漫画完結作品

台所のドラゴン 2

投稿日:2019年12月19日 更新日:

クッキー台所のドラゴン 2 MFCジーンピクシブシリーズ
漫画:みよしふるまち
原作:縞田理理
出版社:KADOKAWA

ののとドラゴンの生活は概ね問題なく穏やかに進んでいました。
そんなある日、ののは突然腹部に痛みを覚え倒れてしまいます。

広告

登場人物

オコとウコ
森に棲む小人
ののにドラゴンについて教える為、姿を見せた。
オコが見て、ウコが聞くという役割分担。

ミラン・ノヴァク
森林警備隊
森の巡回中、偶然ドラゴンを見つけてしまい、危険が無いか調査している。
問題がなければ大きく騒いだりする気は無い様だ。

あらすじ

倒れたののを救おうと、ドラゴンは家を出てフクロウを呼んだ。
ドラゴンは事情を話し、フクロウは解決方法を教えたようだ。
ドラゴンは家の近くのやぐらに向かった。

一方、ののに貰ったキノコを使い夕食を準備していたスラヴェナは、娘のラナダの上げた声で窓の外を見た。
すると、ののの家の辺りで火と思われる光の存在を確認する。

周囲は森だ。もし火事なら大変な事になる。
スラヴェナは確認のためにラナダを家において、ののの家まで車を走らせた。

移動中にも光は見えた。炎の様だがそれはすぐに消えた。
何が起きているのか理解が追いつかないまま、スラヴェナはののの家に辿り着いた。

火は見当たらず、焼け焦げた臭いも感じられない。
スラヴェナが周囲を見回していると、家の中で何かが割れる音が聞こえた。
ドアにはカギが掛かっておらず、スラヴェナは不安を感じながら家へ足を踏み入れた。

踏み込んだ家の中、彼女はテーブルの脇で割れた皿を見つける。
先程の音はこの皿が原因の様だ。
皿を手にしてそう結論付けたスラヴェナの耳に、何かが倒れる音が聞こえた。

スラヴェナは、ののを探し家を見て回った。
程なく床に突っ伏しているのの見つけ、彼女を病院へ連れて行こうと背負う。
家を出ようとしたスラヴェナは、その暗い家の中に輝く一対の光を見た。

感想

この作品のドラゴン(トカゲちゃん)は知能は人と変わりがないようです。
あらすじで書いた音や炎も、全て彼?がののを助ける為起こした事でした。(知恵を授けたフクロウも、普通のフクロウではないようですが)

ただ、現状ではドラゴンが話したりはしていないので、彼が何を考えているのかは、描かれた絵から読み取る事しか出来ません。

また今巻では小人や森林警備隊も登場し、ドラゴンも家では暮らすのが困難な程大きく成長しました。

小人がののに話したドラゴンの行く末、森の王と呼ばれる「本物」と全てを喰らう「なりそこない」。
トカゲちゃんがどちらになるのか、続きが気になります。

まとめ

単行本には原作者の縞田さんのコラムも掲載されています。
内容はドラゴンの事以外にも、作中に登場した国の風習等についても触れられています。

それによれば、ののが留学している国は現在は存在しない、チェコスロバキア共和国がモデルになっている様です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのPublicDomainPicturesによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

髪の長い女

トシサン ~都市伝説特殊捜査本部第三課~ 2

トシサン ~都市伝説特殊捜査本部第三課~ 2 イブニングKC 著:木村大介 出版社:講談社 都市伝説による被害を捜査・検証・解明する警察内の部署、都市伝説特殊捜査本部第三課の活躍をコミカルに描いた作品 …

ハンバーガ

アルマ 1

アルマ 1 ヤングジャンプコミックス 著:三都慎司 出版社:集英社 文明が滅び人と機械が争いを続ける時代。 廃墟で暮らしている少年レイは街の周囲の地図を作りながら、平穏に暮らしていました。 空から来訪 …

地下鉄

ロスト・ラッド・ロンドン 1

ロスト・ラッド・ロンドン 1 ビームコミックス著:シマ・シンヤ出版社:KADOKAWA クリスマスも近づいた冬のある日、地下鉄で現職のロンドン市長が殺害されます。それから二日後、平凡な大学生アル・アド …

マイク

トクサツガガガ4

トクサツガガガ4 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、26歳、OL、特撮オタク。 ヒーローショーの鑑賞現場を、同僚の北代さんに見られてしまった叶。 目障りなのよ!と激しく敵意を向けられ …

ベースとドラム

スインギン ドラゴン タイガー ブギ 4

スインギン ドラゴン タイガー ブギ 4 モーニングKC 作:灰田高鴻 出版社:講談社 とらを売り込みたい丸山は、四方の誘いを受け名古屋でのラジオ局での面談にとらを誘います。 しかしその日はとらのファ …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。