漫画

ブルージャイアント 第十巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年7月30日 更新日:

空港
ブルージャイアント 10 ビッグコミックススペシャル

作:石塚真一
出版社:小学館

岳の作者が描く、やがて世界的なジャズプレイヤーに成長する、宮本大の軌跡を追った作品です。

広告

あらすじ

ソーブルー。
日本でジャズをしている者ならば、誰もがそのステージに立つことを夢見る所。

予定していたピアニストが体調を崩した為、平は代理のピアニストに雪祈を指名した。
オファーは雪祈個人に対しての物で、JASSとしてステージに立つ訳では無い。

それに後ろめたさを感じる雪祈を、大と玉田は気持ちよく後押しした。
二人に応援され、雪祈はオファーを承諾した。

厳しいスケジュールの中、楽曲をマスターし憧れのソーブルーに立つ雪祈。
ピアノを弾きながら、彼は今までの事を思い出す。

小学生の頃の夢はピアニストとして、日本一の舞台に立つ事だった。
四歳から初めて、毎日ピアノを弾いて来た。
中学や高校の時は、ジャズという音楽を理解してもらえず、大学では雪祈のストイックさに部の連中は離れていった。

そして大に出会った。

雪祈はソーブルーで演るのは、最後かもしれないと思った。

雪祈は悔いの無いよう、ソロに全てをぶつけるつもりでピアノを奏でる。
普段弾いている電子ピアノやアップライトとは違い、ソーブルーのピアノは最大サイズのナインフット。

その違いに戸惑いながら、自分はこのカルテットの中で一番ヘタクソ、正直にやろうと、精一杯、自分の出来る事をとピアノに向き合った。

自分をさらけ出した雪祈は、ピアノと繋がった。
それは人々にも伝わり、かつて雪祈を酷評した平をも感動させた。

その音を聴いて、大は楽しそうに笑った。

感想

今回でブルージャイアントは一端終了です。
大は日本を離れ、世界へ旅発つ事となります。

この巻ではかなりショッキングな事が起こりました。
物語としては大が世界へ向かう為に、必要な事だったのかもしれませんが、三人でソーブルーに立つ場面も見てみたかった気がします。

いつか大が言っていたように、ジャズは一生同じメンバーで演り続ける物では無いのかもしれません。
大の様にずっと進み続ける者にとっては、彼のスピードに追い付けない者とは、離れてしまうのが必然なのかも、とも思ってしまいます。

それでも、雪祈と玉田がいたから大の音は、世界に行けたんだなと感じます。

広告

まとめ

ブルージャイアントは終わり、ブルージャイアントシュプリームに続いて行きます。
舞台をヨーロッパに移し、大の音は続いて行きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのRudy and Peter Skitteriansによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

ローストポーク

アルテ 第五巻 あらすじ・感想

アルテ 5 ゼノンコミックス 著:大久保圭 出版社:徳間書店 貴族の娘アルテが画家であるレオの弟子として画家を目指す物語。 ヴェネツィアの名門貴族、ユーリ・ファリエルの依頼を受け、水の都ヴェネツィアを …

スパゲッティとパン

大ダーク 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

大ダーク 2 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル 著:林田球 出版社:小学館 ドロヘドロの林田球さんの描く、宇宙の旅、第二巻。 念願の宇宙船を手にいれたサンコ達。 しかし宇宙船の内部は生活する為 …

馬

竜侍 第二巻 登場人物・各話あらすじ・感想

竜侍 2 ソノラマ+コミックス著:忠見周出版社:朝日新聞出版 ドラゴンの侍が活躍するコメディ。前巻では江戸時代がメインでしたが、今巻はあらゆる時代を舞台に竜侍が本能のままに暴れます。前は少しは理性を感 …

狼

赤ずきんの狼弟子 月への遺言 第一巻 あらすじ・感想

赤ずきんの狼弟子 月への遺言 1 著:茂木清香 獣人、人間、狩人、三種の人が住む世界で、本来狩る側と狩られる側の二人が師弟になる物語。 この作品は同人誌として発表された物で、ウルとマニが出会う前、ウル …

廃墟ビル

虎鶫 とらつぐみ -TSUGUMI PROJECT- 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

虎鶫 とらつぐみ -TSUGUMI PROJECT- 3 ヤンマガKC 著:ippatu 出版社:講談社 核大戦によって滅んだ旧日本。 その日本にある秘密兵器「TORATSUGUMI」 その探索を先遣 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。