漫画完結作品

トクサツガガガ 第十六巻 第百五十五話 あらすじ・感想

投稿日:2019年6月6日 更新日:

道頓堀
トクサツガガガ16

作:丹波庭
出版社:小学館/ビッグコミック

中村叶、27歳、OL、特撮オタク。
母と話し合う為、大阪に向かうことにした叶。
叶はそれに合わせて、吉田さん、北代さんと一緒に名古屋へ向かい、みやびさんと合流して大阪という旅行の計画を立てました。

獣将王の最終回、そして母との決戦が迫る第十六集。

広告

第155話 旅の続き あらすじ

名古屋のホテルの一室。
獣将王の最終回を見終えた叶と吉田さんは死んでいた。

北代さんは呆れ、みやびさんは作品の出来が良かった尊死なのか、出来が悪くショック死なのか気にしていた。

復活した二人に、最終回について尋ねると、二人からは深いため息しか返ってこない。
吉田さんは北代さんのみやびさんに、逆にどうだったか尋ねるが、二人は叶と吉田さんのリアクションの方が気になり、作品どころでは無かったようだ。

北代さんに内容はどうだったのと尋ねられ、叶は改めて考える。
路線変更や設定など一年色々あったが、三十分、熱い展開でよくぞおさめたというのが感想だった。

師匠の変身や毒濁刀の実体化、説明だけで何もしない牛など不満点は色々ある。
二人の苦悩を他所に、ドルオタたちは朝食に向かう。

聞いてきたのに聞かへんのかーいッ!!

北代さんは一応聞いたけど、そんな興味ないと冷たく言い、みやびさんはご飯食べたほうが、考えがまとまると叶たちを促した。

朝食はバイキングだった。
他の三人がパンを選ぶ中、みやびさんだけはケーキをチョイスした。

そこはパンかご飯ではと言う三人に、みやびさんは「誤前提提示」って言うんですと返した。

誤前提提示、提示される選択肢以外にも、候補があっても、AとBを提示されると、どちらかから選んでしまう心理。

叶それで気付いた。
良いか悪いかで聞かれていたから、困っていたがそうでは無く、自分は観てよかったなぁと思えたし、大好きですと断言した。

そもそも、最終回が多少まずくても、一年分の貯金がある。
キレイに終わらないからって、キライもガッカリもない。

ドルオタの二人は、「観てよかった」で感想決まってるワケなと呆れた。
今までの騒ぎは何だったのと聞く北代さんに、叶はプロレスでいう所のアングルと答えた。

※アングル 試合を盛り上げるための抗争。実際は揉めてない。

吉田さんは感想は決めてないけど、一年観てきたことによる「スキ」に押し潰されて、どこがいいか見分けがつかなくなっているとみやびさんに説明した。

サザンクラウザーの様に押し潰されず残る場合もあるけどと言う吉田さんに、みやびさんはホントにスキなんですねと言う。
それに許せないとこは一杯あるけど、とってもスキですと吉田さんは笑顔で答えた。

獣将王が始まってから、色々あった一年だった。
ショーに初めて行って、吉田さんに出会って、北代さんとピリピリして、上映会や撮影会、失敗や後悔。

それでも最後に残るのは、
一年皆と一緒に旅してきて、よかったなぁという気持ちだ。

私達の旅行はまだ続くけど、そんなふうに終われるといいなと叶は思った。

感想

今回は一冊丸々旅行編です。
前半は名古屋、後半は大阪で物語は展開します。

この漫画と一緒に進んできた獣将王も、この巻で最終回を迎えます。
実際に番組を見ていた訳では無いのに、ずっと見続けていた作品が終わった時の、満足感と寂しさのような物を感じました。

広告

まとめ

今回は、吉田さんの徹夜明けのテンション、ビーボーイズのイベント、雪の中でのミニチュア撮影、獣将王最終回前夜、獣将王最終回、旅行の思い出、お好み焼き、親とは等です。

次巻はいよいよお母ちゃんと再会編です。
自集予告がバイオレンスでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのJason Gohによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

砂漠

逃げる少女 ~ルウム復活暦1002年~ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

逃げる少女 ~ルウム復活暦1002年~ 2 ボニータ・コミックス 著:紫堂恭子 出版社:秋田書店 何かに追われる少女ジュスベル。 彼女が語る故郷、カルワリアのセミタ村。 元兵士で地理に明るいセスも、そ …

東京ビッグサイト

メタモルフォーゼの縁側 第三巻 あらすじ・感想

メタモルフォーゼの縁側 3 著:鶴谷香央理 出版社:角川書店 「私なんか」そう言っていたうららは、雪の言葉に背中を押され、漫画を描き始めます。 彼女との時間は楽しい。 しかし、雪の体を気遣ったうららは …

砂場

師匠シリーズ コミカライズ版 第二巻 -黒い手- 登場人物・あらすじ・感想

師匠シリーズ 2 -黒い手- ヤングキングコミックス 漫画:片山愁 原作:ウニ 出版社:少年画報社 web発の人気オカルト小説のコミカライズ版。 第二巻となるこの巻には、砂場、三人目の大人、黒い手、そ …

プールサイド

白暮のクロニクル 第五巻 あらすじ・感想

白暮のクロニクル 5 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 デリヘル嬢連続殺人事件。 それは一人の男の想いが歪んで起こされた物でした。 事件解決に当たり魁と衝突したあかりは、少し彼と距離 …

バー

着たい服がある 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

着たい服がある 2 モーニングKC 作:常喜寝太郎 出版社:講談社 無事教育実習を終えたマミでしたが、雑誌KERAの編集者の近藤の取った写真がストリートスナップとしてwebに掲載され、隠していたロリー …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。