漫画完結作品

白暮のクロニクル 10

投稿日:2019年6月2日 更新日:

クリスマスツリー白暮のクロニクル 10 ビックコミックス
著:ゆうきまさみ
出版社:小学館

桔梗凪人(茜丸)が羊殺しの真犯人だと断定した魁達ですが、足取りは依然として不明でした。
そんな時、あかりの行方が分からなくなったと連絡が入ります。

広告

あらすじ

羊殺しの被害者の共通点。
それは大柄な女性ではないかと、当たりを付けた魁。
伏木あかりは180センチを超える身長だ。

まさかそんな事でと自分の予想を打ち消す魁のもとに、久保園から連絡が入った。
別の外勤職員が、新宿のアドホック前であかりを見かけたらしい。

彼女は小柄な少年と、歌舞伎町方面に消えたというのだ。
茜丸だと焦る魁に、捜索の応援として呼んでいた巻上が、諦めないで何度も電話を掛けてみろと促す。

巻上の言葉で、それもそうだと魁はあかりに電話を掛ける。
繋がった先は茜丸だった。

あかりがそこにいるのか尋ねる魁に、彼はいますよーと軽い調子で答える。
何をするつもりか問い質す魁に、茜丸は殺害をほのめかす言動を続けた。

茜丸は24日にあかりを殺害する事を、におわす言葉を残し電話を切った。

人海戦術での捜索や、あかりの携帯のGPS信号から居場所を追うが、それは茜丸の罠で携帯はコンビニの配送トラックから発見された。

捜査は進まず、果ては茜丸からの電話で、内通者のいる疑いも浮上した。

誰も信じられない状況で、魁は茜丸とあかりの居場所の割り出しにかかる。

携帯は茜丸の罠だったが、トラックに乗せる為には配送ルート上のどこかでトラックに接近しなければならない。
魁は二人が新宿駅に向かった事から推測し、荻窪に当たりを付け、一人按察使文庫を飛び出した。

感想

今回は羊殺しの真犯人、茜丸との直接対決が描かれます。
捕らえられたあかりを救う為、魁は奔走します。

茜丸はあかりとの会話の中で、殺人が面白いからやっているのでは無く、やらないといられないからやっていると語りました。

彼の中では何かを殺す行為は、息をするのと同じレベルなのかもしれません。

まとめ

ずっと追い続けた羊殺しの犯人、彼を前にして魁のとった行動とは…。
次巻で物語は完結です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのJoseph Kenによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

子猫

ヨシノズイカラ 3

ヨシノズイカラ 3 ガンガンコミックス 著:ヨシノサツキ 出版社:スクエアエニックス 東京でのサイン会も無事終わり、島に戻った成彦は新たなキャラを漫画に登場させようとしていました。 彼が作ったキャラク …

白鳥

着たい服がある 4

着たい服がある 4 モーニングKC 作:常喜寝太郎 出版社:講談社 バイトを辞めショップで働き始めた小澤。 忘れ物を渡すという事を口実に、マミはニューヨークへ買い付けに行く小澤と空港で会う事が出来まし …

チベタン・マスチフ

テンジュの国 2

テンジュの国 2 KCデラックス 著:泉一聞 出版社:講談社 カン・シバとモシ・ラティは、ラティのホームシック等もありましたが順調に想いを育んでいるようです。 あらすじ感想まとめ あらすじ お使いの帰 …

スパゲッティ

トライガン・マキシマム1

トライガン・マキシマム1 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクションです。 掲載誌を変えて連載された前作「トライガン」からの続編です。 #1 H …

ランプ

黒博物館 ゴーストアンドレディ下

黒博物館 ゴーストアンドレディ下 モーニングKC 作:藤田和日郎 出版社:講談社 ※こちらは多分に上巻のネタバレを含みます。ご注意ください。 ドルーリー・レーン王立劇場で〈灰色の服の男〉グレイと出会っ …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。