漫画

赤ずきんの狼弟子 第三巻 あらすじ・感想等

投稿日:2019年3月29日 更新日:

スプーン
赤ずきんの狼弟子 3 講談社コミックス

著:茂木清香
出版社:講談社

獣人、人間、狩人、三種の人が住む世界で、本来狩る側と狩られる側の二人が師弟になる物語。

ブルーノの街で起きた失踪事件。
それは狩人の女性、メルキャンディが起こしたものでした。
彼女は娘を亡くしており、人間が子供を捨てる事に憤り、事件を起こしたのでした。
事件を解決したウルとマニは、二人の家である嘆きの大樹に帰ってきました。

広告

第11話 若芽は月に向かって登っていく あらすじ1

家に戻った二人、マニがなにか言っている。
ウルは何とか読み取ろうとし、それがただいまであることを突き止める。
正解である事に喜び、マニは続けて何か言った。
おそらくおかえりであろうそれに、ウルはお前もおかえりとかえした。

この言葉をいうのも久しぶりだとウルは思う。
長く一人で生きてきたウルは、そんな挨拶をする事も久しくなかった。
家を走り回るマニの襟首をつかみ、一緒に風呂に入る。

風呂から上がったマニは、ウルの狼の毛皮もお風呂に入る?と毛皮を湯船につける。
乱暴に扱うなとウルに叱られたが、マニは毛皮の中身がどこに行ったか気になった。

食事の支度を手伝い、準備が出来たあとウルにそのことを尋ねるが、マニの言葉を聞き取れないウルにそれを伝える事は難しい。
そこに伝書鳩が手紙を届けにきた。

手紙はブリュンヒルデからで、ブルーノの依頼について解決してくれた事に対する感謝と、こちらに到着するのが遅れる旨が記されていた。

わざわざ知らせて来るとは、律儀な奴だとウルはマニに手紙を手渡す。
手紙を見ながらマニはある事を閃く。
マニはウルに手紙を見せながら、文字を教えて欲しいと訴える。

言葉ではなく文字でか、しかし…と言いながら、ウルは万が一ということもあるとマニに文字を書いて見せる。
彼は二人の名前を書いて、書いてみろとマニにペンを渡した。

マニはペンを手に、ウルとおはなし出来ると喜ぶが、書かれた文字はマニには酷く歪んで見えた。
目をこするマニに、ウルはやはり駄目か声をかける。
獣人は優れた身体能力と引き換えに、文字を識別できないのだとウルは話した。

しょげるマニにウルは、種族毎に得手不得手があるのは当たり前だと慰めた。
そして本が読みたいなら、俺が読んでやる。不得手なものを無理して会得する必要はないと話した。

マニはそう言うウルを見上げ、ウルに聞きたいことたくさん、ウルとおはなししたいと呟いた。

あらすじ2

食事が終わると、食器を片付けているマニに、ウルは特訓するぞと声をかける。
彼は、ブルーノでマニが、与えた弓矢を使わなかった事を危惧し、彼女が敵に対し矢を入れるように、訓練しようと思い至ったのだ。

これを見ろとウルは狼のぬいぐるみを取り出した。
アンナの店で特注で作ったらしい、可愛いぬいぐるみにマニは尻尾を振って喜ぶ。
ウルはそれをおもむろに切り株にのせ、手にした弓で射抜いた。

マニは驚きひどい事しないでと、ウルをぽこぽこと殴るが、彼はマニが何に怒っているのか分からず、特訓用に強い布で作ってあるから、繰り返し使えると解説する。

そういう事じゃないと首を振るマニに、ウルは人体の構造が分かるように、中身も再現してあると、ぬいぐるみのファスナーを開け、布製の臓器を取り出した。

悲鳴を上げて耳を押さえるマニに、特訓は中止しないとウルは話す。
彼は、マニの優しさは長所だが、生き延びるためにはそれだけではだめだと、ぬいぐるみの代わりに俺を射てと自分が切り株に座った。

矢は止められるから安心しろとウルはマニに話す。
彼は他者を好んで害する為ではなく、守りたいものが出来た時、ためらわず動けるようになって欲しいと、この特訓をするのだと語った。
たとえ、狩るものがどんなものであったとしても…。

だからと話すウルに、矢が射られる。
マニはウルを真っすぐ見て矢を放っていた。
その矢を右手でつかみ取り、その調子だとウルは笑みを浮かべた。

三時間後、厳しい特訓に息を荒げるマニを連れ、大樹の上に向かう。
遅れ気味なマニに、人狼の能力はその程度かと発破をかけると、彼女はムッとしてウルを追い抜き、大樹を上り始めた。

その調子だと声かけながら、以前は崖の高さに怯えていたのにとウルは思う。
マニの後ろ姿を見ながら、お前はどんどん成長していくなとウルは感じるのだった。

大樹の上で、巨大な猛禽ヴェルズにマニを紹介しながら、二人は空を見た。
丁度夕陽が沈む時間だった。
“太陽の女神が黒いドレスと身に纏う”この辺りでは日没の事をそう表すとマニ教えながら、ウルとマニは夕陽を眺めた。

