漫画

焼いてるふたり 第九巻 あらすじ・感想

投稿日:

キャンプ
焼いてるふたり 9 モーニングKC

著:ハナツカシオリ
出版社:講談社

父親が再婚を考えている事を知り、気持ちを乱した千尋(ちひろ)だったが、再婚相手の老婦人、上野八重子(うえの やえこ)と話し父との事にも彼女は何とか折り合いをつけた。

そんな落ち着きを取り戻した千尋と共に、健太(けんた)は人生初となるキャンプへと出かけ……。

広告

あらすじ

初めてのキャンプだったが事前に動画で予習した事もあり、二人は危なげなくタープとテントを張り、キャンプの準備を進めた。

テントが張れたのなら後は焚火を熾し、本日のディナーを作るだけ。
火熾しは焚火が趣味の健太が受け持ち、千尋は食材の下処理をしていく。

今回のメニューは鉄鍋で作る本格的なパエリアと焚火で焼くバックリブ。
出来上がった料理に舌鼓を打ち、その後、二人はゆっくりと自然の中での時間を楽しんだ。

翌朝、目を覚ました千尋はキャンプ場のシャワーで汗を流し身支度を整えた。
今回のキャンプ場はシャワーのほか、ドライヤーも使えトイレも清潔。
流し場ではお湯も出る至れり尽くせりな施設で、キャンプ初心者の二人にとってはありがたい場所だった。

朝の準備を終えた千尋は健太と共にキャンプ場を散策。
その後、ロールパンのホットドッグで軽めの朝食を終えた。
初キャンプとしては大成功、大満足な結果だった。
しかし、普段デスクワーク中心の千尋の体は、筋肉痛で悲鳴を上げたのだった。

感想

今回は冒頭、初キャンプから始まり、行方不明になった結婚指輪、健太が会社に行っている間の千尋の日常、健太の同期、戸田(とだ)と千尋の先輩、伏見とナポリタン、健太の捻挫とお世話する千尋、浜松で出来た千尋の友人、莉奈(りな)の夢と生姜焼き、健太の昇進とトマホークステーキ、地方移住とテレビ取材等が描かれました。

その中でも今回は戸田と伏見のエピソードが印象に残りました。

健太と千尋はいつも穏やかにいちゃついているのですが、戸田と伏見はなんというか、戸田はドライで年上の伏見が戸惑う姿を見て、楽しんでいる様子が伺えます。

クールな戸田と彼の言葉に動揺する伏見。
二人の関係性も読んでいてほんわかしました。

広告

まとめ

今回のラスト、なんだか引きこもりでニート気質のイケメンが登場しました。
彼の存在が健太達にどんな影響を及ぼすのか。
次回も楽しみです。

この作品はコミックDAYSにて一部無料でお読みいただけます。
作者のハナツカ シオリさんのTwitterアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのMarkus Spiskeによる画像です。
広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

砂漠

ゴブリンスレイヤー 第十巻 あらすじ・感想

ゴブリンスレイヤー11 著:蝸牛くも 画:神無月登 出版社: SBクリエイティブ GA文庫 ゴブリン退治しかしない変わった冒険者、ゴブリンスレイヤーの物語、第十一弾。 今回は以前助けた貴族の令嬢、女商 …

バン

ブルージャイアントシュプリーム 第五巻 あらすじ・感想

ブルージャイアントシュプリーム 5 ビッグコミックススペシャル 作:石塚真一 出版社:小学館 ジャズプレイヤー、宮本大の軌跡を追った作品です。 ピアニスト、ブルーノが書いた曲に、大は待ったをかけました …

御神木

はぐちさん 第七巻 登場人物・あらすじ・感想

はぐちさん 7 フィールコミックス著:くらっぺ出版社:祥伝社 日々の生活にお疲れ気味な女性「八千代」と無理すれば、なんにでもなれる不思議な生き物「はぐち」の生活の記録。この巻では年末から始まり、世相を …

筆

アルテ 第九巻 あらすじ・感想

アルテ 9 ゼノンコミックス 著:大久保圭 出版社:徳間書店 貴族の娘アルテが画家であるレオの弟子として画家を目指す物語。 自分が画家としてどうなりたいのか。 そしてどう生きたいのかをコンチェッタの肖 …

シャンデリア

ゴリせん ~パニックもので真っ先に死ぬタイプの体育教師~ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

ゴリせん ~パニックもので真っ先に死ぬタイプの体育教師~ 2 ヤンマガKC 著:酒井大輔 出版社:講談社 タイトルが示す通り、フラグを立てまくりで死を予感させつつも、絶対に死なない無敵の教師の姿を描い …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。