漫画完結作品

ヨシノズイカラ 第一巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年6月7日 更新日:

海
ヨシノズイカラ 1 ガンガンコミックス

著:ヨシノサツキ
出版社:スクエアエニックス

ばらかもんのヨシノサツキさんの新作。
離島に暮らすコミュ障気味の漫画家「遠野成彦」が今までの路線を変更し、自身の暮らす離島をテーマにした作品を書く所から、物語はスタートします。

広告

あらすじ

遠野成彦(32)は離島に暮らす売れない漫画家だ。
彼は今までファンタジー作品を中心に作品を発表していたが、読み切り二本、連載三本(全て打ち切り)と今一つ波に乗れずにいた。

担当に次は流行りの異世界転生はどうかと提案するが、担当からは日常系はどうかと返される。
離島に住んでいる事を活かし、田舎の少年の青春日常系。

勇者もドラゴンもスライムも出てこない、今までのジャンルとは全く違うが、瀬戸際の成彦には断る事は出来なかった。

離島を舞台にしたため、作画資料は外に出れば簡単に手に入る。
釣の場面の資料を得るため、スマホ片手に、アシスタントのとし坊(松尾敏人22歳)と一緒に港へ向かう。

漁船を撮っていると、地元の漁師、岩男バンに怒られたり、磯の写真を撮っていると、再会した高校時代の同級生、笹山がちゃんとお父さんをやっている事にショックを受けたりした。

帰りの車の中、成彦は思う。
こんなの自分が夢見た漫画家じゃない。
彼は売れたかった。

「もっと求められたい。」

そう呟き成彦はとし坊に、新しいネームが面白かったか聞いた。
とし坊は面白かったと返した。
彼は今まで成彦が描いてきたファンタジーは、難しかったと話し、今度のは、遠野先生っぽくて面白かったと続けた。

自分以外が面白いと言ってくれるなら、それでいいかと呟きネームをかき上げた。
ネームは通り、成彦は連載をスタートさせた。

感想

メンタル弱めな成彦と、時に辛辣なとし坊の二人が二人三脚で作品を作り上げていきます。

物語は島での生活がメインに描かれ、ばらかもんの時、たまが陥った離島での漫画やアニメ事情(本が届くのが遅い、アニメはそもそも放送されない)等のエピソードも盛り込まれ、離島はオタクに厳しい事が窺えます。

広告

まとめ

描きたい作品が必ずしも売れる作品ではないし、自分に合っているとは限らないという事がよく分かります。

次巻がとても楽しみな作品です。

この作品はこちらで一部無料で読む事が可能です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのauntmasakoによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-,

関連記事

稲刈り

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 2 イブニングKC 原作:クマガエ 漫画:宮澤ひしを 出版社:講談社 漫画編集としての情熱を担当していた漫画雑誌の休刊で失い、会社を辞めて米作 …

路地

猫が西向きゃ 第二巻 各話あらすじ・感想

猫が西向きゃ 2 アフタヌーンKC 著:漆原友紀 出版社:講談社 ヒロタフロー株式会社。 空間の浮動化現象フロー。 それが引き起こす様々な現象に対処する事がお仕事の会社。 そこで働く二人と一匹の日々を …

静岡

ぽんこつポン子 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

ぽんこつポン子 1 ビッグコミックス 作:矢島圭太 出版社:小学館 今より少し先の未来。 寂れた海辺の町日坂町で暮らす老人、吉岡ゲンジ。 ある日、彼の家にメイド姿の少女が訪ねて来ます。 彼女は家政婦ロ …

大根

いちげき 幕末一撃必殺隊 コミカライズ版 第三巻 あらすじ・感想

いちげき 3 SPコミックス漫画:松本次郎原作:永井義男出版社:リイド社 襲撃を受けた薩摩の御用盗指揮官、相良は藩士の海江田達を呼び寄せ襲撃者の正体を探らせます。それとは別に動いていた伊牟田も必殺隊が …

指輪

妻、小学生になる。 第九巻 登場人物・あらすじ・感想

妻、小学生になる。 9 芳文社コミックス 作:村田椰融 出版社:芳文社 圭介(けいすけ)に好意を寄せていた彼の部下、守屋(もりや)。 圭介は彼女の告白を断り、万理華(まりか)が実は亡き妻、貴恵(たかえ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。