漫画

BEAST of EAST ビーストオブイースト 2

投稿日:

リンクスBEAST of EAST ビーストオブイースト 2 バーズコミックスデラックス
著:山田章博
出版社:幻冬舎

藻を九尾に奪われた鬼王丸は、王仁王丸と名乗り地獄町と呼ばれる、歓楽街の顔役に収まっていました。
一方、藻の体を乗っ取った九尾は、天子に取り入り名も玉藻前と変え、朝廷の中で力を振るうようになっていました。

広告

あらすじ

鬼王丸は表向きは歓楽街の顔役として活動していたが、裏では一緒に脱獄したアーマッド達と共に、盗賊家業に励んでいた。

光栄を通じて知り合った藤原純友から、玉藻前が遥々、天竺より何かを取り寄せたと聞いた鬼王丸は、それを奪うため行動を開始する。

将門の介入で盗みは失敗したが、箱の中身は髑髏の瓔珞(首や胸にかけた装飾品)だった。
仲間の一人、九尾の首に食いついていた方士から、髑髏はその昔、九尾が天竺にいた頃に首を刎ねた千人の僧の物の一部だという。

それは霊力の依り代としては最高の物らしい。

瓔珞は玉藻前から道満の手に渡り、彼は巨大なゴーレム「加羅倶利将軍」を完成させる。
加羅倶利将軍は作る際にも、動かす際にも大地に毒を垂れ流し、それは地霊であるドワーフを狂わせ、天は雨を降らす事がなくなった。

事態を重く見た清明は、朝廷から玉藻前を排除するため、彼女に雨乞いをするようけしかける。
玉藻前はそれなら二人で雨乞いをして、どちらが雨を降らす事が出来るか競い合おうと提案する。

玉藻前が負ければ京をさり、清明が負ければ蟄居閉門は免れない。
互いの進退をかけて雨乞いは始められた。

 

感想

鬼王丸、玉藻前、清明、将門、彼らの思惑を乗せて物語は進んでいきます。
キャラクタたちの中で、鬼王丸は言わずもがなですが、彼の仲間達も魅力にあふれています。

アラビア人のアーマッド、ヴァンパイアのリーゼンドルフ、山猫の獣人マレー、そしてカラスに寄生した方士。
彼らの過去をリーゼンドルフが語るシーンでは、たった一コマだけでその場の空気まで想像できました。

漫画は、ストーリと絵の力が駆け合わされば、文字だけでは表現できないものを一瞬で伝える事ができます。
それは時に描かれた以上の物を読者に感じさせます。

改めてすごい発明だと感じました。

まとめ

今回は終盤で玉藻前と鬼王丸が再会します。
玉藻前は九尾が入り込んでいるのですが、藻の心も完全に死んではいない様でした。

魂は肉体に引っ張られるという話を、すこし思い出してしまいました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのAlexas_Fotosによる画像です
広告

-漫画
-, ,

関連記事

白い花

ソフィアの円環 1

ソフィアの円環 1 BLADEコミックス 著:山田怜 出版社:マッグガーデン ヴィンクルムと呼ばれ人々から忌み嫌われる者である少年アルスは、ある時、何者かから“かえりたい”と語り掛けられます。 アルス …

パエリア

カワセミさんの釣りごはん 3

カワセミさんの釣りごはん 3 アクションコミックス 著:匡乃下キヨマサ 出版社:双葉社 大勢でワイワイするのが苦手なミサゴ、ずっとボッチだったカワセミ。 ハネジロやクロコとも友人になった二人ですが、や …

コンパスと地図

ダンピアのおいしい冒険 2

ダンピアのおいしい冒険 2 著:トマトスープ 出版社:イースト・プレス 十七世紀末、南洋(中央・南アメリカ周辺)の海を中心に活動していた私掠船バチェラーズ・ディライト号。 その船長であったジョン・クッ …

ヒトデ

ソウナンですか? 1

ソウナンですか? 1 ヤンマガKC 原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々 出版社:講談社 山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。 山賊ダイアリーでは、主に狩猟について描かれていましたが、本 …

山羊

赤ずきんの狼弟子 月への遺言 3

赤ずきんの狼弟子 月への遺言 3 著:茂木清香 獣人、人間、狩人、三種の人が住む世界で、本来狩る側と狩られる側の二人が師弟になる物語。 この作品は同人誌として発表された物で、商業版の主人公ウルとマニが …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。