漫画完結作品

トクサツガガガ 17

投稿日:2019年10月3日 更新日:

クッキートクサツガガガ 17 ビッグコミックス
作:丹波庭
出版社:小学館/ビッグコミック

中村叶、27歳、OL、特撮オタク。
獣将王の最終回も見終え、母との対決に向かった叶。
彼女が母と共に向かった先はショッピングモールでした。

広告

第160話 この日のために あらすじ

親子三人の乗る車、その車内は重い空気に包まれていた。
叶は母親の事を志(ふみ)と呼び、母の返事もよそよそしい。
ハンドルを握った叶の兄、望(のぞむ)はノリの悪いライブの事を思い出し、一人どうするつもりだと気を揉んでいた。

そんな車内で叶が思い浮かべたのは、やはり獣将王の最終回だった。
毒濁刀に飲み込まれ、暴れ回るゲンカに母の姿がだぶる。

自分の意思を通す為、横暴な振る舞いをする相手。

北代は言う。
悪夢を見る程の相手の為に、きっちり話をつける必要があるのかと。

叶の心を決めたのは、いつかの電車の時と同じ、シシレオーの存在だった。
彼は自分が正しいと思った事を貫き通した。
その事は叶の心に勇気を与える。

向かった先、ショッピングモールで、ラブキュートのショップだった。
叶は任侠さんに頼まれた、関西でしか売っていないグッズを買いに来たのだ。

そんな叶に、母は友達の頼みは聞くのに、私との買い物はそんなに嫌だったのかと叶に詰め寄る。
それに叶は、して欲しいとは言っていないと返した。

叶と母、趣向の違いからこじれた二人の戦いが幕を開けた。

感想

今回、叶と母の二人の関係に、一応の決着がつきます。
考え方の違いにより、相容れない相手は存在し、それが身内ともなると距離の取り方も難しいでしょう。

叶の答えは解決策の一つを提示している様な気がします。
家族から少し離れた存在に置く事で、相手の意見も冷静に受け流せ一人の個人として付き合う事が出来る。

親子では無く、人と人という関係なら情を考慮せずに考えられる、そう感じました。

まとめ

今回は上記の他に、SFにおける無重力の表現、作品に対するクレーム、盛り(力の入れどころ)、技術の融合、番組の終わりと始まり、関係者試写会などです。

母との事は、完全解決した訳では無いですが、区切りがつきました。
次回は北代宅での試写会(新番組、第一話リアタイ視聴)から始まります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのEsther Merbtによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

紙吹雪

トライガン・マキシマム 10

トライガン・マキシマム 10 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクション。 ラズロの力に膝を折ったウルフウッドに、マスターチャペルが銃口を向ける …

チベタン・マスチフ

テンジュの国 2

テンジュの国 2 KCデラックス 著:泉一聞 出版社:講談社 カン・シバとモシ・ラティは、ラティのホームシック等もありましたが順調に想いを育んでいるようです。 あらすじ感想まとめ あらすじ お使いの帰 …

沖縄

白暮のクロニクル 2

白暮のクロニクル 2 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 オキナガ―息長、不老不死の種族。 自殺を図った鳴宮涼子から話を聞くため、魁は血を使い彼女を一時的に蘇生させました。 しかし鳴宮 …

ひまわり

私の神様 1

私の神様 1 ガンガンコミックス 著:夢野つくし 出版社:スクエアエニックス 遠い昔、恋人の命を救う為、呪いを受けた神様。 その神様と過ごす為、輪廻を繰り返す恋人。 恋人の女性は、いつも人に生まれ変わ …

プールサイド

白暮のクロニクル 5

白暮のクロニクル 5 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 デリヘル嬢連続殺人事件。 それは一人の男の想いが歪んで起こされた物でした。 事件解決に当たり魁と衝突したあかりは、少し彼と距離 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。