漫画完結作品

WaqWaq ワークワーク 第三巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年6月27日 更新日:

オアシスWaqWaq ワークワーク 3 ジャンプコミックス
著:藤崎竜
出版社:集英社

防人ドレクセル(デカい・人の話聞かない)を倒し、植物を操る護神像アムルタートを吸収したシオのアールマティ。

ドレクセルの支配していた六の村の村人フラン(忍者オタク)を加え松田(JK・神)の行方を追うシオの前に、水を操る護神像ハルワタートを持つ、防人ノール(美人・男)が現れます。

広告

あらすじ

ノールは弟の病、機械病を治す為、シオに襲い掛かる。
豊富な水の有るオアシスでの戦闘は、水を自在に操るハルワタートの独壇場だった。

シオは取り込んだアシャの炎の能力で対抗しようとするが、相性が悪く呼び出した炎はジュッと言う音と共に、大量の水でかき消された。

次にシオはアールマティの能力で、オアシスの水を飲み干そうとするが、当然の様に限界を迎え、盛大にリバースしてしまう。
しかも何故か戻った水の量は増えていた。

ノールはシオに止めを刺す為、水を操り水球の中に閉じ込めた。
溺れかけるシオだったが、取り込んだアムルタートが反応する、

シオはアムルタートの植物の能力で水を吸収した。

殆どの水を奪われたノールは、護神像と合体し最後の勝負にでる。
高圧の水をレーザーの様に放ち攻撃を行うノール。

シオはアシャの力を使い、ハルワタートが全方位に放つ水撃に道をつくり、左手でハルワタートを食いちぎった。
逃げ出したハルワタートをアールマティは喰らい、これでシオはアールマティを含め四体の護神像を手に入れた。

ちなみにノールの弟のミールは、先天性の機械病で死ぬ事はなく、逆に彼の機械化した足は自由に空を飛べるため、ミール自身は直して欲しくないと思っている。

感想

この巻では最後の護神像、スプンタ・マンユが登場し、物語はクライマックスへと向かっていきます。

後半ではカーフとスプンタ・マンユの戦いも描かれるのですが、結局ウォフ・マナフの能力が何だったのか、よく分からないままでした。

wikiによると善悪の分別を司るとか、人間を天国で最初に迎えるとか書かれていて、中世以降は、家畜の守護神とされていたようです。

家畜の守護神なので、動物がいれば強いのかも。(ちなみにこの作品で動物が描かれた事は、私が確認する限り一度もない。)

広告

まとめ

物語も後半に突入し、三賢者が何者であるか等も語られました。
次巻で物語は完結です。
願いをかけてシオは神と戦う事になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのGero Birkenmaierによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

ベース

スインギン ドラゴン タイガー ブギ 第六巻 あらすじ・感想

スインギン ドラゴン タイガー ブギ 6 モーニングKC 作:灰田高鴻 出版社:講談社 ピアニストの志摩時子(しま ときこ)の過去の告白を聞いた龍治(たつじ)は、彼女がピアノを弾けなくなった原因を作っ …

遠吠え

オオカミライズ 第五巻 あらすじ・感想

オオカミライズ 5 ヤングジャンプコミックス 著:伊藤悠 出版社:集英社 アキラの想い人、蛍(ほたる)の墓の事での誤解が解けないまま、彼は親友であり倭狼(ウォーラン)となったケンとぶつかる。 中国側の …

狸

社畜と幽霊 第二巻 登場人物・感想

社畜と幽霊 2 ヤングジャンプコミックス 著:日日ねるこ 出版社:集英社 ブラック企業に勤める背山通と、会社に取りついている幽霊のお話第二弾です。 今回は背山の元カノ、動物霊、幽霊萌えの占い師、外国の …

通天閣

庭先案内 第六巻 各話あらすじ・感想

庭先案内 6 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内としては最終巻ですが、タイトルを毎回変える形で …

雨と傘

バトルグラウンドワーカーズ 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

バトルグラウンドワーカーズ 4 ビッグコミック著:竹良実出版社:小学館 シャムシールを行動分析とチームプレイで倒した31小隊。彼らは人類連合の仲間達に拍手で出迎えられます。しかし、堂島だけはスタンドプ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。