漫画完結作品

こはぜ町ポトガラヒー ~ヒト月三百文晦日払~ 3

投稿日:

カメラ
こはぜ町ポトガラヒー ~ヒト月三百文晦日払~ 3 ビッグコミックス

作:昌原光一
出版社:小学館/ビッグコミック

貧乏御家人鳴滝家。
彼らが屋敷内に建てた長屋に、店子のおりんとひと悶着あった女、登勢(とせ)が加わる事になりました。
そんな事もありつつ、相変わらずな日々を送る大家の弥一郎(やいちろう)にも時代の波が押し寄せ……。

広告

登場人物

門田(もんでん)
廻り医者
労咳を患い長屋を出た嘉助の暮らす貧民街の住人を診て回っている。

美也(みや)
弥一郎の元許嫁
涙ボクロの美人。
弥一郎が問題を起こした事で婚約は無くなり、現在は勘定方の間宮亀万太(まみや きまた)の妻となっている。
直新陰流の使い手、関口孫左(せきぐち まござ)を父に持ち、彼女も小太刀を使う。

間宮亀万太(まみや きまた)
美也の旦那
盆栽が趣味ののんびりした男。
なんか懐が大きい。

あらすじ

貧乏御家人鳴滝家。
その鳴滝家の屋敷の敷地に長屋を構え、大家を営む居候の鳴滝弥一郎。
かつての許嫁との再会等ありながら、相変わらずな日々を送る弥一郎であったが、世の中は黒船来航等、江戸幕府による支配から新たな時代へと進み始めていた。

剣で名を知られた弥一郎の下にも、戦いへ参加せよとの誘いが連日押しかけ……。

感想

今回は年明け、正月の長屋で新たな住人、登勢と才助(さいすけ)の一幕から始まり、長屋を出た労咳持ちの嘉助の暮らし、元許嫁の美也と弥一郎の再会、店子の辰次の父親の葬式、明治維新などが描かれました。

ただ、時代が変わっても弥一郎は弥一郎のまま飄々と毎日楽しそうに暮らしていました。

変わっていく世の中で変わらずに続いていくもの。
彼らの日々があったから今があるんだなぁと、読んでいてそんな事を思いました。

まとめ

この巻で侍が大家を務める長屋のお話は完結。
ブログを書くにあたって、今回、改めて読み返してみましたが当たり前の日常を描きながらも、どの話もやっぱり面白かったです。

弥一郎とおりんの事など、もう少し続きが読んでみたい、そんな作品でした。

この作品は小学館公式サイトにて第一話が無料でお読みいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのGDJによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

猫親子

猫が西向きゃ 3

猫が西向きゃ 3 アフタヌーンKC 著:漆原友紀 出版社:講談社 フローと呼ばれる様々な影響を起こす自然現象がある世界。 そのフローに対処する二人と一匹の日々を描いた作品、完結巻。 各話あらすじ感想ま …

紅葉

私の神様 2

私の神様 2 ガンガンコミックス 著:夢野つくし 出版社:スクエアエニックス 永遠に少年の姿の神様「先生」。 その先生からかずさはゴーストライターをしないかと打診されます。 迷った末にそれを引き受けた …

月と海

時給三〇〇円の死神 コミカライズ版 3

時給三〇〇円の死神 コミカライズ版 3 アクションコミックス 原作:藤まる 作画:桐原いづみ 出版社:双葉社 この世に未練を残して死んだ人々。 生きていた頃と変わらぬ暮らしを続ける、その死者の未練を晴 …

ペンと紙

カイニスの金の鳥 2

カイニスの金の鳥 2 著:秦和生 出版社:イーストプレス ロンドンに出て小説家マイルズの隣の部屋で暮らし始めたリア(アラン)は人気作家カール・ダンヒルに会う為出掛けたスラムからの帰り、雨に降られ風邪を …

オリックス

狩猟のユメカ 1

狩猟のユメカ 1 イブニングKC 著:古部亮 出版社:講談社 埼玉県秩父市山中、猟銃で鹿を狩っていた女性ハンターのユメカは、日本にいる筈の無い羚羊(れいよう)オリックスと遭遇します。 身の危険を感じ銃 …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。