漫画

てだれもんら 1

投稿日:2019年9月17日 更新日:

梅てだれもんら 1 ビームコミックス
著:中野シズカ
出版社:KADOKAWA

板前と庭師、和の職業に携わる二人の微妙な関係にモノノ怪をプラスした作品です。
輪郭線を排した描き方は、見慣れた日本の風景をどこか別の幻想的な世界に感じさせます。

広告

登場人物紹介

星野トオル(ほしの とおる)
元ヤンの板前
現在は小料理割烹「薫風」で働いているが、以前は老舗料亭「ひめかわ」で修業していた。
口は悪いが料理の腕はピカ一。

鷹木明(たかぎ あきら)
寡黙な庭師
庭の怪(にわのけ)という、庭に憑くモノノ怪に対する仕事も請け負う枩叢植木(まつむらうえき)に勤める庭師。
トオルとは仕事を通じて知り合ったようだ。

中村友也(なかむら ともや)
庭師
元々は関西で仕事をしていたが、庭を守る庭の怪「精」を殺したことで東京の枩叢植木で働く事になった。

あらすじ

小料理割烹で働くトオルには毎週土曜日、友人宅で晩酌を共にする事を決まりとしている。

最初は日曜に外で飲んでいたが、いつの間にか土曜の夜に晩酌し、そのまま彼の家に泊まる様になった。

その友人、鷹木明は少々特殊な仕事についていた。
庭師なのだが、普通の庭師では無く、庭の手入れ以外にも、庭の怪と呼ばれる怪異にも対応する仕事だ。

悪いモノは払い、良いモノは彼らが住みやすく整える。

昔料亭に勤めていたトオルは、明とお互いの仕事を通じて知り合ったのだ。

広告

感想

トオルと明のBL要素を含んだ日常に、庭の怪という怪異を練り込んだ作品です。
ただBLと言ってもハードな展開は無く、二人の友情の様な描かれ方をしています。

トオルの作る美しい料理と、日本の幻想的な庭がトーンを使った独特のタッチで描かれます。
一巻では触り程度だったトオルの過去が、今後どのように描かれていくのか楽しみです。

まとめ

出て来る庭の精が可愛いです。
松露の精とか梅の精とか、この巻ではあまり危険な怪は描かれませんでしたが、断片的に描かれたトオルの過去の事もあり、大きな害を為す存在も出て来そうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品はComicWalkerにて、一部無料でお読みいただけます。

※イメージはpixabayのnanoomによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

救急車

Driving Doctor(ドライビングドクター) 黒咲 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

Driving Doctor(ドライビングドクター) 黒咲 3 ニチブンコミックス 原作:神尾龍 作画:ユウダイ 医療監修:福本祐一 出版社:日本文芸社 仁成大学医学部医学部長の安斎(あんざい)。 そ …

ビーチ

風都探偵 第十一巻 登場人物・あらすじ・感想

風都探偵 11 ビックコミックス 脚本:三条陸 作画:佐藤まさき 原作:石ノ森章太郎 監修:塚田英明 クリーチャーデザイン:寺田克也 出版社:小学館 仮面ライダーWの正統続編。 テレビシリーズのその後 …

礼拝堂

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 2 バンチコミックス著:磯見仁月出版社:新潮社 パリに出たマリーはパリ一番と評判のお針子マリー・ジャンヌ・べキューのドレスを仕立てます。そのドレスを着たべキューは見事 …

ポートランド、ネオン

ブルージャイアントエクスプローラー 第二巻 あらすじ・感想

ブルージャイアントエクスプローラー 2 ビッグコミックススペシャル 作:石塚真一 出版社:小学館 後に世界的なサックスプレイヤーとして名を馳せる、宮本大の軌跡を描いた作品。 そのアメリカ編。 シアトル …

M16

白山と三田さん 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

白山と三田さん 1 少年サンデーコミックス 著:くさかべゆうへい 出版社:小学館 とある田舎にすむ男子高校生、白山辰彦(しろやま たつひこ)は東京に憧れ、その資金を稼ぐためコンビニでバイトの日々を送っ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。