漫画

波よ聞いてくれ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2019年10月11日 更新日:

マイク
波よ聞いてくれ 1 アフタヌーンKC

作:沙村広明
出版社:講談社

札幌市のカレーショップに勤める鼓田ミナレ(こだ みなれ)が、持ち前の活舌の良さ、ボキャブラリーの多さ、ほら話の多様性で深夜ラジオのパーソナリティをこなしていくお話です。

広告

登場人物

鼓田ミナレ
札幌在住の女性(25歳)
異常に喋りのたつカレーショップVOYAGER(ボイジャー)の店員

麻籐兼嗣(まとう かねつぐ)
ラジオディレクター(49歳)
藻岩山ラジオのチーフディレクター
ミナレにシセル光明(しせるこうめい)という芸人に似た何かをみる。

中原忠也(なかはら ちゅうや)
カレーショップ店員
ミナレに惚れているが、彼女からはサラッサラの関係を望まれる

宝田嘉樹(たからだ よしき)
カレーショップ店長
ゲイ、落ち着いた雰囲気の店にしたいがため、ミナレを辞めさせたがっている。

南波瑞穂(なんば みずほ)
藻岩山ラジオAD
構成作家、久連子克三(くれこ かつみ)に憧れを持つ。

あらすじ

恋人の光雄に詐欺の手口で金を持ち逃げされ、飲み屋で管を巻いていた鼓田ミナレは、翌日勤め先のカレーショップで自分の声がラジオから流れだすのを聞いた。

余りの出来事に店を飛び出し、一緒に飲んでいた男、麻籐(藻岩山ラジオ局のチーフディレクター、名刺交換済み)のもとへ急ぐ。

ブースに乱入し、音源を止めようとするが、ラジオが音を止める事は大問題だ、止めるならお前が代わりに話せと脅される。

このまま酔った勢いで喋った事を垂れ流されるぐらいならと、ミナレはマイクの前に腰を下ろした。

広告

感想

ミナレの小気味良い喋りと、登場人物たちのツッコミとボケで構成された正に読むラジオといったような作品です。

ミナレの異常に広い知識による例え話や、唐突に繰り出される小ネタ、それに対する冷静なツッコミ。

なんというか、カオスなんだけど無茶苦茶面白いという感想しか出てこないお話です。

以下作中の会話
中原:別にやりたい事があるわけじゃないでしょ?
ミナレ(ス○ールウォーズ風):中原!!私は今からお前を殴るッ!(既に一発なぐっている)無言で殴り続ける!
何故なら!腹は立ったが返す言葉がないからだ!!

まとめ

凄く面白いんですが、それを伝えきる事が出来ない。
そんな作品です。

こちらの作品はアフタヌーン公式サイトで第一話が無料で閲覧できます。(19年12月現在)
またコミックDAYSでは一部無料でお読みいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのStockSnapによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

瓶

この世界は不完全すぎる 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

この世界は不完全すぎる 6 モーニングKC 著:佐藤真通 出版社:講談社 サイ公国のメタAI、アルバ。 AIでありながらデバッカーを従え、神の様に振舞うアルバに地下迷宮の最下層に転移させられたハガ達。 …

白い犬

クマ撃ちの女 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

クマ撃ちの女 5 BUNCHコミックス 作:安島薮太 出版社:新潮社 牧場に熊が出た。 カズキの祖父、矢木経由でその情報を知り、熊狩りに参加したチアキとカズキ。 その牧場を荒していた熊はチアキと彼女の …

梨

スーパーベイビー 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

スーパーベイビー 4 芳文社コミックス 作:丸顔めめ 出版社:芳文社 同僚の智充(ともみつ)と鳩山(はとやま)の手を借り、何とか引っ越しを終えた楽丸(らくまる)と玉緒(たまお)。 めでたく同棲を始めた …

劇場

推しの子 第六巻 あらすじ・感想

推しの子 6 ヤングジャンプコミックス 著:赤坂アカ×横槍メンゴ 出版社:集英社 大人気漫画「東京ブレイド」の舞台化。 それに伴い原作者の漫画家、鮫島アビ子(さめじま あびこ)から入った脚本への駄目出 …

ヒグマ

クマ撃ちの女 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

クマ撃ちの女 6 BUNCHコミックス 作:安島薮太 出版社:新潮社 狩猟犬ワンを連れての忍び猟の最中、チアキは熊の糞を発見。 笹薮の中、熊が近くにいる事を知ります。 チアキはワンにクマを追わせ、ワン …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。