリアに興味を抱いたマルバスは、深夜彼女の寝床である教会の屋根裏部屋を訪れる。
魂を奪う為にと慌てたウィステリアにマルバスはそれを否定し、自分を見られる人間は珍しかったから来ただけと答えた。

本当に暇つぶしだった様子のマルバスに、ウィステリアはお話をねだった。
何故と問うマルバスに彼女は牧師に殴られた傷の痛みで中々眠れないからと答えた。
それに対して何も言わず、マルバスは腰を下ろして求められるまま、彼の長い生で聞き及んだ話を求められるまま語った。

そんな日々を過ごしていたウィステリアとマルバスだったが、ある日牧師がウィステリアの買い手が決まったと告げる。
物乞いは客が商品を見定める為の顔見せだったようだ。

売られる先は地主貴族、牧師の話では子供をいたぶる事が趣味らしい。
ウィステリアは絶望しマルバスに魂を奪って欲しいと頼むが、既に不老不死を手に入れているマルバスにとって人の魂は不要の物だった。

感想

悪魔マルバスは人間の感情の機微に疎く、自分の行動についてもプライドからか暇つぶしだと嘯いています。

対価を得なければ人の要求を受ける事が出来ない彼が、どうしてそのルールを破りウィステリアを助けたのか。
マルバスはウィステリアと共にいる未来を望み、ウィステリアも彼と共に生きる事を承諾します。

人であれば完全にプロポーズと呼べるのでしょうが、マルバスは素直にそれを表現出来ません。
逆にウィステリアはマルバスの事を大事に思っているとハッキリ口にします。

彼と一緒にいる為、視力を捧げ契約をしたウィステリア。
目の見えない彼女と悪魔マルバスの旅がどうなるのか、先が楽しみです。

まとめ

マルバスはかなり強力な悪魔のようで、ウィステリアの兄の所属する剣十字騎士団に追われる感じでお話は進むのかなと一巻を読んだ時点では思われます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品はpixivコミックにて一部無料で閲覧いただけます。
作者の星野真さんのアカウントはこちら

※イメージはpixabayのarnaudlamure0による画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

ハンバーガ

アルマ 1

アルマ 1 ヤングジャンプコミックス 著:三都慎司 出版社:集英社 文明が滅び人と機械が争いを続ける時代。 廃墟で暮らしている少年レイは街の周囲の地図を作りながら、平穏に暮らしていました。 空から来訪 …

銃弾

トライガン1

トライガン1 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描くSFガンアクションです。 ヒューマノイド・タイフーンと呼ばれ、人として初めへ局地災害と認定された男「ヴァッシ …

空港

アルキメデスのお風呂 4

アルキメデスのお風呂 4 まんが王国コミックス著:ニコ・ニコルソン出版社:ビーグリー 岐阜での国際会議からA-PARCへと戻った陽子(ようこ)と大池(おおち)。大池は食堂で相変わらず陽子の作った唐揚げ …

ご飯

いちげき 1

いちげき 1 SPコミックス漫画:松本次郎原作:永井義男出版社:リイド社 幕末、薩摩藩、西郷隆盛の策の一つ「御用盗」勝海舟はその対策の一つとして農民に剣術を教え対抗する事にしました。急ごしらえで防御の …

馬

テンジュの国 3

テンジュの国 3 KCデラックス 著:泉一聞 出版社:講談社 カン・シバはラティの優しさに、ラティはカン・シバの人を救うために一生懸命な所に魅かれているようです。 あらすじ感想まとめ あらすじ 銃を持 …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。