漫画

天国大魔境 3

投稿日:

ペンキ天国大魔境 3 アフタヌーンKC
作:石黒正数
出版社:講談社

東京に戻る為、旅を続けるマルとキルコ。
その途中、二人は旅の間に仕入れた物を売る事が出来そうな街に辿り着きます。

それぞれ別れて買い取りしてくれそうな店を回りますが、マルは立ち寄ったゲームショップでガラの悪い連中に絡まれてしまいました。

広告

あらすじ

因縁をつけてきた集団とマルは乱闘を起こした。
マルは相手を圧倒しほぼ一人で彼らを撃退、途中加勢に加わったキルコと共に一旦その場を逃げ出した。

その後、寝泊まりしているマンションの一室で、キルコはマルの過去を聞いた。
彼は物心ついた時から、色んな大人の所を点々としたらしい。
最終的にミクラに引き取られ、ヒルコ(人食い)を倒す術を教わったそうだ。

彼の記憶から「天国」に関する物が出てこないか期待したキルコだったが、彼は自分がいた場所が何処なのかも当時分かっていなかった。

とにかく、目的地である「天国」はその名前と彼の記憶ぐらいしか手掛かりがない。
同じ話をしても無駄ではというマルに、キルコは何度も話せば思い出す事もあるし、気付く事もあると答える。

その後、面が割れたマルを置いて買い出しに出かけたキルコは、過去の事や、街中で聞いた会話から天国についてある結論にいたる。

豊富な食べ物、綺麗な水、清潔な住居、サポートしてくれるロボット達。
天国とは、崩壊前の前文明の事ではないかと……。

感想

今回はマル達は熊と戦い、トキオ達は病を患っていたタラオを失う事になりました。
その過程で判明した、人の中にも人食いと同じ物を持つ者がいるという事実。

世界に何が起きたのか、何故人食いの様な怪物が出現したのか等、謎は解けないまま、物語はどんどん進行していきます。

読んでいて施設にいる子供達は全員、人間の才能という事では説明出来ない特殊な力を持っていると感じました。

そしてそれは外を旅しているマルとキルコにも当てはまります。
マルは人食い(ヒルコ)を殺せる力、キルコは類まれな射撃の才能。

キルコの場合は天性の物ともいえますが、特に厳しい訓練もせず(作中描かれていないだけで、練習していたのかもしれませんが)腰だめでボウガンを当てられるのはやはり異常に思えます。

人の中にある人食いの核の様な物。
それが彼らの力に関係しているのか、先が早く読みたいです。

まとめ

この巻のラストではかなり厳しい状況にマル達は陥ります。
続きが読みたいのですが、単行本派の私が読むのは来年になりそうです。

この作品はアフタヌーン公式サイトで一部無料でお読み頂けます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのThanks for your Like • donations welcomeによる画像です
広告

-漫画
-, ,

関連記事

車

天国大魔境 5

天国大魔境 5 アフタヌーンKC 作:石黒正数 出版社:講談社 不滅教団とリビューマンの争いに手を貸したキルコとマル。 二人はその不滅教団の中心人物、自死した宇佐美が握りしめていたボタンに刻まれたマー …

手錠

ミステリと言う勿れ 1

ミステリと言う勿れ 1 フラワーコミックスアルファ 著:田村由美 出版社:小学館 理屈っぽい大学生、久能整(くのう ととのう)が観察眼と記憶力、そして薀蓄で他者の心を解きほぐし読み解きながら事件を解決 …

札幌

雪女と蟹を食う 4

雪女と蟹を食う 4 ヤンマガKC 著:Gino0808 出版社:講談社 彩女に連れられ訪れた龍泉洞。 北はそこで彼女を抱きしめ、死を望む理由を尋ねました。 あらすじ感想まとめ あらすじ 死を求める理由 …

ひまわり

雪女と蟹を食う 7

雪女と蟹を食う 7 ヤンマガKC 著:Gino0808 出版社:講談社 札幌のニュークラブの女性、マリアと別れた北は彩女と再会し旭川を北上。 目的地である稚内を目指します。 登場人物あらすじ感想まとめ …

インド

紛争でしたら八田まで 3

紛争でしたら八田まで 3 モーニングKC 著:田素弘 出版社:講談社 大学時代のルームメイト、オクサナの依頼でウクライナにやって来た八田。 民主組織内に生まれた過激派UEDトルィーズブに接触した八田の …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。