漫画

ヴィンランド・サガ 第十八巻 第百二十三話 あらすじ・感想

投稿日:2019年2月13日 更新日:

ベルゲンヴィンランド・サガ18 アフタヌーンKC
作:幸村誠
出版社:講談社

かつてトルフィンが殺した男の娘、ヒルド。
復讐に燃える彼女は、食事に毒を入れたとトルフィン達に告げ、トルフィンとの一対一の対決を望んだ。

彼女に謝罪し、対話を試みるトルフィンだったが、彼女の怒りは収まらず姿を捉える事さえ難しい。
エイナルが森に踏み込んだことで、トルフィンは覚悟を決め、自身の身を囮にすることで、ヒルドの位置を特定する。

弩の特性上、再装填には時間がかかるはず、そのトルフィンの考えを彼女が考え作り出した弩は凌駕した。
足を打ち抜かれ動きを封じられたトルフィンは、彼女の前に膝を折る。
駆け付けたエイナル達の説得も、ヒルドの復讐心を押さえることが出来ない。

トルフィンは、彼女に殺されに戻ることを誓い、国を作るための数年間の猶予を請うた。
しかしヒルドはそれを受け入れず、引き金は引かれてしまう。
だが矢は空にむかって放たれていた。
彼女の父と師匠は、ヒルドが恨みと怒りに囚われて人を殺めることを止めた。

ヒルドはトルフィンの命を奪う事を保留し、彼を監視することを告げた。

広告

第123話 借り物の命

あらすじ
弩から矢が放たれトルフィンの眉間が打ち抜かれる。
その間も彼は願い続ける、どうか数年の時間をと……。

エイナルに揺り起こされトルフィンは目覚めた。
エイナルが言うにはヒルドとの戦いから丸一日たったようだ。
ここはノルウェーのベルゲン。レイフの知り合いの家らしい。

トルフィンは不意に解毒薬の事を思い出し、ベッドから起き上がろうとした。
しかしエイナルに傷口が開くと止められる。
彼は落ち着いた口調で、毒は盛られていなかった事をトルフィンに説明した。
全てはヒルドのハッタリで、解毒剤だと彼女が見せた瓶には、ただの塩が入っていたそうだ。

安心し枕に頭をゆだねるトルフィン。
横になったトルフィンにエイナルは体の心配をしろと話す。
トルフィンは全部で五発、弩の矢をもらっていた。
左足の骨は砕け、しばらくは絶対安静で春までは養生しろと告げられた。

貴重な時間を失ったことを謝罪するトルフィンに、エイナルは謝るのはそこじゃないと話す。
彼はトルフィンが、ヒルドにとどめを刺されそうになった時、諦めたことに対して怒っていた。

ずるいぞと言ったエイナルに、トルフィンも言い返す。
彼は都合三回、彼を庇って死のうとした。
死のうとはしていない、助けようとしただけだと反論するエイナルに、同じだ、お前の助け方はと声を上げ、ため息を吐く。

トルフィンはエイナルに謝罪し、命を諦めることはしないと約束した。
そして、この命は借り物で、ヒルドに返すまで大切に使わなくてはと続けた。
エイナルは、アルネイズの墓の前で誓ったことを忘れるなと口にする。

ヴィンランドに平和の国を作るまで、お前は死ねないんだ。
そう語るエイナルにトルフィンはお前もなと返した。

ヴィンランドに辿り着くまでは……。

所変わって、イングランド、イーストアングリア伯領。
夫婦が喧嘩をしている。
旦那が真面目に働かないのを妻が責めている。
声を荒げる妻に、旦那は声量を下げるよう宥めている。
ケンカしているとアレが来る。

旦那がそう呟いた直後、家の壁が吹き飛んだ。
そこには眼帯の大男が、両手に戦斧を携え立っていた。

戦争(ケンカ)と男は尋ねる。
怯える旦那に男は続けて言う。

「してたろ今、戦争(ケンカ)。
まぜろ。
オレもまぜろ戦争(ケンカ)。」

二人は喧嘩していないことを大声でアピールする。
男は呆けたような顔になり、戦争(ケンカ)をやっている場所を夫婦に尋ねた。
知りません!!と返答すると、駆け付けた男の部下が彼を回収し、旦那に壁の修繕費を渡して去って行った。

大男の名はトルケル。
イースト・アングリア伯に任じられ、一年以上戦争をしていない彼は、戦争に飢えていた。
そこに伝令が訪れる。

戦争かと期待した彼にもたらされた報は、クヌートからの軍の解散と、デンマークへの帰国を命じるものだった。
更にトルケルには、イングランドに従士と共に残り、所領安堵に尽力せよと命が下された。

トルケルは放心し、その場に崩れ落ちた。
これ以上の平和は、彼の命に関わることになりそうだ。

感想

傷も癒え、ベルゲンを発ったトルフィン達でしたが、ヨーム戦士団の次期首領の座をめぐっての争いに巻き込まれます。
戦争に飢えていたトルケルも参入し、平和な旅を望むトルフィンの願い空しく、否応なしに戦いの渦に飲み込まれていきます。

今回は少し成長したカルリの可愛さが際立っています。
他には新たに旅に加わった、ヒルドのスナイパーっぷりが凄まじいです。

ヴィンランドサガ・サガ 第十九巻 あらすじ・感想

こちらの作品はコミックDAYSにて一部無料でお読み頂けます。
作者の幸村誠さんのTwitterアカウントはこちら

広告

-漫画
-, ,

関連記事

キャンピングカー

渡り鳥とカタツムリ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

渡り鳥とカタツムリ 1 クランチコミックス 作:高津マコト 出版社:ワニブックス 仕事に疲れたサラリーマン、望月雲平(もちづき うんぺい)は仕事をボイコットし社用車で寝ていた所を犬を連れた美女に起こさ …

ポタージュ

ダンジョン飯 第五巻 あらすじ・感想

ダンジョン飯 5 ハルタコミックス 作:久井諒子 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン レッドドラゴンを倒し、マルシルの魔術によりファリンを蘇生させたライオスたち、ファリンの生還を喜びレッドドラ …

メス

ふしぎの国のバード 第六巻 あらすじ・感想

ふしぎの国のバード 6 ビームコミックス 作:佐々大河 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 実在したイギリス人女流旅行家、イザベラ・バードの旅の様子を描いた冒険旅行記、第6弾。 第25話 院内 …

カナッペ

ながたんと青と ―いちかの料理帖― 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

ながたんと青と ―いちかの料理帖― 3 KC KISS 著:磯谷友紀 出版社:講談社 四十名の予約を何とかやり切ったいち日(いちか)。 夫、周(あまね)の真意も聞き、彼が自分を道具としてしか見ない山口 …

夜の街

よふかしのうた 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

よふかしのうた 2 少年サンデーコミックス 著:コトヤマ 出版社:小学館 吸血鬼になる事を目指す夜守コウは、吸血鬼の七草ナズナの事を好きになろうと努力しています。 好きという感情が分からない中二男子と …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。