漫画

風都探偵 6

投稿日:2019年7月17日 更新日:

帽子

風都探偵 6 ビックコミックス
脚本:三条陸
作画:佐藤まさき
原作:石ノ森章太郎
監修:塚田英明
クリーチャーデザイン:寺田克也
出版社:小学館

仮面ライダーWの正統続編。
テレビシリーズのその後を描く作品です。

広告

あらすじ

自身の過去と向き合い、乗り越えようとする老人、廉太郎との出会いはときめの心に勇気を与えた。

彼女は自分の過去を受け止める為、翔太郎にガイアメモリーやミュージアム、全てを知りたいと話す。
翔太郎は事の起こりと言える、ビギンズナイトについてときめに話す事にした。

翔太郎とおやっさん、鳴海壮吉との出会いは、まだ翔太郎が小学生だった頃まで遡る。
街の歌姫のコンサート。そこに現れたドーパントに一歩も引かず、依頼人である歌姫を守った男。

それが鳴海壮吉だった。
一目でその姿に憧れた翔太郎は、事務所を尋ね弟子入りを望む。
休業中だと断るが翔太郎は諦めない。
余りのしつこさに根負けした壮吉は、翔太郎を事務所に招き入れ話を聞いた。

だが彼のおやっさんみたいに、蜘蛛男を倒して歌姫を守りたいという言葉で、壮吉の心に苦い思いが沸き上がる。
壮吉は翔太郎を事務所から追い出し、暗い事務所の中で一人椅子に腰かけた。

壮吉が倒した蜘蛛男は、彼の相棒だった。
街の平和を守る為、壮吉は相棒を失い事務所を閉めていたのだ。

そんな事を知らない翔太郎は、なにが壮吉の怒りを買ったのか分からぬまま、詫びの為に手に入れたコーヒー豆を持って、事務所へ向かおうとしていた。

その道中のはるかぜ公園で、地面から巨大な昆虫の足がのぞく。
足はディナーを見つけたと口にした。

感想

今回は翔太郎と師匠の鳴海壮吉の出会い、そしてTVシリーズの冒頭、翔太郎とフィリップの出会いが描かれました。

TVシリーズでは、登場シーンの少ない壮吉と翔太郎の日々や、スカルの戦闘シーン等、原作ファンにはたまらないエピソードでした。

鳴海壮吉、カッコいいよ。

まとめ

TV版ではいきなり死んでしまう、おやっさんの活躍が描かれたエピソードでした。

おやっさんのコーヒーが不味いのは、工藤俊作からの流れかなと思いました。

作画担当の佐藤まさきさんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのOpenClipart-Vectorsによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

入道雲

雪女と蟹を食う 1

雪女と蟹を食う 1 ヤンマガKC 著:Gino0808 出版社:講談社 全てに疲れアパートで首を吊ろうとしている男。 彼はテレビで見た番組で、レポーターが蟹を食べている所を観ます。 自分が今まで生きて …

鯨 骨格

へんなものみっけ! 2

へんなものみっけ! 2 ビッグコミックス著:早良朋出版社:小学館 博物館への出向。最初は乗り気でなかった透でしたが、清棲の仕事を手伝ううち博物館の仕事に魅力を感じ始めます。余り知られていない博物館の裏 …

JAZZ

ブルージャイアント 9

ブルージャイアント 9 ビッグコミックススペシャル 作:石塚真一 出版社:小学館 今回は十代である事以外、特徴がないと言われた雪祈の怒りからスタートします。 あらすじ感想まとめ あらすじ フェスに出演 …

お菓子

ふしぎの国のバード 3

ふしぎの国のバード 3 ビームコミックス 作:佐々大河 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 実在のイギリス人女流旅行家、イザベラ・バードの旅の様子を描いた冒険旅行記、第3弾 第10話 会津道3 …

サクランボ

スキップとローファー 1

スキップとローファー 1 アフタヌーンKC 著:高松美咲 出版社:講談社 石川県鈴市凧島町(すずし いかしまちょう:架空の町) 過疎化の進む海沿いのその町に暮らす岩倉美津未(いわくら みつみ)はT大か …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。