漫画完結作品

白暮のクロニクル 8

投稿日:2019年5月31日 更新日:

ワイン白暮のクロニクル 8 ビックコミックス
著:ゆうきまさみ
出版社:小学館

羊殺しを題材にした映画は、主演俳優が毒殺されお蔵入り、更に追い詰められた犯人の自殺によって、謎を残したまま終わります。

広告

あらすじ

11月下旬、羊殺しの犯行周期まで、あと一か月に迫ったある日、あかりは魁に、伊勢佐木町に呼び出された。

この街にかつてあった店「ぼなぁる」で魁は棗と再会し、その後彼女は羊殺しにより殺害された。

魁はあかりに棗の仇を取りたいか尋ねた。
あかりは羊殺しを放っておくわけにはいかないと答えるが、魁は社会正義の為なら付き合う必要はないと返した。

あかりは父は苦しかったと思うと話した。
父を引き取った棗の妹、綾音は死ぬまで棗の死の内容は父に話さなかった。

魁も当時の事を思い出し、綾音に恨まれていたと答えた。
羊殺しという殺人者の所為で、多くの人が苦しんだ。
あかりは皆の仇を取りたいと魁に告げた。

その後、二人で食事を取っていると、あかりの携帯に自分は羊殺しの被害者であると話した、映画のヒロイン役だった鈴川なえから話したいことがあると連絡が入った。

魁とあかりは後日、光明苑を尋ね鈴川なえと面会した。
彼女は自分が事件に遭遇したのは、昭和18年と語った。

棗が死んだのは昭和30年。羊殺しの最初の犯行は棗では無かった。
そう考え更に話を聞こうとする魁を止め、なえはあかりに竹之内の事を聞いた。

直属という訳では無いが、上司だとあかりは答え、彼を知っているのかとなえに聞いた。

彼女はそれに昭和18年から知っていると答えた。
なえは犯人が竹之内ではないかと、事件当時から疑っていると話した。

感想

今回はあかりの上司であり、魁の血分けの親である竹之内の過去が語られました。

いつも冷静で感情を表に出さない竹之内の、意外な一面が垣間見えるお話でした。
魁も竹之内も愛した人間を失っている。その事への悲しさ、犯人への怒りが感じられます。

まとめ

今回は終盤、魁の兄を名乗る少年が二人の前に姿を見せます。
竹之内の事件と棗の事件、少年がどう繋がるのかが気になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのChristine Sponchiaによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

水蓮

水蜻蛉の庭(庭先塩梅 第1巻・庭先案内 第7巻)

水蜻蛉の庭 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編第一弾。名前は変わりましたが、内容的には庭 …

子猫

ヨシノズイカラ 3

ヨシノズイカラ 3 ガンガンコミックス 著:ヨシノサツキ 出版社:スクエアエニックス 東京でのサイン会も無事終わり、島に戻った成彦は新たなキャラを漫画に登場させようとしていました。 彼が作ったキャラク …

プールサイド

白暮のクロニクル 5

白暮のクロニクル 5 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 デリヘル嬢連続殺人事件。 それは一人の男の想いが歪んで起こされた物でした。 事件解決に当たり魁と衝突したあかりは、少し彼と距離 …

桜

着たい服がある 5

着たい服がある 5 モーニングKC 作:常喜寝太郎 出版社:講談社 KERAの近藤経由で依頼された中国ブランドのモデル。 その事はロリータ服を着たいと思った事、そして小澤と出会い勇気を貰い、実際に着て …

羽根

トライガン・マキシマム 5

トライガン・マキシマム 5 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクションです。 今回は前巻に続き、ガントレットたちとの戦いから描かれます。 #3  …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。