漫画

ブルージャイアント 第五巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年7月23日 更新日:

ピアノ
ブルージャイアント 5 ビッグコミックススペシャル

作:石塚真一
出版社:小学館

ピアニスト、雪祈との出会い、それが大の音楽を広げていきます。

広告

あらすじ

東京に出た大はバイトをしながら、ジャズのライブをしている店を探す。
そこで大は一人のピアニストと出会った。

沢辺雪祈、年齢は大と同じく十八歳。
雪祈は大の指のタコを見て、彼がサックスプレイヤーだと見抜いた。

雪祈は軽薄で尊大でかなり傲慢な男だった。
話をしていて面白いと思った雪祈は、大に組もうと提案する。
ただし、ヘタなら即クビと軽い調子で付け加える。

大のサックスはメンテナンスに出しているので、それが返ってきたら雪祈に演奏を聴いてもらう事にして、その場は別れた。

後日、連絡を受けた大は、彼の態度に戸惑いつつも、雪祈に呼び出されクラブへと向かった。
そこでは大きなステージで本場のジャズが演奏されていた。
雪祈はバイト代をつぎ込み、その店へ週三で通っている。

演奏が始まると、雪祈はステージの演奏に合わせ、指を動かしていた。
その事で大は雪祈は表面上は軽薄に見えるが、ジャズに対する想いは本物だと確信した。

大は雪祈に自分から組もうと伝えた。

全ては音を聴いてから、サックスのメンテナンスを終えた大は、雪祈を東京で見つけたジャズバー、テイクツーに呼び出した。

雪祈はそこで大が、サックスを吹き始めて三年だと聞いて呆れる。
しかし、大の音を聴いた雪祈はそれに驚愕する。
それと同時に、たった三年でそれに至る為の努力に感動し涙した。

感想

大と雪祈はお互いのプレイスタイルの違いにより、衝突を繰り返しながらお互いを高めていきます。
更に大の親友、玉田が素人ながらドラムとして加わり、三人はトリオとして活動を始めました。

玉田は全くの素人ですが、皆最初は素人です。
やりたいと思う気持ちが練習を促し、出来る様になる喜びが更なる努力を呼び込む。

そうしている内に、いつの間にか出来なかったモノを、出来る様に変えていく。
この事は全てに共通する事の様に思います。

才能により、出来る様になるまで時間は違うでしょうが、その事が好きで堪らないという事自体が、一番重要な才能のような気がします。

広告

まとめ

サックス、ピアノ、ドラム。
三つの音が合わさって、彼らの奏でる音は、より人の心を揺さぶるモノへと変わっていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのPexelsによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

蟹

ダンダダン 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

ダンダダン 2 ジャンプコミックス 作:龍幸伸 出版社:集英社 お互い幽霊と宇宙人の存在を巡って対立した女子高生の桃とクラスメイトのオカルトオタク、オカルン(本名、高倉健)。 その事で桃は宇宙人が出没 …

スプーン

赤ずきんの狼弟子 第三巻 あらすじ・感想等

赤ずきんの狼弟子 3 講談社コミックス 著:茂木清香 出版社:講談社 獣人、人間、狩人、三種の人が住む世界で、本来狩る側と狩られる側の二人が師弟になる物語。 ブルーノの街で起きた失踪事件。 それは狩人 …

ラムチョップ

ダンジョン飯 第七巻 あらすじ・感想

ダンジョン飯 7 ハルタコミックス 作:久井諒子 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 呪いにより猫と魂が混ざり合ってしまった忍者、イツヅミを加え一行はファリンを取り戻すため、狂乱の魔術師を探し …

だるま

こまったやつら~民族研究会へようこそ~ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

こまったやつら~民族研究会へようこそ~ 1 ヤングキングコミックス 著:吉川景都 民俗学アドバイザー:廣田龍平 出版社:少年画報社 時代は昭和から平成に元号の切り替わった1989年。 大学進学で東京で …

三毛猫

青の島とねこ一匹 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

青の島とねこ一匹 1 ヤングチャンピオン烈コミックス 著:小林俊彦 出版社:秋田書店 東京で教師をしていた中村草太(なかむら そうた)はある事が原因で都会を離れ大学時代の先輩、白神(しらがみ)を頼り瀬 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。