漫画

ブルージャイアント 7

投稿日:2019年7月27日 更新日:

トランペットブルージャイアント 7 ビッグコミックススペシャル
作:石塚真一
出版社:小学館

大達のバンド「JASS」は少しずつお客さんを増やし、ファンも出来て来たようです。

広告

あらすじ

JASSとして活動を始めた大たち。
そのライブが行われている店に、以前雪祈がオファーを蹴った川喜田が訪れる。

川喜田は大のサックスを聴いて、自らギターを握りライブに飛び入りする。
大は川喜田のソロプレイに驚きながら、それに答えるようにサックスを吹いた。

著名な川喜田がSNSで呟いたことで、三度目のライブは盛況だった。
ライブが終わった後、客たちに囲まれる大や雪祈を見て玉田は、二人はいつかもっとデカいミュージシャンになっていくんだなと感じる。

自分と二人の違いを感じている玉田に、一人の老人が声を掛ける。
彼は玉田に良くなっていると話した。

老人は続けて、自分は成長する君のドラムを聞きに来ていると、玉田に告げた。

感想

今回は徐々に軌道に乗ってきたJASSの姿が描かれました。

あらすじで書いた玉田の話ですが、誰かが見ていたと知る事は、自分の行動にも意味があったと、気付く原点だと思います。
玉田にとっては、老人の言葉は何よりの原動力になったと感じました。

大のセンパイミュージシャンに言った言葉「出し切る」も心に残りました。
彼は世界一のプレイヤーになる為に、日々自分の持っている全てを出し切ると決めています。

なんとなく過ぎていく毎日の中で、そんな風に出し切る事なんてあったかなぁと考えてしまいます。

また雪祈にも転機が訪れます。

彼は自分のテクニックに絶大な自信をもっているため、かなり傲慢な態度を人に取る事があります。
日本で一番の店、ソーブルーの平はその事を見抜き、雪祈を酷評します。

苦言は耳に痛いですが、衝突や反発を見越したうえで、真正面から堂々とそれを言ってくれる人は、信頼に値すると感じます。

まとめ

今回は大のサックスが川喜田を揺さぶった事で、JASSの名前が知られる様になってきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのpasja1000による画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

狼

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ 1

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ 1 角川コミック・エース 著:瀬野反人 出版社:KADOKAWA 言語やコミュニケーションの研究をしていた教授の下、言語を学んでいたハカバは、怪我を …

ドラゴン

ダンジョン飯4

ダンジョン飯4 ハルタコミックス 作:久井諒子 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン ナマリ達に助けられ、苦戦を強いられたウンディーネもシチューにして腹に収めた一行。 カエルスーツにより、テンタ …

指輪

僕の妻は感情がない 1

僕の妻は感情がない 1 MFコミックス フラッパーシリーズ著:杉浦次郎出版社:KADOKAWA 仕事に追われ家事をする暇の無いタクマは、中古の家事ロボットを購入します。そのロボット、ミーナに酔った勢い …

肉まん

バカレイドッグス Loser 2

バカレイドッグス Loser 2 ヤンマガKC 原作:矢樹純 漫画:青木優 医療監修:茨木保 出版社:講談社 横浜に拠点を移した犬童兄弟と鈴。 彼らは辰次達の母親を奪った北條という男を追いながら、正規 …

紅茶

カラーレス 1

カラーレス 1 ボーダーコミックス 作:KENT 出版社:リイド社 極大の太陽フレア「マーシパルス」の影響で色素を失った世界。 それから三百年、人類は「祖先病」という病により、かつての人とは思えぬ面貌 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。