漫画完結作品

PSYCHO+ サイコプラス DRIVE A

投稿日:2019年6月20日 更新日:

サボテンPSYCHO+ サイコプラス DRIVE A ジャンプコミックス
著:藤崎竜
出版社:集英社

藤崎竜さんの初の連載作品。
超能力を扱えるゲーム「PSYCHO+」それを手に入れた緑の髪と瞳を持つミュータントの少年、綿貫緑丸。
緑色という事がコンプレックスだった彼は、電脳少女と仇名される水の森雪乃との出会いにより、少しずつ変わり始めます。

広告

あらすじ

生まれつき髪と瞳が緑色の少年、綿貫緑丸。
彼はある冬の早朝、公園を散歩中に美少女に出会う。

彼女は何故緑色なのと緑丸に問う。
「生まれつきなんだ」と答えると、彼女は「綺麗ね」と返した。

その少女が同じ学校の生徒で、水の森雪乃だという事を友人のセンパイ(美少女が好きな老け顔の男・クラスメイト)から聞いた緑丸。

どうやら雪乃はゲームに勝てれば付き合うという条件で、付きまとう男たちを振っているらしい。
ゲームの腕に自信のあった緑丸は、中古ショップで手に入れたPSYCHO+というゲームで、雪乃に勝負を挑む事にした。

以前あった公園で、雪乃に勝負を申し込み、勝った時にはゲームで恋人を選ぶ事を、止めるよう緑丸は彼女に言う。

緑丸は知っているゲームだと、やり込んだ方が有利になるという理由からPSYCHO+を選んだのだが、雪乃にはプレイできず、緑丸が触ると画面は反応した。

プレイ出来たという事で、勝負は緑丸の勝ちとなったが、雪乃は納得出来ない。
どんなゲームかと画面を見ると、そこには木を動かしてみようと表示されていた。

緑丸がコントローラを操作すると、公園の木が轟音を立てて移動した。

感想

感想を書くため読み返してみたのですが、今読んでも、とても楽しく読む事が出来ました。

緑丸はミュータントとして、学校や日常で気味が悪いと言われています。
ですが、友人のセンパイや東田(骨好きのゲームマニア)、雪乃はその事を気にするでもなく、一つの個性として受け入れ、人として接します。

クールで優しい雪乃の何気ないセリフが、とても心に残ります。

 

まとめ

短編集のワールズ、今回のサイコプラスと、表紙デザイン、イラスト共にとても美しく幻想的で、最初に手に取った時は内容など知らずに購入しました。

初版で購入しずっと持ち続けていますが、手放さなくて良かったと本当に思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのSimon Steinbergerによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

軍艦島

しょうあんと日々。 1

しょうあんと日々。 1 MFコミックス キューンシリーズ著:桑佳あさ出版社:KADOKAWA 長崎市南西の洋上に浮かぶ島、端島。通称「軍艦島」と呼ばれるコンクリートで固められた島で、一本の硝安ダイナマ …

習字

子供はわかってあげない 下

子供はわかってあげない 下 モーニングKC 作:田島列島 出版社:講談社 探偵である門司の兄、明(あき)の力をかりて朔田は父の居場所を突き止めます。 彼女は夏休みの部の合宿に合わせ、父のいる江虫浜に明 …

モスクワ

アルマ 2

アルマ 2 ヤングジャンプコミックス 著:三都慎司 出版社:集英社 レイが辿りついた街ブカレスト。 街は生活を維持する為、多くのパンドラフレーム(ギジンの中にある自我を縛る為のプログラム)と呼ばれる制 …

珊瑚

木珊瑚の島(庭先塩梅 第5巻)

木珊瑚の島 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編、庭先塩梅第五弾。 各話あらすじ感想まとめ …

鳥

トライガン・マキシマム 8

トライガン・マキシマム 8 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクション。 今回は捕らえたヴァッシュを乗せて、方舟が飛び立つシーンから始まります。 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。