漫画完結作品

白暮のクロニクル 2

投稿日:2019年5月25日 更新日:

沖縄白暮のクロニクル 2 ビックコミックス
著:ゆうきまさみ
出版社:小学館

オキナガ―息長、不老不死の種族。
自殺を図った鳴宮涼子から話を聞くため、魁は血を使い彼女を一時的に蘇生させました。

しかし鳴宮は黒幕の名を言う事無く死亡。
死が間近に迫った者に対する仕打ちに、憤るあかりでしたが魁はオキナガを保護する人間を守るためと、自身が追う羊殺しを探す為に情報を得ようとした様でした。

羊殺しの事を語る魁の表情に、あかりは根深い物を感じるのでした。

広告

あらすじ

あかりは夢を見ていた。
夢の中では魁が、あかりに血を飲むことを勧めて来る。
それを断り、魁に平手打ちをしたところで、あかりは目を覚ました。

寝酒をして寝てしまおうとビールを注いでいると、トイレに起きてきた父に見咎められる。
医師である父とビールを飲みつつ話していると、心臓に損傷を受けた人間が、どれだけ生きていられるかという話になった。

魁は確かに凛子に胸を刺されたが、蘇生した。
話を聞くがそもそも、父の病院にはそんな患者は来ないから忘れたと返される。
父の書斎にはそういう話の載った本があるというので、書斎を探っていると、見つけた本の中から一枚の写真が落ちた。

写真にはあかりの祖母と、その姉である棗の姿が映っていた。
父の話では実母は棗の方で、彼女が父を生んですぐ亡くなった為、妹である綾音に養子として引き取られたらしい。

つまり棗はあかりの実の祖母という訳だ。

場所は変わって按察使文庫。魁は三日間眠っていた。
寝起きに薫子に襲われそうになったりしたが、事件の進捗を聞くため竹之内に電話を掛けた。

魁は全く進展を見せない羊殺しの捜査に苛立ちを見せる。
あと半年。
これまでの周期で言えば、あと半年で新しい犠牲者が出てしまう。

「棗を殺した奴を今回も逃がす気じゃねーだろーな!!」

魁は声を荒げて、電話の向こうの竹之内に訴えた。

感想

今回は魁がオキナガになった経緯が語られます。
不老不死の体と、お互い想いを寄せていた棗の死。

もし魁が棗に会いに行っていなければ、彼女は死ぬ事が無かったかもしれません。
終盤の叫びには、彼の後悔と怒りが込められているように感じました。

まとめ

この巻では、竹之内と魁の関係、魁が羊殺しを追う理由が語られました。
あかりが通常業務として、オキナガを訪問する場面では、彼らが普段どんな暮らしをしているのかが垣間見えます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのCAME-RAによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

コスモス

やさしいヒカリ 2

やさしいヒカリ 2 アフタヌーンKC 作:中村ひなた 出版社:講談社 久しぶりに島へ戻った父から大学に行くよう言われた日和子は、仕事で普段家にいない父への反発から、ワザと予定を入れて島を離れる父と会わ …

珊瑚

木珊瑚の島(庭先塩梅 第5巻)

木珊瑚の島 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編、庭先塩梅第五弾。 各話あらすじ感想まとめ …

南の島

庭先案内 2

庭先案内 2 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。作品は幻燈機等、同じ人物が登場する作品もありますが、基 …

浜辺

水は海に向かって流れる 3

水は海に向かって流れる 3 KCデラックス 著:多島列島 出版社:講談社 二巻では直達の父が雇った探偵の調査により、榊の母親の居場所が分かりました。 しかし母親の不倫相手だった直達の父の罪悪感を軽くし …

赤いバラ

着たい服がある 3

着たい服がある 3 モーニングKC 作:常喜寝太郎 出版社:講談社 カヤとの出会い、離れていた父との再会、そして母との和解。 着たい服を着た事で今まで穏やかだったマミの周辺は俄かに騒がしく動き始めまし …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。