太陽が沈めばとウルは、マニに後ろを見るよう促す。
振り返ったマニの目には、巨大な月が写っていた。
マニはその大きさに目を真ん丸に見開いている。

気象条件が重なると、月が近く見えるのだとマニに教え、マニという名も月をという意味だとウルは彼女に話した。
マニは月を見ながらうずうずする自分を抑えられず、深呼吸して深く息を吸い込んだ。

ウルは空気が震えた気がした。
マニの遠吠えは大樹を揺らし、休んでいた鳥達を飛び立たせた。
マニは振り返り、ウルに強くて立派な弟子になるから、ずっと一緒にいてねと話した。

振り返ったマニを見てウルは思う、彼女が一人前になったら離れなければと、強い獣人程、狩人にとっては魅力的な獲物になる。
狩人としての本能が、マニを獲物と認識する前に別れなければ。

俺達の関係は永遠ではない―。

家に戻ったウルは姿の見えないマニを探していた。
部屋で見つけたマニは、スケッチブックに何かを大量に書いて書き疲れ、ペンを手にしたまま眠っていた。

書かれたものが自分の名前だと気付いたウルは、練習するなら自分の名前からだろうにと、マニを抱き上げベッドに運ぶ。
毛皮を手渡し、それを抱きしめるマニを見つめ、もっとゆっくり大人になっていいんだぞと彼は呟いた。

翌朝、目覚めたマニはウルを起こそうと彼の肩を叩く。
その手がいつもとは違っていた。

マニは完全に獣の姿になっていた。

広告

今回の見どころ

・マニの宝物
獣になったマニはスプーンを上手く使えず、それをウルは使う必要が無くなっただけだと諭します。
しかし、マニにとってスプーンの使い方も、弓の使い方も、人間の街に行ったことも、ウルがくれた大切な宝物でした。
涙を浮かべてそう訴えるマニがとても愛おしく感じます。

・狩人の誓い
ウルは狩人の本能により、マニを狩ってしまいそうになる自分を抑え切れず、マニから離れる事を決断します。
しかし、マニはウルを一人にしないと彼の後を追い、一緒に居たいと彼の手を取ります。

ウルはマニの覚悟を知り、自分が再び暴走したら、その時はお前が自分を狩れとマニに告げます。
その言葉に頷いたマニに、彼は二つ名を与え、狩人の誓いを立てさせました。

マニの誓いはウルには聞こえていませんが、どんなことになってもウルの側にずっといて、彼を守れる強い狩人になるというものでした。
ずっと一緒にいてくださいと宣言するマニの、ウルに対するマニの強く想いが感じられるエピソードでした。

※上記はあくまで私見です。

まとめ

雑誌連載が終了してしまうのが、とても残念な作品です。
幸い続きは同人誌で読めるようですので、引き続き購読したいと思います。

この作品は雑誌連載としては三巻で終了です。
以降は同人誌として発表されるそうですので、気になる方は下記のリンクから、茂木清香さんのツイッターをチェックしてみてください。

茂木清香さんのツイッターはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのBoris Trostによる画像です
広告

-漫画
-, ,

関連記事

鶴

あをによし、それもよし 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

あをによし、それもよし 3 ヤングジャンプコミックス 著:石川ローズ 出版社:集英社 中納言、粟田真人(あわたのまひと)と出会った事で山上は貴族である山於億良/山上憶良(やまのうえのおくら)として生き …

壁

ヴィンランド・サガ 第二十一巻 第百四十九話 あらすじ・感想

ヴィンランド・サガ21 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 ヨムスボルグ城砦と対峙する、トルケルの陣営に辿り着いたトルフィンは、そこでエイナル、レイフと再会する。 シグルドからグズリーズが砦 …

山羊

童子軍鑑 第二巻 あらすじ・感想

童子軍鑑 2 ヤングジャンプコミックス 著:小田世里奈 出版社:集英社 帝国から一人逃れたフェイは、落ち延びた先で出会った少女ナギの案内で、東の国イーストガーデンに辿り着きます。 そこで出会った王子マ …

鶴

神客万来 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

神客万来 2 芳文社コミックス 作:ねむようこ 出版社:芳文社 人ならざる者達が願いを叶えに訪れるツバメ屋ホテルで働き始めた元OLの雲野みちる。 そんな彼女が不思議な存在を見る事が出来る原因は、幼少期 …

京都

パリピ孔明 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

パリピ孔明 6 ヤンマガKC 原作:四葉タト 漫画:小川亮 出版社:講談社 新曲「Flower Crown」は未完成だと話し、その曲の完成をさせ聞いてもらう事で英子(えいこ)の母親翔子(しょうこ)を納 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。