漫画完結作品

庭先案内 2

投稿日:2019年8月22日 更新日:

南の島庭先案内 2 ビームコミックス
著:須藤真澄
出版社:エンターブレイン

須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。

作品は幻燈機等、同じ人物が登場する作品もありますが、基本一話完結で描かれています。

広告

何度か登場する人物

幻燈機じいさん
バイクに乗りアジアの各地を旅している老人
不思議な幻燈機で幻の海を見せる事が出来る。
今回はインドにいる模様

おねえちゃん
大学の美術科に通う女性
沈着冷静、曼荼羅好き、料理上手

いもうと
おねえちゃんの妹
高校生、ピュア、よく食べる、お菓子大好き

各話あらすじ

幻燈機3
ネパールにやって来た老人。
彼はそこで人力の観覧車で興行を行う、旅芸人の親子に出会う。

雪が降ってくる
電車の中、男は窓から降る雪を見ながら、独り言をつぶやく。
あれは何処だったか、雪がしたから降ってくんの。

それをいつの間にか、向かいの席に座っていた少女に聞かれる。
男は照れ隠しに、雪ってたまに下から降ったりすんのと、地元の子と思われる少女に尋ねた。

少女は微笑み、見せてあげよっか?と答えた。

にゃんにゃか長屋

犬と共にフリーマーケットを訪れた女性。
しかし彼女が申し込んだ場所には、時代劇風の恰好をした集団が既に陣取っていた。

自分の場所である事を主張するが、その集団にどうしても本日ここで商売がしたいと頭を下げられ、懇願される。
仕方なく彼らと半分ずつ場所を分け合い、物を売る事にした。

桜風
桜並木のベンチに座る女子高生。
桜は満開。風は桜吹雪を起こし、花びらと共に様々なゴミを運んで女子高生の顔に当たる。
それをゴミ箱に入れていると、一人の老人が桜並木を歩いて来た。

イマジン
うだるような暑さの中、南国の緑をかき分け進むと、そこにはガジュマルの木の下で、南国風の少女がヤシの実の器を並べていた。

そこで突然目が覚める。電車内には同じ制服の友人三人と自分。
サンサンと照付ける陽光が窓から降り注ぐなか、横並びの椅子でうたた寝していたようだ。

私と彼女と洞窟で
祖父の十三回忌、バスケットに夢中の孫娘は、部活の日練に出たくてしょうがない様だ。
ここは祖母の家、父親はビールを飲んでしまったし、何年も来ていなかった事もあり、母親は帰る事を許してくれない。

自分が子供の頃の話になり、居心地の悪くなった孫娘は、コンビニに行く事を口実に、昔友人と作った裏山の秘密基地に向かった。

黒影ボンズ
おねえちゃんの様子がこの一週間おかしい。
食は大事だと言っていたのに、自炊をせずコンビニ弁当ばかり、朝も台所のテーブルに突っ伏して、返事もおざなりだ。

心配になった妹は、学校に行くふりをして、姉の様子を伺った。
するとテーブルで寝ていた姉の体が真っ黒に染まる。
あわてて駆け寄りつつっくと、姉はテーブルに落ちた窓の影に吸い込まれる様に消えた。

真夜中のみいさんはあさん
ある夏の夜の熱帯夜。
余りの寝苦しさに目覚めた女性は、アパートが停電になっている事に気付く。
頼りの扇風機に抱き着きながら、窓の外を見ると、町全体が停電しているようだ。

眠る事も出来なくなった彼女は、表で涼んでいる人の溢れる夜の街を散歩する事にした。

合唱一発
友人と共に夏祭りに出かけた少女。
浴衣を着て頭にお面、両手に食べ物を抱え、ご満悦だ。
その様子に呆れながら、友人がおまいりする様に促す。

おまいりして、振り返ると友人たちの姿は消えていた。


村の花咲く
南の島、集会所で男たちが宴会をしている。
その宴会の最中、村長が花を探して欲しいと言い出した。
11年に一回のまつり、それを十回繰り返した後。
つまり110年。その110年に一度だけ咲く花があるという。

その花に祈れば、どんな願いでも叶う。
村長はそう集まった男達に告げた。

感想

今回は冬の話と春の話も収録されていますが、夏の話が多かったように思います。
最近は熱中症が怖いので、暑いとすぐクーラを付けてしまい、汗をダラダラかくという事が余り無くなりました。

熱帯夜のお話では、夏の盛りに汗だぐで飲む、自販機のジュースの美味しさをなんとなく思い出します。

最後にこの巻で好きなセリフ
孫「もっとおばあちゃんち、来るようにするから…来る…来月また来る」
婆「…来月は、おばあちゃん、フラのお友達とハワイに行く予定があるから…」

まとめ

須藤さんの描く物は、少し切ない話から楽しい話まで、様々なタイプがありますが、どの作品にも共通しているのは、人々が暮らしを楽しんでいるという事だと感じます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのgrebmotによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

通天閣

庭先案内 6

庭先案内 6 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内としては最終巻ですが、タイトルを毎回変える形で …

みかん

白暮のクロニクル 9

白暮のクロニクル 9 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 12月に入り、羊殺しの時期が刻々と迫るなか、魁は焦りを感じています。 またあかりも光明苑の火事で、入所者の移動などの仕事に追わ …

彼岸花

師匠シリーズ 7 -失踪-

師匠シリーズ 7 -失踪- ヤングキングコミックス 漫画:片山愁 原作:ウニ 出版社:少年画報社 web初の人気オカルト小説のコミカライズ版の第七巻 この巻には、家鳴り、図書館、葬式、賭け、異物、失踪 …

川と桜

グッバイ、ノーベル! 3

グッバイ、ノーベル! 3 ビッグコミック著:竹充ヒロ出版社:小学館 すずと同い年の小説家、早乙女桜。龍平ナヲキの大ファンである彼女にも、幽霊であるナヲキの姿が見える様になります。その事ですずとナヲキの …

子猫

ヨシノズイカラ 3

ヨシノズイカラ 3 ガンガンコミックス 著:ヨシノサツキ 出版社:スクエアエニックス 東京でのサイン会も無事終わり、島に戻った成彦は新たなキャラを漫画に登場させようとしていました。 彼が作ったキャラク …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。