漫画完結作品

白暮のクロニクル 3

投稿日:2019年5月26日 更新日:

棚田白暮のクロニクル 3 ビックコミックス
著:ゆうきまさみ
出版社:小学館

オキナガとして彼らの関係した事件を調査している魁。
彼が羊殺しに執着する理由、それは思い人だった棗を殺害された事が原因でした。

広告

あらすじ

管理対象である長居というオキナガが消えた事で、あかりは松波と共に彼の家を訪れた。
隣の住人の話では、深夜に小型トラックで家財を運び出し、男と二人それに乗って行ったらしい。

住人の間で彼が吸血鬼であるという噂が広まり、夜逃げしたのだと話しを聞いた隣人は語った。

物件を管理する不動産業者に話を聞くと、そういう噂は確かにあり、気味悪がった他の住人が次々と出て行き、大家も困っているという。

長居自身が何か問題を起こしていた訳ではないが、年を取らないことで噂が広まったようだ。

転出届けの有無を明日確認しようと松波と話し、オフィスに戻ると久保園から全国で11人、長居と同じように消えたオキナガがいると知らされる。

周囲の目に耐え兼ね、居場所を移すオキナガは多く、10年20年と一所に住むものは稀らしい。

あかりが、最近は吸血鬼呼ばわりされていたらしいと口にすると、久保園は“きゅうけつき”だから仕方がないと答えた。

按察使文庫を尋ね、吸血鬼である事聞いたと魁に言うと、オキナガについて説明してくれた。
彼らは血を吸って仲間を増やす訳ではないようだ。

言われてみるとと、魁がオキナガになった経緯も、巻上から聞いて知っていたあかりはその事や、成り上がるという言葉を教わった事もを魁に告げた。
魁は余計な事をと顔に手をやる。

吸血鬼の噂により、おそらく夜逃げする事になった長居の事を、あかりは気の毒に思った。

感想

今回は田舎の限界集落に集まった、オキナガ達とそれを計画した一人の少女の話がメインで描かれます。

オキナガと吸血についての話が、久保園によって説明され、彼らの生態が少しわかってきました。

絶対数の少なさから、パートナーを探すのも一苦労という話はこの物語の中では、オキナガが人間社会の中で生きているというリアルさを感じました。

まとめ

オキナガは見た目は成長しないので、今回登場した希梨香のような子供の時に成り上がった者は、生きていくために大人に、寄生するしかなかったのでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのKohji Asakawaによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

金魚

金魚草の池(庭先塩梅 第2巻)

金魚草の池 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編、庭先塩梅第二弾。 各話あらすじ感想まとめ …

東京ビッグサイト

メタモルフォーゼの縁側 3

メタモルフォーゼの縁側 3 著:鶴谷香央理 出版社:角川書店 「私なんか」そう言っていたうららは、雪の言葉に背中を押され、漫画を描き始めます。 彼女との時間は楽しい。 しかし、雪の体を気遣ったうららは …

夕暮れ

トクサツガガガ12

トクサツガガガ12 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 兄嫁のタカさんの発言により、彼らが叶の家に行ったことがあることを知った母。 それにより、母を家に上げ …

VHS

トクサツガガガ6

トクサツガガガ6 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、26歳→27歳、OL、特撮オタク。 結婚式の二次会への移動中。閉店したレンタルビデオ店を見て、叶は高校時代を思い出す。 特撮から離 …

馬

テンジュの国 3

テンジュの国 3 KCデラックス 著:泉一聞 出版社:講談社 カン・シバはラティの優しさに、ラティはカン・シバの人を救うために一生懸命な所に魅かれているようです。 あらすじ感想まとめ あらすじ 銃を持 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。