漫画完結作品

カラーレス 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2019年10月25日 更新日:

紅茶
カラーレス 1 ボーダーコミックス

作:KENT
出版社:リイド社

極大の太陽フレア「マーシパルス」の影響で色素を失った世界。
それから三百年、人類は「祖先病」という病により、かつての人とは思えぬ面貌を持った者に変わっていた。

広告

登場人物

アヴィディア
色力学の研究者
地球上にわずかに残された色素を含んだ粒子。
それには太陽から降り注いだ「マーシパルス」により、太陽光に似た波長エネルギーが蓄えられていた。
彼はそのエネルギーについて、長年研究を続けている。

彼の身につけたボディースーツはそのエネルギーを使い、力を増幅しているようだ。
また、彼の持つ色力照射装置は、不安定ながら非常に強力な武器である。

智慧
祖先病が発症する以前の姿を持つ少女
記憶を失っており、三年前以前の事は覚えていない。
家事全般が得意であり、彼女の淹れる紅茶は絶品らしい。

コヴェテス
情報屋?
アヴィディアに協力する情報屋。
大食漢でありパスタ四人前をペロリとたいらげる。
アヴィディアの会話の中で、人の弱みを常に嗅ぎまわっているという話題が出たので、情報のリーク等で生計を立てているのかも知れない。

あらすじ

「マーシパルス」と呼ばれる史上最大規模の太陽フレアは、強力な電磁波を発生させ、人類の文明を支えていたサーバー類を破壊した。
電磁波は世界から色を奪い、更に祖先病と呼ばれる奇病を発生させ、人の姿をも変貌させた。

それから300年、蓄えられた智慧を失った人類はテクノロジーの殆どを失い、残った物を修理して暮らしていた。

かつて極東と呼ばれた国。
その首都リクドウ。

この街では「イオドプシー教団」という、色を神格化しかつての様な色鮮やかな世界を取り戻そうとする団体が暗躍していた。
教団は信者を増やし、今では失われたテクノロジーを復活させ、それを独占しているという。

色力学研究者アヴィディアは、教団の目的が「色」の力による支配と考え、彼らと対立していた。

ある日、仲間であるコヴェテスに行きつけの店に呼び出されたアヴィディアは、お気に入りの紅茶の味が変わっている事に気付く。

コヴェテスは紅茶を淹れていた少女が誘拐された事を、アヴィディアに伝えた。
彼の話では少女を攫ったのは教団らしい。

世界を色で支配しようとする教団。
彼らの悪事を明るみにし、少女の淹れる紅茶を取り戻す為、アヴィディアは行動を開始した。

広告

感想

色を失った世界。
漫画ではコミックス化されれば、基本的にカラーページであってもモノクロで印刷されています。

この作品では、アヴィディアの用いる力の源として部分的にカラーで印刷され、モノトーンな世界に色が特別な物であると印象づけています。

第一巻ということで、アヴィディアの目的、智慧の秘密、教団の狙い等はおぼろげですが、退廃した世界、そこで暮らす異形の人類等、緻密な作り込みを感じました。

上記のギミックも驚きましたが、何より作品として面白くとても楽しめました。

まとめ

電子書籍やWEBコミックであれば、フルカラーの作品も作業量の問題はありますが可能でしょう。
ただ出版された紙の物にもそれを反映させているのは、作者のこだわりと出版社の期待を感じます。

こちらの作品はpixivコミックでも一部無料で閲覧できます。

お読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのTerri Cnuddeによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

稲穂

豊作でござる!メジロ殿 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

豊作でござる!メジロ殿 4 SPコミックス著:ちさかあやシナリオ:原恵一郎出版社:リイド社 藩の農政を司る郡奉行「目白逸之輔(めじろ いちのすけ)」の活躍を描いた本格農業時代劇、その完結巻。 登場人物 …

野外ステージ

トクサツガガガ 第二十巻 あらすじ・感想

トクサツガガガ 20 ビッグコミックス 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶(なかむら かの)、27歳、OL、特撮オタク。 特撮を通じ仲良くなった小学生ダミアン。 彼の進学問題を巡り疎遠 …

木星

チ。 ―地球の運動について― 第四集 登場人物・あらすじ・感想

チ。 ―地球の運動について― 第四集 ビッグコミックス 作・画:魚豊 出版社:小学館 膨大な資料を持ち、師である教授の研究を受け継いだピャスト伯。 天動説では満ちる筈の無い金星が満ちている事を目の良い …

秋葉原

ぽんこつポン子 第八巻 登場人物他・あらすじ・感想

ぽんこつポン子 8 ビッグコミックス 作:矢島圭太 出版社:小学館 ゲンジの孫、ゆうなの学校の学園祭に呼ばれ東京にやって来たゲンジとポン子。 東京の人の多さに、田舎で暮らすゲンジは早々に気疲れを感じて …

チベット

テンジュの国 第五巻 あらすじ・感想

テンジュの国 5 KCデラックス 著:泉一聞 出版社:講談社 婚約者のカン・シバとラティの二人を中心に、チベットでの素朴ながらも暖かい生活の様子を描いた作品。 そんな物語もこの巻でフィナーレ、今回は二 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。