漫画完結作品

雪女と蟹を食う 第一巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年6月17日 更新日:

入道雲
雪女と蟹を食う 1 ヤンマガKC

著:Gino0808
出版社:講談社

全てに疲れアパートで首を吊ろうとしている男。
彼はテレビで見た番組で、レポーターが蟹を食べている所を観ます。
自分が今まで生きてきて、一度も蟹を食べた事が無い事に気付き、死ぬ前に蟹を食べようと、北海道で蟹を食べる事を思いつきます。

広告

あらすじ

蟹を食べようとは決めたものの、所持金は四万と少し、旅費を払えば豪遊は出来ない。
偶然図書館でぶつかった清楚な美女の指に、高価なダイヤの指輪が輝いているのを見た男は、どうせ死ぬのだからと彼女から指輪を奪う事にした。

女の向かった先は高級住宅地。
落とし物を拾ったと装い、女の家に押し入った男は、そこで女と関係を持ってしまう。

事後、女との会話の中で自分が死ぬつもりな事や、その前に蟹を食べに北海道に行きたいと思っている事を話す。

女に謝罪し家を出ようとする男を女は引き留めた。
彼女は自分も蟹を食べたいと言った。

こうして犯罪者である男と、被害者である女の北海道までの旅が始まった。

感想

男が死のうとしている理由が、物語の中で少しずつ明かされます。
日常で起こり得る事で、同じような事で苦しんでいる人もいると思います。

やった方は遊ぶ金欲しさの軽い気持ちでも、やられた方は社会的に復帰する事が困難な状況に追い込まれる。
やったやらないは言った側が有利で、決定的な目撃者がいない限り証明は難しいでしょう。

男が原因となった対象を、憎み恐れるのも無理は無いと感じます。

広告

まとめ

男は女と旅をする事で性欲では無く、別の部分で女に魅かれていきます。
ただ彼女は人妻、旅の終わりイコール別れは決定しています。

男が言う様に美しく、どこか冷たさを感じさせる女は、正体がバレればどこか遠い所に消えてしまう、雪女という表現がぴったりだと感じました。

作者のGino0808さんのツイッターはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのmchawkoによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

カリンカ セイヨウカンボク

火輪花の丘(庭先塩梅 第4巻) 各話あらすじ・感想

地図苔の森 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編、庭先塩梅第四弾。 各話あらすじ おともだ …

帽子

トライガン・マキシマム 第十三巻 あらすじ・見どころ・感想

トライガン・マキシマム 13 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクション。 今回はレガートとヴァッシュの対決から物語は始まります。 #7 cat …

ビーチ

トクサツガガガ 第八巻 第七十話 あらすじ・感想

トクサツガガガ8 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 兄と姪っ子のちさとと共に実家に帰省した叶。 ちさとの言葉で自分が母を理解しようともしていなかったことに …

廃工場

師匠シリーズ コミカライズ版 第四巻 -人形- 登場人物・あらすじ・感想

師匠シリーズ 4 -人形- ヤングキングコミックス 漫画:片山愁 原作:ウニ 出版社:少年画報社 web発の人気オカルト小説のコミカライズ版の第四巻 この巻には、溶接、人形、写真、足音、将棋の五話が収 …

アーミラリ球

チ。 ―地球の運動について― 第一集 登場人物・あらすじ・感想

チ。 ―地球の運動について― 第一集 ビッグコミックス 作・画:魚豊 出版社:小学館 聖書の教えを第一とし、異端思想が弾圧されていた中世ヨーロッパ。 天才児ラファウは合理性を重視し、周囲の状況に迎合す …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。