漫画完結作品

白暮のクロニクル 第十巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年6月2日 更新日:

クリスマスツリー
白暮のクロニクル 10 ビックコミックス

著:ゆうきまさみ
出版社:小学館

桔梗凪人(茜丸)が羊殺しの真犯人だと断定した魁達ですが、足取りは依然として不明でした。
そんな時、あかりの行方が分からなくなったと連絡が入ります。

広告

あらすじ

羊殺しの被害者の共通点。
それは大柄な女性ではないかと、当たりを付けた魁。
伏木あかりは180センチを超える身長だ。

まさかそんな事でと自分の予想を打ち消す魁のもとに、久保園から連絡が入った。
別の外勤職員が、新宿のアドホック前であかりを見かけたらしい。

彼女は小柄な少年と、歌舞伎町方面に消えたというのだ。
茜丸だと焦る魁に、捜索の応援として呼んでいた巻上が、諦めないで何度も電話を掛けてみろと促す。

巻上の言葉で、それもそうだと魁はあかりに電話を掛ける。
繋がった先は茜丸だった。

あかりがそこにいるのか尋ねる魁に、彼はいますよーと軽い調子で答える。
何をするつもりか問い質す魁に、茜丸は殺害をほのめかす言動を続けた。

茜丸は24日にあかりを殺害する事を、におわす言葉を残し電話を切った。

人海戦術での捜索や、あかりの携帯のGPS信号から居場所を追うが、それは茜丸の罠で携帯はコンビニの配送トラックから発見された。

捜査は進まず、果ては茜丸からの電話で、内通者のいる疑いも浮上した。

誰も信じられない状況で、魁は茜丸とあかりの居場所の割り出しにかかる。

携帯は茜丸の罠だったが、トラックに乗せる為には配送ルート上のどこかでトラックに接近しなければならない。
魁は二人が新宿駅に向かった事から推測し、荻窪に当たりを付け、一人按察使文庫を飛び出した。

感想

今回は羊殺しの真犯人、茜丸との直接対決が描かれます。
捕らえられたあかりを救う為、魁は奔走します。

茜丸はあかりとの会話の中で、殺人が面白いからやっているのでは無く、やらないといられないからやっていると語りました。

彼の中では何かを殺す行為は、息をするのと同じレベルなのかもしれません。

広告

まとめ

ずっと追い続けた羊殺しの犯人、彼を前にして魁のとった行動とは…。
次巻で物語は完結です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのJoseph Kenによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

車

ノー・ガンズ・ライフ 第十一巻 登場人物・あらすじ・感想

ノー・ガンズ・ライフ 11 ヤングジャンプコミックス 著:カラスマタスク 出版社:集英社 復興庁国防局局員、メレル・ダッチからの依頼を受け、毒ガスを抱えた飛行型拡張体であるスカーレット(床屋の娘)の本 …

トマト

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 4 イブニングKC 原作:クマガエ 漫画:宮澤ひしを 出版社:講談社 漫画雑誌の編集者だった佐熊陽平(さくま ようへい)は十四年務めた出版社を …

恐竜

トクサツガガガ 第十巻 第九十三話 あらすじ・感想

トクサツガガガ10 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 駄作鑑賞会を終え、仲間としての絆も深まった叶たち。 しかし、最近様子のおかしかった吉田さんにはある秘 …

オアシス

WaqWaq ワークワーク 第三巻 あらすじ・感想

WaqWaq ワークワーク 3 ジャンプコミックス 著:藤崎竜 出版社:集英社 防人ドレクセル(デカい・人の話聞かない)を倒し、植物を操る護神像アムルタートを吸収したシオのアールマティ。 ドレクセルの …

プレートアーマー

代闘士ハイコの事件簿 第一巻 設定・登場人物・あらすじ・感想

代闘士ハイコの事件簿 1 モーニングKC 原作:伊勢ともか 漫画:久園亀代 出版社:講談社 剣と魔法の世界、そこでは決闘裁判と呼ばれる戦いによって罪の可否を問う物が行われていました。 主人公のハイコ・ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。