漫画

メタモルフォーゼの縁側 2

投稿日:2019年4月13日 更新日:

ノートとペンメタモルフォーゼの縁側 2
著:鶴谷香央理
出版社:角川書店

一冊のBL漫画を切っ掛けに知り合った雪とうらら。
引っ込み思案なうららですが、好きなものについて話す時間はとても楽しく、気付けば漫画を貸す仲になっていました。

うららは漫画の作者コメダが、東京の同人誌即売会に参加すると知り、雪を誘って即売会の会場を訪れます。

広告

冒頭あらすじ

即売会で列に並んだ二人だったが、膝の力が抜けた雪はベンチで少し休む事にした。
雪は心配するうららを、自分の分もお願いと送り出した。

初めての即売会に緊張するうららが売り場に着くと、配送トラブルで新刊の販売は十二時からだった。
他の本を買おうとするが、成人向けだった為、17歳のうららは購入できず、仕方なく売り場を後にする。

一方、休憩をとった雪はうららを探し、会場を歩いていた。
物怖じしない雪は、気になった本を購入しながら売り子に話しかけうららを探す。

携帯を充電したうららからの電話で、二人は落ち合えたが気後れしたうららは、少しつかれたと項垂れる。
そんなうららに雪は先に行って並んでおくと告げる。

地図を見る雪の様子と、ちょっと持っててと手渡された同人誌を見て、うららは気持ちが軽くなり、一緒に行きますと二人で列にならんだ。

うららは作者のコメダに握手をしてもらい、本も手に入れることが出来た。
刊行ペースを上げて欲しいと要望する雪をうららは止め、無事本を手に入れる事が出来た二人は、本を抱え嬉しそうに笑った。

感想

世代間のギャップを描きつつも、素直でおおらかな雪を見ていると暖かい気持ちになります。

気にしすぎで引っ込み思案なうららが、彼女とは自然に話せるのは、意外と押しの強い雪の性格もあると思いますが、ゆったりとした雪の雰囲気が大きいと思います。

まとめ

今回、雪の言葉でうららは漫画を描き始めました。
まだ好きな作品のキャラクターをノートに描くだけですが、いつか彼女が作品をかき上げ、それを雪が読むという事になったら素敵だなと思いました。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品はコミックNewtypeでも一部無料でお読みいただけます。

※イメージはPixabayのSakura Phutthalongの画像です
広告

-漫画
-,

関連記事

お金

アルテ 4

アルテ 4 ゼノンコミックス 著:大久保圭 出版社:徳間書店 貴族の娘アルテが画家であるレオの弟子として画家を目指す物語。 同業組合の試験としてフレスコ画の制作に携わったアルテはその働きぶりで、他の親 …

ピアノ

ブルージャイアント 8

ブルージャイアント 8 ビッグコミックススペシャル 作:石塚真一 出版社:小学館 この巻では、平の言葉に悩む雪祈のシーンから物語は始まります。 あらすじ感想まとめ あらすじ 平の言葉で自身を省みた雪祈 …

鯨 骨格

へんなものみっけ! 2

へんなものみっけ! 2 ビッグコミックス著:早良朋出版社:小学館 博物館への出向。最初は乗り気でなかった透でしたが、清棲の仕事を手伝ううち博物館の仕事に魅力を感じ始めます。余り知られていない博物館の裏 …

朝顔

ふしぎの国のバード 4

ふしぎの国のバード 4 ビームコミックス 作:佐々大河 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 実在したイギリス人女流旅行家、イザベラ・バードの旅の様子を描いた冒険旅行記、第4弾 第15話 伊藤の …

汽車

ノケモノたちの夜 2

ノケモノたちの夜 2 少年サンデーコミックス 著:星野真 出版社:小学館 大悪魔マルバスと共に生きる事を選択し、その代償として視力を失った少女ウィステリア。 安住の地を求め今日も二人の旅は続きます。 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。