漫画完結作品

WaqWaq ワークワーク 第四巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年6月28日 更新日:

緑と水WaqWaq ワークワーク 4 ジャンプコミックス
著:藤崎竜
出版社:集英社

最後の護神像スプンタ・マンユ(能面小面・六本腕)を操る防人は三賢者の一人ヨキでした。
そのスプンタ・マンユの能力で、父の姿をみたシオは思わず駆け寄り腹部を貫かれます。

深く傷つきながらシオは神さま(松田)を救う為、ヨキに戦いを挑みます。
しかしヨキはシオを圧倒し、アールマティはシオから分離してしまいます。

瀕死のシオにヨキは、自分の願い、赤き血の神の抹殺とその理由を語りました。
それは奴隷として生み出された、黒き血の人間の自由を勝ち取る為の戦いの歴史でした。

広告

あらすじ

神さまを救う為、アールマティと合体しようとするシオ。
しかしアールマティも傷つきそれに応える事が出来ない。

「お願いだ父ちゃん!!」

シオの叫びにアールマティが光を放つ。
光の中でシオに護神像達が語り掛ける。

“まだ戦うのか、体は限界を超えているのに。”

シオは言う
「それでも勝たないと、神さまが殺されてしまう」

護神像達は、シオの願いに応え完全に融合し合体する事を提案した。
だがそれはシオにとって命と引き換えになるとも告げる。

シオはそれをためらう事無く受け入れた。
護神像に残されたアルの心が言う。

「おまえにはもっと生きてほしかったがな。
おまえは悲しいぐらい俺に似た」

光と共に消えていくアルの心。

シオはアールマティが喰った他の三体の護神像、アシャ、アルムタート、ハルワタートと完全融合した。

その力の前にクシャスラの分裂も意味を成さず、ヨキのスプンタ・マンユを追い詰める。
ヨキは自身の願いの為、スプンタ・マンユをかつてアルが使った特攻形態に変えた。

ぶつかり合う、ヨキとシオ。
力は拮抗し、互いの護神像は砕け七体に分かれた。

感想

願いを預かる護神像。
防人の願いは、自分の為の物が多い様に感じました。
その中で、アルとシオだけが、人の為に願い戦っていたように感じます。

三賢者の一人、赤き血の神の賢者コトは、黒き血の人間をこの世界から消す事を望みました。
黒き血の賢者ヨキは赤き血の神の抹殺を、機械の賢者キクは神の言葉に従うのみ。

コトは最初からゲスイ感じでしたが、最後まで最低でした。(それはそれで芯が通っているのかも)
逆に神さま(松田)とシオは、一貫して優しく健気でした。

広告

まとめ

物語はこれで完結です。
藤崎さんは現在、銀河英雄伝説のコミカライズをしていますが、オリジナルの作品もまた読んでみたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのanalogicusによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

トマト

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 4 イブニングKC 原作:クマガエ 漫画:宮澤ひしを 出版社:講談社 漫画雑誌の編集者だった佐熊陽平(さくま ようへい)は十四年務めた出版社を …

ロボットと女性

エデン コミカライズ版 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

エデン 2 ヤングキングコミックス 原作:NETFLIX 原案:Justin Leach 漫画:磯本つよし 出版社:少年画報社 Netflixで全世界独占配信されたオリジナルアニメーションシリーズ「エ …

ラーメン

GIGANT ギガント 第六巻 あらすじ・感想

GIGANT ギガント 6 ビッグコミックススペシャル 著:奥浩哉 出版社:小学館 GANTZ、いぬやしきの奥浩哉さんの描く、SFファンタジー。 サタンの攻撃で被害が拡大するアメリカ、一方、日本は襲撃 …

沖縄

白暮のクロニクル 第二巻 あらすじ・感想

白暮のクロニクル 2 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 オキナガ―息長、不老不死の種族。 自殺を図った鳴宮涼子から話を聞くため、魁は血を使い彼女を一時的に蘇生させました。 しかし鳴宮 …

ドールハウス

果ての星通信(しょうつうしん) 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

果ての星通信(しょうつうしん) 2 PASH!COMICS 作:メノタ 出版社:主婦と生活社 マルコの自分が作った星を利用した脱走計画は失敗。 モスリに戻された彼は宙を泳ぐ奇妙な大魚に胸を通り抜けられ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。