漫画

メタモルフォーゼの縁側 2

投稿日:2019年4月13日 更新日:

ノートとペンメタモルフォーゼの縁側 2
著:鶴谷香央理
出版社:角川書店

一冊のBL漫画を切っ掛けに知り合った雪とうらら。
引っ込み思案なうららですが、好きなものについて話す時間はとても楽しく、気付けば漫画を貸す仲になっていました。

うららは漫画の作者コメダが、東京の同人誌即売会に参加すると知り、雪を誘って即売会の会場を訪れます。

広告

冒頭あらすじ

即売会で列に並んだ二人だったが、膝の力が抜けた雪はベンチで少し休む事にした。
雪は心配するうららを、自分の分もお願いと送り出した。

初めての即売会に緊張するうららが売り場に着くと、配送トラブルで新刊の販売は十二時からだった。
他の本を買おうとするが、成人向けだった為、17歳のうららは購入できず、仕方なく売り場を後にする。

一方、休憩をとった雪はうららを探し、会場を歩いていた。
物怖じしない雪は、気になった本を購入しながら売り子に話しかけうららを探す。

携帯を充電したうららからの電話で、二人は落ち合えたが気後れしたうららは、少しつかれたと項垂れる。
そんなうららに雪は先に行って並んでおくと告げる。

地図を見る雪の様子と、ちょっと持っててと手渡された同人誌を見て、うららは気持ちが軽くなり、一緒に行きますと二人で列にならんだ。

うららは作者のコメダに握手をしてもらい、本も手に入れることが出来た。
刊行ペースを上げて欲しいと要望する雪をうららは止め、無事本を手に入れる事が出来た二人は、本を抱え嬉しそうに笑った。

感想

世代間のギャップを描きつつも、素直でおおらかな雪を見ていると暖かい気持ちになります。

気にしすぎで引っ込み思案なうららが、彼女とは自然に話せるのは、意外と押しの強い雪の性格もあると思いますが、ゆったりとした雪の雰囲気が大きいと思います。

まとめ

今回、雪の言葉でうららは漫画を描き始めました。
まだ好きな作品のキャラクターをノートに描くだけですが、いつか彼女が作品をかき上げ、それを雪が読むという事になったら素敵だなと思いました。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品はコミックNewtypeでも一部無料でお読みいただけます。

※イメージはPixabayのSakura Phutthalongの画像です
広告

-漫画
-,

関連記事

女子トイレ

よふかしのうた 4

よふかしのうた 4 少年サンデーコミックス 著:コトヤマ 出版社:小学館 吸血鬼、桔梗セリ(ききょう せり)を好きになった男、メンヘラさん(秋山 昭人:あきやま あきひと)。 コウはそのセリとメンヘラ …

花冠

赤ずきんの狼弟子 2

赤ずきんの狼弟子 2 講談社コミックス 著:茂木清香 出版社:講談社 獣人、人間、狩人、三種の人が住む世界で、本来狩る側と狩られる側の二人が師弟になる物語。 買い出しの為、人間の街を訪れたウルとマニ。 …

本屋

978-4 キューナナハチヨン 1

978-4 キューナナハチヨン 1 ヤングキングコミックス 著:ヤマモトマナブ 出版社:少年画報社 北海道の朝日河(あさひかわ)大学の一年生中河泰弥(なかがわ たいや)は神社の敷地内にある書店でアルバ …

マイク

映像研には手を出すな 3

映像研には手を出すな 3 ビッグコミックス 著:大童澄瞳 出版社:小学館 文化祭でのロボットアニメは客受けも良く、用意したDVDは全て売る事が出来ました。 しかし、学校の中で販売した所で労働に見合った …

カメラマン

Op 夜明至の色のない日々 2

Op 夜明至の色のない日々 2 イブニングKC 著:ヨネダコウ 出版社:講談社 夜明(よあけ)の預かった少年、高比良玄(たかひら くろ)は事務所で寝泊まりしバイトをしながら高校に通い始めました。 人の …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。