漫画

違国日記 第四巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年5月8日 更新日:

日記違国日記 4 フィールコミックス
著:ヤマシタトモコ
出版社:祥伝社

人見知りな小説家と、その姉夫婦の遺児の同居生活を描いたお話です。
高校に入学した朝は、軽音楽部に入りクラスに友人も出来たようです。

広告

あらすじ

ゴールデンウィークも明けたある日、朝はネットに掲載されていた槙生のエッセイを見つけた。

そこには犬のようなものと暮らし始めたとの書き出しで、槙生の心情が綴られていた。

彼女はそこに一緒に暮らす事への戸惑いや、群れを作る事の出来ない自分が、朝が連れて来る友達にたじろいている事、自分が朝に与える影響に危惧を抱いている事。

そして最後に犬の名前をアシタとしようと締め、ロバート・ブラウニングの詩「春の朝(あした)」を紹介して終わっていた。

朝は槙生にLINEでエッセイの事を尋ねたが、槙生は著作はあまり読まないでほしいと彼女にかえした。

その後、家に帰った朝と食事を取り、寝室に引っ込むと紙袋の中から日記帳が出てきた。
どうやら朝の物が紛れ込んだらしい。

中を開けると、姉が朝に二十歳になったらあげようと書き綴った物のようだ。
日記には朝の名前の由来と、誰からも愛されるよう願いを込めた事が記されていた。

槙生は、姉が自分に向けた辛辣な言葉を思い出し、日記を閉じた。
姉は何時から自分を憎んだのか、自分は姉への憎しみが無くても物書きになれただろうか。

そんな事を思いながら槙生は、紙袋をクローゼットに仕舞った。

感想

この巻では、人が常識的に思う普通が、皆に当てはまる訳ではないという事が強く描かれている様に感じました。

作中では槙生が感じる傷つく事が、朝には分からずそれぞれの感覚の違いが描かれます。

また槙生にとっては普通の事である、物語を楽しむ事を弁護士の塔野が全く必要としていないという部分で価値観の差が表現されているように感じました。

朝の友人、えみりも自分が他の人と違う事を悩んでいます。

人はそれぞれ違っていて当然だし、全員が同じであれば誰が誰でもいい事になってしまいます。
読んでいてそんな事を感じました。

広告

まとめ

最後の話は、笠町と槙生の距離感がとても心地よく感じました。
次回はえみりのお話もあるのでしょうか?
今からとても楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品はpixivコミックにて一部無料でお読みいただけます。
作者のヤマシタトコモさんのTwitterはこちら

※イメージはPixabayのFree-Photosによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

猫の足

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 6 ゼノンコミックス 著:荒井ママレ 医療原案:富野浩充 出版社:コアコミックス てんかんを患っている妊婦、向坂千歳(さきさか ちとせ)。 彼女の母親が千歳 …

骨

青野くんに触りたいから死にたい 第六巻 あらすじ・感想

青野くんに触りたいから死にたい 6 アフタヌーンKC 著:椎名うみ 出版社:講談社 四つ首様に死んだ弟の蒼太(そうた)が生き返る事を望んだ大翔(ひろと) その願いが聞き入れられたのか大翔の下に蒼太の霊 …

麦

ヴィンランド・サガ 第二十六巻 登場人物・あらすじ・感想

ヴィンランド・サガ 26 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 大西洋を越えヴィンランド(現在のプリンス・エドワード島の北部沿岸)にたどり着いたトルフィン達。 彼らは先住民の住む森に贈り物を置 …

黒板と女子高生

女の園の星 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

女の園の星 1 フィールコミックス 著:和山やま 出版社:祥伝社 女子高の教師、星先生の日常を描いた作品です。 登場人物 星(ほし) 女子高の教師 担当は国語、2年4組担任。 眼鏡を掛けた理性的な人物 …

トウモロコシ

シメジ シミュレーション 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

シメジ シミュレーション 3 MFCキューンシリーズ 著:つくみず 出版社:KADOKAWA 少しヘンテコな世界での頭にしめじの生えた少女「しじま」と、頭に目玉焼きを乗せた少女「まじめ」の高校生活を描 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。