漫画

うみそらかぜに花 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:

浮き輪
うみそらかぜに花 3 ヤングキングコミックス

著:大石まさる
出版社:少年画報社

季節は夏。
両親の再婚で一緒に暮らす事となった中学二年生のカナメとアミ。
秘密にしていたその同居生活が、友人たちにバレてしまい……。

広告

登場人物

CT先生
ヒップホップ講師(28)
金髪ドレッドヘアの女性。
汐待中学でダンスの授業を担当している。

あらすじ

夏のある日、カナメとアミは二人で家から少し離れた海へ来ていた。
カナメの友人、ミツオとテッタ、アミの友人、タカとキミに同居の事がバレ、その事で彼らとは距離が出来てしまったのだ。

口をきいてくれなくなったタカとキミの件で、アミはいつになく落ち込んでいた。
そのモヤモヤを解消するため、アミはカナメに海に連れて行ってほしいと頼む。

カナヅチのアミは体を動かしていないとあずましくない(おちつかない)のとは別に、泳げるようになりたいというのもあったようだ。

そんなわけでカナメはアミと二人、半島を超えて海へと向かった。
その道中、カナメは思う。

自分にとって、友人のミツオやテッタは昔から知った連中で、彼らが根に持つタイプではないと知っている。
しかし、北海道から越してきたアミにとっては、タカたちは初めての友達だ。
仲直り出来るか不安を感じるのも仕方のない事だろう。

そんな事を考えながらたどり着いた海で、カナメはアミに浮き輪を装着、水に慣れさすことから始めた。
しかし、波で逆立ちしアミは溺れかける。
そんな二人の様子を見かねた周囲の大人は、カナメにちゃんと手を引くように、古からの決まりだとアドバイスした。

彼らの助言に従い、カナメはアミの手を引きバタ足させた。

そんな二人の姿に大人たちはいにしえのやつだと、ほんわかしたのだった。

広告

感想

今回は友人と気まずくなり、海にカナメと二人出かけたアミのエピソードから始まり、仲直り、ダンスと得手不得手、秘密基地の女子禁足地、浴衣とお祭り、天文部の合宿、夏休みの終わり等が描かれました。

二話に亘って描かれた天文部の夏合宿の様子が印象に残りました。
照りつける太陽の日差し、男にふられ荒れるクロエ先生、たどり着いた高原での星空、露天風呂と覗き、カレーと星の世界。

一部、ドロドロとした大人の事情が混じっていましたが、描かれた星々がとても美しく、最終日、疲れ果てて電車で眠る様子がとても気持ちよさそうでした。

まとめ

次巻は夏休み明けの二学期から。
秋はどんなことがおきるのか、読むのが楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品は少年画報社の公式サイトで試し読みが可能です。
作者の大石まさるさんのTwitterはこちら

※イメージはpixabayのPublicDomainPicturesによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

バイソン

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想等

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ 2 角川コミック・エース 著:瀬野反人 出版社:KADOKAWA 教授の足跡を辿り旅を続けるハカバ。 海辺を通り、死の街と呼ばれるかつて人間が暮らし …

CD

異世界おじさん 第六巻 あらすじ・感想

異世界おじさん 6 MFC 作:殆ど死んでいる 出版社:KADOKAWA/MFC 魔炎竜からツンデレさんのおかげで人間に戻ったおじさん。 しかし天星石の指輪の件で色々あってツンデレさんと二人沼に落ち、 …

焼き芋

メイドさんは食べるだけ 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

メイドさんは食べるだけ 4 イブニングKC 著:前屋進 出版社:講談社 イギリスから日本にやってきたメイドの橘スズメ(たちばな すずめ)。彼女の日本での日々は夏の盛りを終え、季節は秋へと向かっていまし …

聴診器

外科医エリーゼ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

外科医エリーゼ 2 フロースコミック 漫画:mini 原作:yuin 出版社:KADOKAWA 前世であるエリーゼとして皇后になる前の状態で再度転生した葵は、以前の歴史を繰り返さない為と、本当にやりた …

塩焼き

カワセミさんの釣りごはん 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

カワセミさんの釣りごはん 1 アクションコミックス 著:匡乃下キヨマサ 出版社:双葉社 東京から田舎の高校へ転向した白梨翡翠(やまなし かわせみ)は話下手な性格が災いしてクラスに馴染めずにいました。 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。