漫画

波よ聞いてくれ 4

投稿日:2019年10月14日 更新日:

ヒグマ波よ聞いてくれ 4 アフタヌーンKC
作:沙村広明
出版社:講談社

三回目の収録を終えたミナレは、MRSの看板DJである茅代まどかに夜の丸山公園へ呼び出される。
殺されるのでは警戒するミナレに、茅代は飲み物(ノンアルコールビールとカップ酒)を差し出した。

広告

登場人物

城華亨(たちばな とおる)
城華マキエの兄
ボイジャー店長の宝田を轢いた。
両親を亡くした為かシスコンに拍車が掛かっている。

あらすじ

夜の公園のベンチに座り、やけに男前にカップ酒を開けた茅代とミナレは話す。

焼き鳥の食べ方のアンケートの話をした茅代は一通り話した後、私がこの話を面白いと思っている覚えておいて欲しいと言った。
何故かと問うミナレに、あなたは自分にしか興味が無いんでしょうと言いながら、書類を差し出す。

書類はラジオの企画書だった。
企画名はバレンタイン・ラジオ。
MRSだけでなく、系列局が各四名ずつ人気の話し手を出す公開イベントだ。
ミナレは自分は関係ないと言うが、茅代はそうは思っていないようだ。

その事はさておき、自分にしか興味がないとはどういう事か尋ねるミナレに、彼女は「波よ聞いてくれ」は番組の面白さでは無く、ミナレ自身の面白さだと答える。

その上では茅代は「ちゃんとリスナーに興味ある?」と問う。

長いのでまとめると、芸人等、彼らを目的に聞くのなら最悪リスナーは無視して構わない。
リスナーの聞きたいのは芸人の話なのだから。
しかし、パーソナリティとしてやっている茅代は、主役はリスナーだと思っている。

茅代自身、自分は凡人だと思っており、個性が強すぎるミナレ(茅代曰く、歩く放送事故)に対し思う所があるようだ。

その後もカップ酒を景気よく開けながら、様々な例を持ち出し話を続ける。
しかし結局は素人であるミナレが、番組で好き放題やっているのが気に食わない茅代は、酒を飲みつつお説教がしたかったようだ。

一通り話を聞き終えたミナレは、キレ気味に「知らんわ」と返す。
そもそも、ラジオを始めたのは麻籐に巻き込まれただけだし、現状がいっぱいいっぱいで、他人に興味を回す余裕など無い。

……反論のつもりが最終的に全肯定する結果となった。

感想

今回、あらすじで書いた茅代ですが、上記だけでは唯の酒好きクレーマーですので補足すると、プライドが高く真面目で不器用な彼女は、上手く立ち回り運の力で生きている様な人間を嫌っています。

唯、年齢を重ねた事でそこら辺をシニカルに話せる程には、自分の中で折り合いがついて来たのではと感じます。
何より彼女もラジオの事が好きなんだなと思いました。

以下好きな作中のシーン
ミナレの母:若い頃の貴方にそっくり。ほら、貴方が名前をつけて下さいな。

当時の父の愛人の名前(多分嘘)
チル
ツコ
イコ

ミナレの父:じゃあ、ミナレで

まとめ

この巻ではボイジャーで働くマキエと中原、そして重度のシスコンであるマキエの兄のお話と、人生相談(解決は余りしない)がメインになりかけている番組の方向性等が描かれました。

次巻ではミナレは作家の久連木、ADの瑞穂と共に久連木の小説の取材に同行します。

こちらの作品はアフタヌーン公式サイトで第一話が無料で閲覧できます。(19年12月現在)
またコミックDAYSでは一部無料でお読みいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのSusanne Jutzeler, suju-fotoによる画像です
広告

-漫画
-, ,

関連記事

義手

天国大魔境 4

天国大魔境 4 アフタヌーンKC 作:石黒正数 出版社:講談社 未来のホテル王トトリと別れたマルとキルコは人の体を機械に置き換え治療している不滅教団と、機械化を否定しているリビューマンの二つが対立する …

かぼちゃサラダ

波よ聞いてくれ 5

波よ聞いてくれ 5 アフタヌーンKC 作:沙村広明 出版社:講談社 ミナレの番組「波よ聞いてくれ」は面白人生相談になりつつあった。 その路線を変えるべく、麻籐は放送作家、久連木の小説の取材に同行するよ …

アイビー

ミステリと言う勿れ 7

ミステリと言う勿れ 7 フラワーコミックスアルファ 著:田村由美 出版社:小学館 年も明けたある日、墓参りに向かった整は大学の准教授である天達と出会います。 墓に眠っているのは天達の恋人であり、整もよ …

猫

島さん 2

島さん 2 アクションコミックス 著:川野ようぶんどう 出版社:双葉社 白髪頭の人当たりのいい老人、島。 昼は警備員、夜はコンビニ夜勤として働く元ヤクザ?な島さんの日々を描いた作品、第二巻。 登場人物 …

宝石

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 3

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 3 バンチコミックス著:磯見仁月出版社:新潮社 オーストリア、ハプスブルク家の第十一女「マリア・アントニア」後のフランス王妃マリー・アントワネットとして知られる少女。 …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。