漫画完結作品

ノー・ガンズ・ライフ 第二巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年5月14日 更新日:

蟹
ノー・ガンズ・ライフ 2 ヤングジャンプコミックス

著:カラスマタスク
出版社:集英社

ベリューレン社が作り出した拡張者の二人の少女、アンとエンデ。
その一人、アンの願いを受けて、鉄郎は暴走するもう一人の少女、エンデを止めるため、十三の引き金を引きました。

銃弾はエンデを苦しみから解放し、空を貫きます。
その事は復興庁のEMS(拡張者対策局)の目に触れることになりました。

広告

あらすじ

オーバーエクステンド(過剰拡張者)である十三は、街で暮らすにあたり、EMSから条件付きで免状を得ている。
問題を起こしそれを失効すれば、EMSに拘束され分解されてしまうだろう。

そう語る技師のメアリーの言葉に鉄郎は自分の存在が、十三や住人に危険をもたらすと彼のもとから去ろうとする。
しかし十三はそれを引き留め、報酬の工面だけ考えとけと、彼にここに居るように促す。

住人の話でメアリーが、事件を起こしていたアンとエンデを止めた事で、礼としてカニを貰った事を思い出す。
大家のクリスが鍋を用意しているらしいので、三人でクリスの家で鍋を囲む事になった。

だが十三は鍋を口せずその場を後にする。
彼は先ほどの鉄郎と同じように、自分の存在が周囲を巻き込む事を考え、親密になる事を恐れているのだ。

外に出た十三が煙草を吸っていると、女性が絡まれている場面に遭遇する。
十三が声をかけ、救った女性は同じビルに住む床屋の娘スカーレットだった。

十三は丁度親父に用があると、床屋に入り親父に頭の銃を磨いてもらう。
シリンダーを磨いてもらい、銃口の手入れのために横になっていると、武装した集団に囲まれた。

十三を見下ろし、免状をはく奪すると宣言した女。
その女性はEMSの局長、オリビエだった。

感想

この巻で登場するクローネンは、拡張者の十三を嫌いながらも事件を起こしたゴンドリーという拡張者を捕らえる為、共闘します。
二人は慣れ合うことはありませんが、お互いにその実力を認め合っているのでしょう。

この物語では、十三の煙草への執着、オリビエのストレス解消がシュールストレミング、クローネンの車に対するこだわりなど、人間臭い部分が多く描かれており、近未来の無機質な感じが無く、そこがとても気に入っています。

広告

まとめ

今回は拡張者を管理するお役所、EMSがメインのお話でした。
この巻にはパイロット版である、ノー・ガンズ・ライフというお話が収録されています。
十三がスリムだったり、メアリーが包帯キャラだったり、本編との違いが楽しめます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージは写真素材 足成のいしだひでヲさんによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

猫

猫が西向きゃ 第一巻 あらすじ・感想

猫が西向きゃ 1 アフタヌーンKC 著:漆原友紀 出版社:講談社 蟲師の漆原友紀さんの描くお仕事活劇。 フローと呼ばれる空間の揺らぎによっておこる、様々な現象に対処する業者「フロー業者」日々を描いた作 …

ホワイトハウス

キャンディ&シガレッツ 第十一巻 あらすじ・感想

キャンディ&シガレッツ 11 ヤンマガKC 著:井上智徳 出版社:講談社 通貨発行権、その権利を最大限利用する為、アメリカ最大手の投資銀行アダムスのスキャンダルによる倒産回避と引き換えに統一通貨の創設 …

舟

虚妄の女王 ~辺境警備外伝~ 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

虚妄の女王 ~辺境警備外伝~ 3 ボニータ・コミックス 著:紫堂恭子 出版社:秋田書店 ルウム復活暦1005年、北方辺境国のエアドロム王国。 襲撃を受け死亡した王女セオドラの代役を務める事になった、代 …

ペンと紙

カイニスの金の鳥 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

カイニスの金の鳥 2 著:秦和生 出版社:イーストプレス ロンドンに出て小説家マイルズの隣の部屋で暮らし始めたリア(アラン)は人気作家カール・ダンヒルに会う為出掛けたスラムからの帰り、雨に降られ風邪を …

サックス

スインギン ドラゴン タイガー ブギ 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

スインギン ドラゴン タイガー ブギ 5 モーニングKC 作:灰田高鴻 出版社:講談社 芸能プロダクションを立ち上げていた森田(もりた)と作曲家の四方(よも)の暗躍でとらのバンド「スインギンタイガーブ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。