漫画完結作品

メタモルフォーゼの縁側 2

投稿日:2019年4月13日 更新日:

ノートとペンメタモルフォーゼの縁側 2
著:鶴谷香央理
出版社:角川書店

一冊のBL漫画を切っ掛けに知り合った雪とうらら。
引っ込み思案なうららですが、好きなものについて話す時間はとても楽しく、気付けば漫画を貸す仲になっていました。

うららは漫画の作者コメダが、東京の同人誌即売会に参加すると知り、雪を誘って即売会の会場を訪れます。

広告

冒頭あらすじ

即売会で列に並んだ二人だったが、膝の力が抜けた雪はベンチで少し休む事にした。
雪は心配するうららを、自分の分もお願いと送り出した。

初めての即売会に緊張するうららが売り場に着くと、配送トラブルで新刊の販売は十二時からだった。
他の本を買おうとするが、成人向けだった為、17歳のうららは購入できず、仕方なく売り場を後にする。

一方、休憩をとった雪はうららを探し、会場を歩いていた。
物怖じしない雪は、気になった本を購入しながら売り子に話しかけうららを探す。

携帯を充電したうららからの電話で、二人は落ち合えたが気後れしたうららは、少しつかれたと項垂れる。
そんなうららに雪は先に行って並んでおくと告げる。

地図を見る雪の様子と、ちょっと持っててと手渡された同人誌を見て、うららは気持ちが軽くなり、一緒に行きますと二人で列にならんだ。

うららは作者のコメダに握手をしてもらい、本も手に入れることが出来た。
刊行ペースを上げて欲しいと要望する雪をうららは止め、無事本を手に入れる事が出来た二人は、本を抱え嬉しそうに笑った。

感想

世代間のギャップを描きつつも、素直でおおらかな雪を見ていると暖かい気持ちになります。

気にしすぎで引っ込み思案なうららが、彼女とは自然に話せるのは、意外と押しの強い雪の性格もあると思いますが、ゆったりとした雪の雰囲気が大きいと思います。

まとめ

今回、雪の言葉でうららは漫画を描き始めました。
まだ好きな作品のキャラクターをノートに描くだけですが、いつか彼女が作品をかき上げ、それを雪が読むという事になったら素敵だなと思いました。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品はコミックNewtypeでも一部無料でお読みいただけます。

※イメージはPixabayのSakura Phutthalongの画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

野外ステージ

トクサツガガガ 20

トクサツガガガ 20 ビッグコミックス 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶(なかむら かの)、27歳、OL、特撮オタク。 特撮を通じ仲良くなった小学生ダミアン。 彼の進学問題を巡り疎遠 …

ラジオ

トライガン・マキシマム 11

トライガン・マキシマム 11 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクション。 今回は方舟のシーンからスタートします。 #2 スラップ スティック …

プレートアーマー

代闘士ハイコの事件簿 1

代闘士ハイコの事件簿 1 モーニングKC 原作:伊勢ともか 漫画:久園亀代 出版社:講談社 剣と魔法の世界、そこでは決闘裁判と呼ばれる戦いによって罪の可否を問う物が行われていました。 主人公のハイコ・ …

水蓮

水蜻蛉の庭(庭先塩梅 第1巻・庭先案内 第7巻)

水蜻蛉の庭 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編第一弾。名前は変わりましたが、内容的には庭 …

みかん

白暮のクロニクル 9

白暮のクロニクル 9 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 12月に入り、羊殺しの時期が刻々と迫るなか、魁は焦りを感じています。 またあかりも光明苑の火事で、入所者の移動などの仕事に追わ …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。