漫画完結作品

PSYCHO+ サイコプラス DRIVE A

投稿日:2019年6月20日 更新日:

サボテンPSYCHO+ サイコプラス DRIVE A ジャンプコミックス
著:藤崎竜
出版社:集英社

藤崎竜さんの初の連載作品。
超能力を扱えるゲーム「PSYCHO+」それを手に入れた緑の髪と瞳を持つミュータントの少年、綿貫緑丸。
緑色という事がコンプレックスだった彼は、電脳少女と仇名される水の森雪乃との出会いにより、少しずつ変わり始めます。

広告

あらすじ

生まれつき髪と瞳が緑色の少年、綿貫緑丸。
彼はある冬の早朝、公園を散歩中に美少女に出会う。

彼女は何故緑色なのと緑丸に問う。
「生まれつきなんだ」と答えると、彼女は「綺麗ね」と返した。

その少女が同じ学校の生徒で、水の森雪乃だという事を友人のセンパイ(美少女が好きな老け顔の男・クラスメイト)から聞いた緑丸。

どうやら雪乃はゲームに勝てれば付き合うという条件で、付きまとう男たちを振っているらしい。
ゲームの腕に自信のあった緑丸は、中古ショップで手に入れたPSYCHO+というゲームで、雪乃に勝負を挑む事にした。

以前あった公園で、雪乃に勝負を申し込み、勝った時にはゲームで恋人を選ぶ事を、止めるよう緑丸は彼女に言う。

緑丸は知っているゲームだと、やり込んだ方が有利になるという理由からPSYCHO+を選んだのだが、雪乃にはプレイできず、緑丸が触ると画面は反応した。

プレイ出来たという事で、勝負は緑丸の勝ちとなったが、雪乃は納得出来ない。
どんなゲームかと画面を見ると、そこには木を動かしてみようと表示されていた。

緑丸がコントローラを操作すると、公園の木が轟音を立てて移動した。

感想

感想を書くため読み返してみたのですが、今読んでも、とても楽しく読む事が出来ました。

緑丸はミュータントとして、学校や日常で気味が悪いと言われています。
ですが、友人のセンパイや東田(骨好きのゲームマニア)、雪乃はその事を気にするでもなく、一つの個性として受け入れ、人として接します。

クールで優しい雪乃の何気ないセリフが、とても心に残ります。

 

まとめ

短編集のワールズ、今回のサイコプラスと、表紙デザイン、イラスト共にとても美しく幻想的で、最初に手に取った時は内容など知らずに購入しました。

初版で購入しずっと持ち続けていますが、手放さなくて良かったと本当に思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのSimon Steinbergerによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

プール

子供はわかってあげない 上

子供はわかってあげない 上 モーニングKC 作:田島列島 出版社:講談社 高校二年生の朔田美波は水泳部の練習中、屋上に人影を見つけます。 気になった朔田は練習後、屋上に向かいました。 其処では男子生徒 …

沖縄

白暮のクロニクル 2

白暮のクロニクル 2 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 オキナガ―息長、不老不死の種族。 自殺を図った鳴宮涼子から話を聞くため、魁は血を使い彼女を一時的に蘇生させました。 しかし鳴宮 …

図書館

白暮のクロニクル 1

白暮のクロニクル 1 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 オキナガ―息長、不老不死の種族。 保健所に勤務していた伏木あかりは、立ち入り検査を行っていた焼き肉店で胸を刺された遺体を発見し …

棚田

白暮のクロニクル 3

白暮のクロニクル 3 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 オキナガとして彼らの関係した事件を調査している魁。 彼が羊殺しに執着する理由、それは思い人だった棗を殺害された事が原因でした。 …

スープ

レディ&オールドマン 7

レディ&オールドマン 7 ヤングジャンプコミックス・ウルトラ 著:オノ・ナツメ 出版社:集英社 行方不明だったシェリーの母との再会も果たし、物語は最大の謎であるロブとラスの不老不死の秘密へとシフトして …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。