漫画

スーパーカブ 3

投稿日:2019年12月6日 更新日:

湘南スーパーカブ 3 角川コミックス・エース
漫画:蟹丹
原作:トネ・コーケン
出版社:KADOKAWA

楽しみにしていた修学旅行、しかし小熊は急な発熱でそれを断念します。
ですが、休む事を電話した二時間後には熱はあっさり引いていました。

バスは既に出発した後でした。
豪華な食事、ヒノキ風呂。
諦めきれない小熊は山梨から鎌倉へカブで向かう事を決意します。

広告

あらすじ

鎌倉への道中は途中、チャラい高校生に会ったりもしたが順調に進んだ。
その道の途中、小熊の目に富士山の姿が映る。

礼子の挑戦を聞いていた小熊は、道を折れ登山道にバイクを向けた。
当初は順調に進んでいたが、二合目を超え三速では勾配により速度が低下し始める。

更に進み三合目に差し掛かると、二速でさえパワーが足りなくなってきた。
小熊はギアを一速に落とし、エンジンの悲鳴を聞きながら更に進んだ。

礼子は言っていた。
カブの一速は日本のあらゆる坂を上る為にある。
それを信じて小熊は登山道をすすむ。

やがて視界が開け目の前に巨大な富士山が現れた。
登山道、五合目、標高2000メートル。

小熊のカブは富士山を半分登った。
一息ついた小熊はカブに跨り小さく呟く。

「今日はこれぐらいで勘弁してあげる」

自分の言葉に吹き出し、くすくすと笑いながら小熊は富士山を後にした。
箱根を超えて横浜への道を走る。

その途中の標識を見た小熊は道を右に曲がった。
煌めく海にサーファーの姿が見える。
湘南弾丸道路、行きたい場所は自分で決める。
その時、彼女は限りなく自由だった。

感想

今回は修学旅行の他、冬の気配が迫る中、文化祭の様子が描かれました。
小熊と礼子は積極的に参加している訳ではないですが、困っているクラスメイトを助ける為、協力を申し出ます。

そこで登場したのがマルシン出前機。
ラーメン屋さんが出前で使っているアレです。
どうでしょうでミスターが乗っていたカブにつけた奴といえば、ビジュアルも浮かぶのでは無いでしょうか。

三つのダンパーで衝撃を吸収し、料理を傷める事無く運ぶ事が出来る優れものです。

最近デスストをプレイしていたので、「壊れ物」配送を受注しながら出前機があればと考えてしまいました。

まとめ

この巻の中盤までが原作小説の一巻に収録された内容になります。
原作も購入していますので、今後はそちらを読み進めようと思っています。

この作品はComicWalkerにて一部無料でお読み頂けます。
原作のトネ・コーケンさんのアカウントはこちら
漫画担当の蟹丹さんのアカウントはこちら
小説のイラスト担当、博さんのアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのTakashi Murakamiによる画像です
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

フンコロガシ

へんなものみっけ! 6

へんなものみっけ! 6 ビッグコミックス著:早良朋出版社:小学館 今回はかねてから透が考えていた彼が主体となった企画展、その始まりが描かれました。作品を通してのテーマの一つであった企画展、透はかなり気 …

紅茶

カラーレス 5

カラーレス 5 ボーダーコミックス 作:KENT 出版社:リイド社 街の有力者、センゼンの延命を求める気持ちを利用し、教団は巨大な赤の色素の結晶に込められた力を解放。 結晶の競売だと偽り集められた人々 …

ハムスター

セクシー田中さん 2

セクシー田中さん 2 フラワーコミックスアルファ 著:芦原妃名子 出版社:小学館 人と少し違う事で孤独に生きて来た田中さん。 彼女は胸を張り生きる為、ジムに通いベリーダンスを始めました。 そしてペルシ …

キャンピングカー

渡り鳥とカタツムリ 1

渡り鳥とカタツムリ 1 クランチコミックス 作:高津マコト 出版社:ワニブックス 仕事に疲れたサラリーマン、望月雲平(もちづき うんぺい)は仕事をボイコットし社用車で寝ていた所を犬を連れた美女に起こさ …

饅頭

大ダーク 3

大ダーク 3 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル 著:林田球 出版社:小学館 ドロヘドロの林田球さんの描く、宇宙の旅、第三巻。 サンコ達を四匹の害悪と呼び付け狙う光力塊(こうりょくかい) その光 …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。