漫画

ブルージャイアントシュプリーム 第八巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年8月7日 更新日:

月と街灯
ブルージャイアントシュプリーム 8 ビッグコミックススペシャル

作:石塚真一
出版社:小学館

ジャズプレイヤー、宮本大の軌跡を追った作品です。
大が一時バンドを離れた為、イベンター、アーサーがNUMBER FIVEに送ったのは、大と同年代のイギリス人プレーヤー、アーネストでした。

彼は大の復帰を待つメンバーに、彼の何がそんなにいいのか尋ねます。

広告

あらすじ

大の魅力、それはメンバーも明確に言葉にする事は出来なかった。
アーネストは素晴らしいプレーヤーだ。

パワーは大と変わらずパワフルだし、テクニックで言えば彼の方が上だ。

だがメンバーの全員が大を選んだ。
つまりアーネストは、魅力で大に及ばないという事だ。
彼はその事をユーモアを交え嘆く。

そんな時、ガブリエルの携帯に連絡が入る。
大が帰ってくる。
その報告にメンバー三人は喜び、選ばれない自分に頭を抱えた。

次のライブへの移動中、ガブリエルの宇宙船(車)が故障した。
ライブ会場までは150キロ。
一行が話し合っていると、ガブリエルの携帯が鳴る。

大の飛行機が予定より早く着いたため、ライブに間に合うかもしれないというのだ。
ハンナの提案で、大につないでもらう事にして、一行は車を修理してライブ会場へ向かう事になった。

会場に着いた一行はクラブハウスに入る。
メンバー全員が選ぶ大という男が、一体どんなプレーヤーか見てやろうと、上から目線で考えていたアーネストは、ドアを開けた瞬間その音に圧倒された。

会場全体が大が出す音で揺れている。

アーネストは彼の演奏を聴き、ニヤリと笑った。

感想

今回、大とアーネストは二人並んでステージに立ちます。

印象的だったのは、演奏が終わった後の場面でした。
アーネストは複数の人に囲まれ、演奏が素晴らしかった事や出身等を聞かれます。
一方、大は一人の青年にありがとうと言われ、固い握手を交わしていました。

勝手な印象ですが、アーネストを囲んだ人たちは離れる事があるでしょうが、大と握手を交わした青年は、一生彼から離れない気がします。

一度、大のサックスに魅了されると、彼以外の音では満足できない。
なんとなくそんな気がしました。

広告

まとめ

今回は後半、ハンナが以前所属していたモーレン5と、同じハコの地上と地下でライブを行う事になります。
まぁとにかく、スカッとしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのStockSnapによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

フェザースティック

ふたりソロキャンプ 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

ふたりソロキャンプ 3 イブニングKC 著:出端祐大 出版社:講談社 ずっと一人でキャンプをしていた厳でしたが、亡き父の言葉が切っ掛けで雫とのふたりソロキャンプを受け入れました。 そんな感じで海沿いで …

リボルバー

よふかしのうた 第十巻 登場人物・あらすじ・感想

よふかしのうた 10 少年サンデーコミックス 著:コトヤマ 出版社:小学館 吸血鬼になった父親に母親を殺された目代キョウコ(探偵、鶯アンコ)は、ハロウィンの夜、銃を片手に吸血鬼達を襲う。 襲撃と逃亡を …

ハムスター

世界は終わっても生きるって楽しい 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

世界は終わっても生きるって楽しい 3 ガルドコミックス 著:鳥取砂丘 出版社:オーバーラップ カンリキョクで出会った三角頭の者達と、生態系を別の物に変える赤い霧を吐き出すにくのトビラ。 そんな謎の者達 …

饅頭

大ダーク 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

大ダーク 3 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル 著:林田球 出版社:小学館 ドロヘドロの林田球さんの描く、宇宙の旅、第三巻。 サンコ達を四匹の害悪と呼び付け狙う光力塊(こうりょくかい) その光 …

十字架

ヴィンランド・サガ 第七巻 あらすじ・感想

ヴィンランド・サガ7 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 11世紀のヴァイキングをモチーフに描かれる物語。 スヴェン王のいるゲインズバラにたどり着いたクヌート達。 敵将だったトルケルを味方に …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。