漫画

ゴールデンゴールド 第五巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年8月12日 更新日:

焼うどんゴールデンゴールド 5 モーニングKC
作:堀尾省太
出版社:講談社

フクの見えるフクの無い男、草田を始め投資家のニシ、銀行等、寧島の景気にあやかろうと島には外の人間が入ってきました。

広告

あらすじ

フクノカミの力が拡大を続ける中、町子は黒蓮から以前作ってもらった焼うどん作り方を聞かれる。

黒蓮にとっては琉花が寺社に入った影響を見る為だったが、以前との違いを見るには余りよい方法では無かったと少し悔やむ。

しかし、町子はその得意だった筈の料理手順を、かなりの部分忘れていた。
黒蓮は出来上がったうどんが、以前と違い美味しくないと感じた。町子自身もその事に気付き、作り方や隠し味について忘れていたと口にする。

その後、町子はどうでもいいと言いながら、一人台所を漁り焼うどんのレシピを思い出そうとする。
その行為は琉花がまだ幼かった頃の思い出を呼び起こした。

開いた冷蔵庫の前で目に涙をためる町子。
そんな彼女に一本の電話が入る。
電話は仕事についてで、相手と話す町子の目からは既に涙は消えていた。

感想

フクノカミの力は、人の優しく暖かい思い出を忘れさせるのでしょうか。
町子は焼うどんの事を忘れ、幼い頃の記憶をフクノカミによって喚起させられます。

彼女の子供のころは、両親は店を経営し比較的豊かな暮らしを送っていました。

しかし、岩奈屋の台頭で経営は傾き、規模を縮小せざるを得なくなります。
その後、夫を失い細々と続けていた商店に琉花を預かり、そしてフクノカミと出会いました。

町子はずっと成功する事を夢みていましたが、生活や時代の変化の中でその夢を封印していたようです。

偶々であった町子がフクノカミの求めるモノを持っていたのか、それとも琉花がフクノカミを拾ったこと自体が、波長のあう町子と出会う為だったのか。

フクノカミが自身の目的を、明確に語る事が無い為、何をしたいのかが分からず、それが余計に不気味さをプラスしている様に感じます。

広告

まとめ

公共事業の再開、それに伴う株価操作と購入。
町子は着々と島の支配者になっている様に感じました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品はモーニング公式サイト「モアイ」で一部無料でお読みいただけます。

※イメージはPixabayのSmiling Pixellによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

ベランダ

青野くんに触りたいから死にたい 第九巻 あらすじ・感想

青野くんに触りたいから死にたい 9 アフタヌーンKC 著:椎名うみ 出版社:講談社 二学期が始まり、学園祭で二年は合同でロミオとジュリエットをやる事になった。 優里(ゆうり)は衣装係とジュリエットの代 …

宇宙

宙に参る(そらにまいる) 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

宙に参る(そらにまいる) 1 torch comics著:肋骨凹介出版社:リイド社 人が宇宙で暮らし、人工知能にも一定の権利が認められている時代。夫を亡くしたフリーエンジニアの鵯ソラ(ひよどり そら) …

ひまわり

青の島とねこ一匹 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

青の島とねこ一匹 5 ヤングチャンピオン烈コミックス 著:小林俊彦 出版社:秋田書店 台風の襲来を心配し島に帰ってきた青の父雷太(らいた)と青の母。 彼らと共に賑やかな一日を過ごし、翌日二人を見送った …

キャンピングカー

渡り鳥とカタツムリ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

渡り鳥とカタツムリ 1 クランチコミックス 作:高津マコト 出版社:ワニブックス 仕事に疲れたサラリーマン、望月雲平(もちづき うんぺい)は仕事をボイコットし社用車で寝ていた所を犬を連れた美女に起こさ …

フランケンシュタインの怪物

黒博物館 三日月よ、怪物と踊れ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

黒博物館 三日月よ、怪物と踊れ 1 モーニングKC 作:藤田和日郎 出版社:講談社 ロンドン警視庁(スコットランドヤード)の犯罪資料館「黒博物館」。そこには英国内で起きた事件のすべての証拠品が展示され …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。