漫画

BEAST of EAST ビーストオブイースト 第四巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年7月7日 更新日:

海底BEAST of EAST ビーストオブイースト 4 バーズコミックスデラックス
著:山田章博
出版社:幻冬舎

人魚を奪う為、鬼王丸達は宮中へ踏み込んだ。
玉藻前はそれを阻もうとするが、魔鍛冶衆の立烏帽子や清明に阻まれ、駆け付けた将門と共に東の空に消えた。

広告

あらすじ

鬼王丸は人魚の姫を宮中から奪い、彼女を海に帰した。
その際、血族の証として血を授かった。

人魚の血は鬼王丸の腕に印を刻み、彼は綿津見との繋がりを得た。

一方、玉藻前の操る空飛ぶ船で上総に戻った将門は、叔父たちを倒した。
その勢いは朝廷の政で苦役喘ぐ人々にとって、希望の光に見えた。
将門のもとには、人が集まりつつあった。

そんな折、玉藻前に道真が乗り移り一つの神託を下す。
神託は将門にみかどを名乗れというものだった。
あまりに神懸った様子に、その場にいた人々は将門こそが神に選ばれた真の王だと思い、彼を新皇と呼んだ。

その噂を聞いた鬼王丸は地獄町の顔役を、別の者に譲り仲間と共に京を後にした。

感想

今回、将門は一度命を失い、玉藻前の妖術で蘇ります。
古今東西、死者の復活にまつわる話は多いですが、どれも余り良い結果を生んだものは無いように思います。

この物語の将門も、記憶の混濁と意識が薄弱している様に描かれています。

蘇生といえば、映画ペット・セメタリ―(ペット・セマタリー)を思い出します。
特別な場所に死んだ者を埋めると、蘇り返ってくる。
しかし、蘇った者は見た目が同じだけで以前とはまるっきり変わってしまう。

黄泉平坂の話等もそうですが、死は生きている以上逃れられないもので、それにより失ったものを取り戻したいと願うのは、人の長い間の夢なのかもしれません。

広告

まとめ

この作品は現在この四巻までです。
刊行が四年から五年のペースなので、続きを気長に待ちたいと思います。

山田先生よろしくお願いします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのDžoko Stachによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

リボルバー

スティグマ 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

スティグマ 3 ビッグコミックス 著者:井浦秀夫 出版社:小学館 無実の罪で刑務所に二十五年服役したヤクザ、鬼束与(おにづか たすく)。 信じていた親分の穴黒侠介(あなくろ きょうすけ)の晩年を聞いた …

シダ

テオと止まり木のシュカ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

テオと止まり木のシュカ 1 マッグガーデンコミックスavarusシリーズ 著:イシコ 出版社:マッグガーデン 頭部は蜥蜴、前足は鳥、下半身は哺乳類の不思議な生き物サルワシ。 そのサルワシと共に暮らす少 …

烏賊

ダンジョン飯 第三巻 あらすじ・感想

ダンジョン飯 3 BEAMCOMIX 作:久井諒子 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 迷宮の地下四階までたどり着いた一行。 クラーケンを倒し寄生虫をかば焼きにしたり、それを生でたべたライオス …

分かれ道

スーパーカブ コミカライズ版 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

スーパーカブ コミカライズ版 6 角川コミックス・エース 漫画:蟹丹 原作:トネ・コーケン 出版社:KADOKAWA 小説スーパーカブのコミカライズ版第六巻。 冬が終わり季節は春、新学期となり小熊(こ …

空

夜光雲のサリッサ 第一巻 あらすじ・感想

夜光雲のサリッサ 1 リュウコミックススペシャル 原作:松田未来 作画:※Kome 出版社:徳間書店 天翔体と呼ばれる高高度に生息する生物と戦う、特殊な才能を持った少女の物語。 人々を守るため自身も忌 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。