漫画完結作品

土地神と、村で一番若い嫁 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2021年12月18日 更新日:

桜
土地神と、村で一番若い嫁 4

著:あらをか青い
出版社:一迅社

ウブな土地神様とその嫁の生活を描いた作品、完結巻。
今回は倒れたかすみと土地神の前に、かすみの前の夫が登場する所からお話は始まります。

広告

登場人物

フジノ
かすみの元夫
黒髪の青年。
体が弱く若くして亡くなり、その後は山の神の力で小鳥となりかすみの事を見守っていた。

スサノオ
虎の容貌の神
かすみの持つ力を得る為、彼女に近づく。

あらすじ

かすみが倒れた事で土地神は遠い昔の記憶を思い出す。
その頃、彼はまだ神では無く人の姿を借りて子供と遊ぶ、桜の精でしか無かった。
そんな子供の一人、カスミという名の少女は彼に懐き毎日のように山へ遊びに来ていた。

彼は人の営みを愛し人になりたいと願っていた。

そんな回想から土地神を連れ戻したのは、妻のなでしこの言葉で駆け付けた子孫繁栄を司る西の神だった。
彼のおかげで我に返った土地神は苦しそうなかすみを布団に寝かせ、看病をする。

そんな土地神の下に以前、かすみの下へ導いてくれた一羽の小鳥がやって来る。
小鳥は西の神の力を借りて人の姿となった。
黒髪の青年の姿となった小鳥はフジノと名乗り、自分はかすみの元夫であると土地神に告げた。

広告

感想

今回は倒れたかすみと、その元夫フジノの登場から始まり、土地神の過去、かすみの本当の名前と秘められた力、かすみの力を狙うスサノオ、スサノオと土地神、土地神とかすみの結婚式等が描かれました。

土地神が土地神となった経緯、かすみと元夫の過去など、今まで謎だった事が色々と描かれ、大ボリュームの最終巻でした。

土地とそこに住む人々を愛した桜の精。
彼が人を愛した分、人々も彼を愛し敬う。
優しさが彼を神としたのだなと今回、収録されたエピソードを読んでいて思いました。

まとめ

土地神と未亡人が夫婦になる物語。
初心な二人のイチャイチャもこの巻で見納めと言う事で少し残念ですが、爽やかで暖かな春の風が吹き抜ける様なそんなエンディングでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

作者のあらをか青いさんのTwitterはこちら

※イメージはPixabayのshell_ghostcageによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

おはぎ

白蛇様の花嫁 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

白蛇様の花嫁 3 ガンガンコミックスONLINE 著:佐保里 出版社:スクエアエニックス あの世とこの世の境にある島。 そこであの世へ渡る渡し舟の事務所兼めしやで働く、女将の依子(よりこ)とその料理指 …

花畑

雪女と蟹を食う 第八巻 あらすじ・感想

雪女と蟹を食う 8 ヤンマガKC 著:Gino0808 出版社:講談社 強盗である北(きた)と旅して来た彩女(あやめ)の目的。 それは北の最果てで命を絶ち、夫であり作家でもある雪淵一騎(ゆきぶち いっ …

軍艦島

しょうあんと日々。 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

しょうあんと日々。 2 MFコミックス キューンシリーズ著:桑佳あさ出版社:KADOKAWA 廃墟の島、軍艦島で暮らす硝安ダイナマイトのしょうあん。かつて沢山の人が暮らした炭鉱の島で生きる、人に憧れる …

狸

イーハトーヴのふたりの先生 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

イーハトーヴのふたりの先生 1 BRIDGE COMICS作:山口八三出版社:KADOKAWA 幼い頃から周囲の生物と痛みを共有する体質だった星野賢仁(ほしの けんじ)は、動物達に興味を持つ事で痛みを …

ヘラジカ

狩猟のユメカ 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

狩猟のユメカ 3 イブニングKC 著:古部亮 出版社:講談社 オリックスのシュージャーとタッグを組み、異変の起こった世界でサバイバルをしていた猟師のユメカ。その道中で出会った少年、チナツ。 彼を同じく …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。