漫画完結作品

ソウナンですか? 第九巻 あらすじ・感想

投稿日:2021年10月9日 更新日:

花火
ソウナンですか? 9 ヤンマガKC

原作:岡本健太郎
漫画:さがら梨々
出版社:講談社

山賊ダイアリーの岡本健太郎さん原作のサバイバル漫画。

竹を材料にした双胴船を作り、日本に帰ろうと外洋に乗り出したほまれ達。
順調に思えた船旅だったが嵐に巻き込まれ、波に攫われたむつを助けようとしたほまれが流されてしまう。

広告

あらすじ

ほまれが結んだロープで波にさらわれたむつは助かったものの、荒れた海はほまれを押し流した。
夜が明け、嵐が去った船上で残されたあすか、しおん、むつの三人はほまれの身を案じ涙を流した。

やがて涙も枯れ、三人はほまれは生きていると行動を開始する。
現状、船はアンカーを落としていても風を受け時速四キロ程で動いている。
つまり、ほまれが何か浮く物に掴まっていたとしても、彼女との距離は離れるばかりだ。

そこでむつは浅瀬や岩礁、潮目などでの停泊を提案する。
水も流された為、切り詰めても2~3日しか持たない。
ほまれを待てば助かる確率はかなり少なくなる。

「それでもいいですか?」

不安げに尋ねたむつにあすかもシオンも笑みを浮かべむつに賛同した。
助かるなら四人で。
そう言ったシオンの言葉で、むつは皆ほまれが生きていると信じているのだと瞳を潤ませた。

感想

今回は離れ離れになったほまれと再会する為、あすか、シオン、むつの三人は自分達に出来る事を精一杯行いました。
またほまれもあすか達の頑張りに応え懸命に動きます。

この巻ではサバイバル経験の無い三人を引っ張って来たほまれがいない中、あすか達は島での生活でほまれに教わったノウハウを活かし、自ら考えほまれとの合流を目指します。

三人ともそれぞれ必死に動いていましたが、中でも一番大人しいイメージのむつがリーダーシップを取り動いていたのが印象に残りました。

助かるなら四人で。
彼女達のサバイバル生活で培われた絆が垣間見える巻でした。

まとめ

この巻でほまれ達の遭難生活は終了。
次巻では日本に戻った彼女達の生活が描かれる様です。
どんな事になるのか、次巻も楽しみです。

この作品はヤングマガジン公式サイトで無料試し読みが可能です。
原作の岡本健太郎さんのTwitterアカウントはこちら
漫画担当のさがら梨々さんのTwitterアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのkurt duschekによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

すすき

いちげき 7

いちげき 7 SPコミックス漫画:松本次郎原作:永井義男出版社:リイド社 必殺隊を率いた元新選組の和田(わだ)は相良(さがら)のピストルの前に破れ、襲撃は失敗に終わりました。その後、もう一人の必殺隊の …

砂漠

WaqWaq ワークワーク 1

WaqWaq ワークワーク 1 ジャンプコミックス 著:藤崎竜 出版社:集英社 機械が人を襲う荒廃した世界。 そんな世界に現代から一人の少女が召喚されます。 少女を呼び込んだ存在は、彼女に神になっても …

白頭鷲

キャンディ&シガレッツ 5

キャンディ&シガレッツ 5 ヤンマガKC 著:井上智徳 出版社:講談社 COPPELIONの作者の描く、元SPの老人と暗殺者の少女の物語。 あらすじ感想まとめ あらすじ 無双を追った美晴と雷蔵は、無双 …

キノコと苔

地図苔の森(庭先塩梅 第3巻)

地図苔の森 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編、庭先塩梅第三弾。 各話あらすじ感想まとめ …

空

トライガン・マキシマム 14

トライガン・マキシマム 14 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描くSFガンアクションです。 今回はナイブズの腹心レガートとの決着から、物語はスタートします。 …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。