漫画

違国日記 第三巻 あらすじ・感想

投稿日:2019年4月1日 更新日:

コーヒー違国日記 3 フィールコミックス
著:ヤマシタトモコ
出版社:祥伝社

人見知りな小説家と、その姉夫婦の遺児の同居生活を描いたお話です。
友人のえみりと行き違い卒業式に出なかったり、色々ありましたが、朝は中学を卒業し高校生になりました。

広告

あらすじ

高校に入学した朝は、自分が両親と死別し、小説家である叔母と同居している事を話し、なんとなく一人になってしまう。

特殊な立場をアピールする事で、目立ちたかったのだと思い、反省した朝は、槙生に意見を求めるが、ドライな意見しか出てこない。

一方、槙生は朝が家に友達を招いた事で、激しくストレスを感じ、他人と生活する息苦しさを覚える。

その後、仕事モードに入った槙生に、朝は素っ気無く扱われ言いようのない寂しさを感じてしまう。
朝は部屋から出てきた槙生に怒りをぶつけるが、槙生には彼女が何に怒っているのか理解できない。

槙生は朝に、私たちは別の人間だからお互い理解する事が出来ない。
それでも歩み寄ろうと提案する。

感想

槙生は人といると、とても疲れるし、一人でないと仕事も出来ません。
朝は一人で放っておかれるのが、寂しくてたまりません。

朝の感じている寂しさ、槙生の感じている息苦しさは、それぞれ当人だけの感情で、他の誰にも理解する事は出来ません。
自分と槙生は別の人間で、分かり合うことは出来ないんだ。
そのことを朝は理解します。

また時折描かれる母の記憶から、朝は槙生に母の代わりを求めているように感じました。
しかし、槙生は母とは全く別の価値観で生きているため、母と違い行う事に反対も賛成もしません。

それにより朝は判断基準を見失い、混乱してしまったのだと思います。

二人が歩み寄り、一巻の第一話のようになるには、まだしばらくかかりそうです。

広告

まとめ

人見知りなので、槙生の言うセリフはすごくよく分かり、彼女の方に強く感情移入して読んでしまいます。
朝の友人、えみりとの会話のシーンは、そうそうと激しく共感してしまいました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品はpixivコミックにて一部無料でお読みいただけます。
作者のヤマシタトコモさんのTwitterはこちら

※イメージはPixabayのKarolina Grabowskaによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

雨の街

コーヒームーン 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

コーヒームーン 2 著:牡丹もちと 出版社:KADOKAWA 同じ日を繰り返す少女ピエタ。 その日々に友人の駄苗が加わった事でピエタは今まで接点の無かったクラスメイト、キアロと知り合います。 そのキア …

炎

魔導の系譜 コミカライズ版 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

魔導の系譜 コミカライズ版 5 BLADEコミックス 漫画:イヌヅカヒロ 原作:佐藤さくら 出版社:マッグガーデン 小説「真理の織り手」シリーズのコミカライズ版 鉄の砦の総帥、ランバートの処刑。 それ …

バルカン

夜光雲のサリッサ 第三巻 あらすじ・感想

夜光雲のサリッサ 3 リュウコミックススペシャル 原作:松田未来 作画:※Kome 出版社:徳間書店 イギリスのIOSSから来た車椅子の少年ベンジャミン。 彼の「才能」は瞬間移動。 その能力は、自分を …

龍

おかしき世界の境界線 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

おかしき世界の境界線 1 裏少年サンデーコミックス 作:村田椰融 出版社:小学館 見えないモノが見える少女千鶴(ちづる)とその友人美涼(みすず)の友情と、二人が遭遇する怪異を描いた作品です。 登場人物 …

リボルバー

よふかしのうた 第十巻 登場人物・あらすじ・感想

よふかしのうた 10 少年サンデーコミックス 著:コトヤマ 出版社:小学館 吸血鬼になった父親に母親を殺された目代キョウコ(探偵、鶯アンコ)は、ハロウィンの夜、銃を片手に吸血鬼達を襲う。 襲撃と逃亡を …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。