漫画

焼いてるふたり 第五巻 あらすじ・感想

投稿日:2022年3月31日 更新日:


焼いてるふたり 5 モーニングKC

著:ハナツカシオリ
出版社:講談社

千尋(ちひろ)が自動車教習所で出会った女性、莉奈(りな)。
彼女に健太の職場の後輩、三船(みふね)との仲を取り持って欲しいと千尋は頼まれる。

莉奈の事を恋愛対象では無く、仲の良い幼馴染としか思っていない三船にどう売り込むか、千尋は頭を捻るが……。

広告

あらすじ

協力して!

そう莉奈にお願いされたものの、どうすればいいか千尋にはアイデアは湧いてこなかった。
そんな千尋に莉奈はどうして結婚しようと思ったを尋ねる。

もっと一緒にいたい。
知らない部分を知りたい。

千尋の答えに莉奈は三船の知らない自分かと考え、ギャップ萌えという結論に至りすぐさまそれを実行した。
莉奈は千尋の口調を真似て三船に語り掛けるも、ただ戸惑いを返したのみ。

二人の計画に健太も加わり、彼らは千尋の先輩伏見や健太の友人の戸田にもアドバイスを求める。
伏見には千尋が浮気していると勘違いされたが、戸田からは別の男性の存在を匂わせ揺さぶりをかけろとのアイデアを貰えた。

早速、莉奈は三船とは別にいい感じになっている人いると話すが、三船は

「へー、よかったじゃん」

と全く動揺しなかった。

その後、莉奈はハイスぺだに~!?と架空の男性象を三船に語るが、原宿に住んでいて犬と猫を飼ってるという余りにボンヤリとした物だった。

それを聞いた三船は嘘を吐くにしても、もっと設定を考えてこいと一蹴した。
三船は最初から嘘だと気付いていた様だった。

そもそも、そんな人がいるなら毎日自分に告白してこないだろう、莉奈はアホだけど誠実だからと答えた三船に、莉奈は超~~~好き!!と抱きついた。

三船は今の所莉奈と付き合うつもりは無いようだが、仲は良さそうな二人を見て健太と千尋は微笑みを浮かべたのだった。

感想

今回は莉奈たちとのバーベキューでの一幕から始まり、お家で縁日、千尋の決意、サバサンド、莉奈とサイクリング、一緒に住んで気付く事、伏見と戸田とお家焼肉、感謝の手紙、衣替えとサンマの塩焼き等が収録されました。

今回はその中でも一緒に暮らし始めた事で気付いた、相手の行動で気になる事が印象に残りました。
千尋はクールで仕事の出来る印象でしたが、片付ける事が苦手な様子でゴミをテーブルに放置したり、通販で頼んだ物をそのままにしたりと健太的に気になる部分があるようでした。

私も健太と同様、片付いていない事が気になるタイプなので、エピソードを読んでいてすごく共感出来ました。
作中、二人はため込まずお互いの気になる行動を話合えた様で良かったです。

広告

まとめ

次巻では健太が燻製に挑戦する模様。
何をスモークするのか、読むのが楽しみです。

この作品はコミックDAYSにて一部無料でお読みいただけます。
作者のハナツカ シオリさんのTwitterアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのCoernlによる画像です。
広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

ドラゴン

葬送のフリーレン 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

葬送のフリーレン 2 少年サンデーコミックス 原作:山田鐘人 作画:アベツカサ 出版社:小学館 かつての仲間、ドワーフの戦士アイゼンから北の地エンデに向かい、魂の眠る地(オレオール)を探し勇者ヒンメル …

美容師

怪異と乙女と神隠し 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

怪異と乙女と神隠し 3 ビッグコミック著:ぬじま出版社:小学館 雨の日に出会った女性シズク。その彼女の親友、トモコを連れ去った怪異。それを蓮(れん)は「紅衣少女孩(フェンイーシャオニュイハイ)」だと予 …

砂漠

ゴブリンスレイヤー 第十巻 あらすじ・感想

ゴブリンスレイヤー11 著:蝸牛くも 画:神無月登 出版社: SBクリエイティブ GA文庫 ゴブリン退治しかしない変わった冒険者、ゴブリンスレイヤーの物語、第十一弾。 今回は以前助けた貴族の令嬢、女商 …

吹雪

スティグマ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

スティグマ 1 ビッグコミックス 著者:井浦秀夫 出版社:小学館 二十五年前、穴黒組の鉄砲玉として敵対組織伝刀組の五代目組長強瀬嵐士(こわせ あらし)殺害容疑で実刑判決を受けた鬼束与(おにづか たすく …

黒い蝶

ミワさんなりすます 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

ミワさんなりすます 2 ビッグコミックススペシャル 著者:青木U平 出版社:小学館 己の欲求を満たす為、身分を偽り推しである俳優、八海崇(やつみ たかし)の家で家政婦として働き始めた久保田ミワ(くぼた …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。